【PR】

B型ベビーカーはいつから?おしゃれでコンパクト人気おすすめB型ベビーカー8選

B型ベビーカーはいつから?おしゃれでコンパクト人気おすすめB型ベビーカー8選

目次
A型ベビーカーからの買い替えや抱っこ紐からのシフトに「B型ベビーカー」を検討されている方も多いのではないでしょうか。しかし実際にB型ベビーカーを探すとなると、非常に多くの商品があり、どれを選んでいいか迷う方もたくさんいらっしゃると思います。
そこで今回は、B型ベビーカーのおすすめ品をピックアップしてみました。選び方のポイントや、B型ベビーカーの必要性についても触れているのでぜひ参考にご覧ください。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

B型ベビーカーとは?魅力やA型ベビーカーとの違い

B型ベビーカーとは?魅力やA型ベビーカーとの違い

コンパクトで小回りの効くB型ベビーカー

B型ベビーカーは、ベビーカーのうちコンパクトで小回りの効くタイプのものを指します。お座り姿勢で使用するベビーカーであり、やや成長した赤ちゃんに対して使用ができます。
B型ベビーカーは軽量で機動力に優れているものが多く、重たくなってきた赤ちゃんを乗せてもスイスイと走行しやすいのが魅力です。また本体が軽くコンパクトなので、収納や持ち運びにも便利というメリットがあります。

A型ベビーカーとの違いについて

B型ベビーカーが軽量でシンプルな作りのものが多いのに対し、A型ベビーカーは大型で頑丈なものが多いです。A型ベビーカーはねんねの赤ちゃんも乗せられるため、生後1ヶ月ごろから使うことができます。首や腰の座っていない赤ちゃんを守るため、クッション性に優れたものも多いのが特徴に挙げられます。
A型・B型どちらのベビーカーを選ぶべきかは、用途により異なります。例えば生後1ヶ月の検診時からベビーカーを使用する場合は、B型ではなくA型を選ぶ必要があります。
一方で「月齢が低いうちはベビーカーではなく抱っこ紐を使用する」という方は、生後7ヶ月〜軽量・コンパクトなB型ベビーカーを選ぶのもありです。また1台目にA型ベビーカーを使用していた方が、2台目としてB型ベビーカーを買い直すというケースも多いです。なおA型・B型の両方のメリットを少しずつ取り入れたAB型ベビーカーもあります。

B型ベビーカーはいつからいつまで?適正体重もチェックしよう

B型ベビーカーはいつからいつまで?適正体重もチェックしよう
ベビーカーは製品により、安全に使用できる期間が定められています。一般的にB型ベビーカーの場合、適正月齢は7ヶ月から24〜36ヶ月ごろまでとなっています。適正体重も決まっており、12〜15kgまでのものが多くなります。
ただし正確な適正月齢・適正体重は製品によって異なるので注意です。お子様の様子や生活スタイルに合わせて、使用しやすいと感じるものを選ぶようにしましょう。
なお適正月齢や体重目安を守らずに使用すると、思わぬ事故につながる可能性があるので注意しましょう。また耐荷重表記の中には、赤ちゃんの体重だけでなく荷物を合わせた時の重さが書かれているケースもあるので気を付けておきましょう。

B型ベビーカーを選んだ方の理由や口コミ


B型ベビーカーは利用しているママやパパの満足度が高いのが特徴です。「小回りが効く」「軽量で使いやすい」という口コミは特に多く、ちょっとしたお買い物・お出かけから旅行シーンまで幅広く使えると高評価されています。
特に車移動や電車移動が多い方は、軽量のB型ベビーカーを高く評価している傾向にあります。道の上を押しやすいのはもちろん、階段や段差を越える際にもスムーズなのがB型ベビーカーのメリットと言えるでしょう。

利用者からは人気の高いB型ベビーカーですが、購入自体を渋っている方や悩んでいる方も多いです。特に「A型を既に持っているから2台買う必要があるのか」といった悩みを抱えている方がたくさんいる印象です。
またお子様によっては、B型ベビーカーを買おうとしたものの、既にあんよが好きになりなかなか乗ってくれなかったというケースもあるようです。
上記の意見を踏まえると、B型ベビーカーは便利であるものの、出産準備など早い段階から焦って購入する必要はないと言えます。お子様の成長を見守りつつ、お座りができるようになった頃に改めてB型ベビーカーが必要か否かを考えると良いでしょう。

B型ベビーカーの選び方!デザインだけでなく機能もチェック

B型ベビーカーを後悔なく選ぶためには、デザインだけでなく機能性も確かめておく必要があります。
ここからはB型ベビーカー選びの際に注目しておきたいポイントについて解説していきます。

まずは軽量or多機能を用途で決めよう

まずは軽量or多機能を用途で決めよう
B型ベビーカーの中には、「機能が少なくシンプルで軽量に特化したタイプ」と「多機能で乗り心地や押しやすさにこだわったタイプ」が存在します。どちらにもメリット・デメリットがあるので、自身の使い方に合わせて選ぶようにしましょう。
例えば軽量でシンプルなベビーカーは、赤ちゃんを乗せたままでも持ち上げやすく移動時に便利です。そのため公共交通機関を多く利用する方にはぴったりです。またシンプルなぶん安価なものが多いので、セカンドカーとしてお探しの方にもおすすめです。
一方で多機能タイプのB型ベビーカーは、シートが広く快適であったり、赤ちゃんに振動が伝わりにくかったり、お母さんが押しやすかったりとさまざまな工夫が見られます。よりストレスフリーに使えるので、日常のお出かけにベビーカーを多用するという方に適しています

シートの高さをチェックしよう

シートの高さをチェックしよう
ベビーカーで気を付けておきたいのがシートの高さです。ベビーカーはどうしても座面の位置が低くなるため、赤ちゃんに地面の熱や埃の影響が伝わりやすくなります。これらのリスクを減らすには、なるべくシートが高いベビーカー(ハイタイプ)を探すようにしましょう。

折りたたみ時のサイズも確かめておこう

折りたたみ時のサイズも確かめておこう
ベビーカーは基本的に未使用時には折り畳んで保管ができます。なおB型のベビーカーの中には、A型よりも薄く、よりコンパクトに収納しておける商品もあるので必見です。ベビーカーの保管場所にお悩みの方や車に積みたいという方は、ぜひ折りたたみ時にサイズについてもチェックしておきましょう

シングルタイヤとダブルタイヤの違いを知ろう

シングルタイヤとダブルタイヤの違いを知ろう
B型ベビーカーにはシングルタイヤの商品とダブルタイヤの商品があります。タイヤの形状や種類は安定性や走行性に関わってくるので必ず確かめましょう。
近年人気の高まっているシングルタイヤは、車輪が一つなので方向転換がしやすく操作性に優れています。走行音も比較的静かです。
その反面ダブルタイヤの場合は、少し重みを感じるものの、安定感には優れています。砂利道なども走行しやすく、道路の隙間にもはまりにくいです。

軽量・折りたたみタイプも!おすすめB型ベビーカーランキング8選

1位:サイベックス リベル

  • 適正年齢:生後6ヶ月〜4歳ごろ
  • 体重目安:22kgまで
  • サイズ:幅52×奥行71×高さ102cm
  • 折りたたみ時サイズ:幅32×奥行20×高さ48cm
  • 重量:約5.9kg
  • シートの高さ:42cm
  • タイヤのタイプ:シングルタイヤ
  • 価格:¥25,300(税込)
サイベックス リベルはとにかくコンパクトに収納できるB型のベビーカーです。自転車のカゴやバスの荷台にも収まるようなサイズで、機内持ち込みも可能なので移動の多い方におすすめです。畳むまでのアクションも簡単で、デイリー使いがしやすいです。
また見た目がコンパクトなだけでなく走行性にも優れています。シングルタイヤで前輪にはサスペンションもついているので、道路をスイスイと走らせることが可能です。

2位:アップリカ マジカルエアー クッションAC

  • 適正年齢:生後7ヶ月〜3歳ごろ
  • 体重目安:15kgまで
  • サイズ:幅45.5×奥行76.6×高さ103.3cm
  • 折りたたみ時サイズ:幅45.5×奥行30.9×高さ94cm
  • 重量:約3.9kg
  • タイヤのタイプ:ダブルタイヤ
  • 価格:¥33,550(税込)
アップリカはA型、AB型、B型とさまざまなタイプのベビーカーを販売しています。マジカルエアークッションACはB型ベビーカーで、3.9kgと超軽量な商品です。
小型のB型ベビーカーですが多機能タイプであり、がっちりフレームとやわらかサスペンションでお子様をしっかりと守ります。ベルト装着がしやすかったり、脱着簡単で洗濯可能なシートが採用されていたりと子育てをサポートしてくれるような機能が充実しています。

3位:リッチェル リベラルーチェ

  • 適正年齢:生後7ヶ月〜4歳ごろ
  • 体重目安:18kgまで
  • サイズ:幅47×奥行83×高さ103cm
  • 折りたたみ時サイズ:幅47×奥行36×高さ88cm
  • 重量:約4.9kg
  • シートの高さ:50cm
  • タイヤのタイプ:ダブルタイヤ
  • 価格:¥27,500(税込)
リッチェル リベラルーチェは4歳ごろまで長く使える多機能タイプのB型ベビーカーです。シート下のバスケットの容量が大きいのが特徴で、約30L・5kgまでの荷物を乗せることが可能です。
またシートはハイタイプで約50cmの高さがあり、お子様を熱や埃からしっかりと守ってくれます。シート幅も広めなので、成長したお子様にもベビーカーを使いたいという方におすすめです。

4位:コンビ F2 Limited

  • 適正年齢:生後7ヶ月〜3歳ごろ
  • 体重目安:15kgまで
  • サイズ:幅49.5×奥行71×高さ104cm
  • 折りたたみ時サイズ:幅49.5×奥行30×高さ89cm
  • 重量:約4.0kg
  • シートの高さ:51cm
  • タイヤのタイプ:ダブルタイヤ
  • 価格:¥33,000(税込)
コンビ F2 Limitedは、ロングセラー商品F2のニューモデルです。スマートな見た目が印象的で、見た目が良いのはもちろん押しやすく片手でも操作ができるほどです。
シートやハンドルの高さが高めに設定されているので、赤ちゃんもママ・パパも快適に過ごしやすいです。立体さらさらメッシュシートやビッグサンシェードがついていて、暑い時期のお出かけにも使いやすいです。

5位:ピジョン ビングル BB2

  • 適正年齢:生後7ヶ月〜3歳ごろ
  • 体重目安:15kgまで
  • サイズ:幅50×奥行87×高さ101.5cm
  • 折りたたみ時サイズ:幅50×奥行33.5×高さ92.5cm
  • 重量:約3.9kg
  • タイヤのタイプ:シングルタイヤ
  • 価格:¥31,900(税込)
ピジョンのB型ベビーカーであるビングル BB2は、片手でも畳むことができるスマートなデザインです。サイズの大きなシングルタイヤを使用していて、小回りが効きやすく軽い力でもスイスイ進んでくれるのがポイントです。
使用しない時もスマートに畳めるので、抱っこをせがむ赤ちゃんや移動の多いシーンにもおすすめしやすいです。ポップでカラフルな色展開にも注目です。

6位:Jeep アドベンチャープラス

  • 適正年齢:生後7ヶ月〜3歳ごろ
  • 体重目安:15kgまで
  • サイズ:幅47×奥行85×高さ104cm
  • 折りたたみ時サイズ:幅31×奥行25×高さ111cm
  • 重量:約5.7kg
  • シートの高さ:40cm
  • タイヤのタイプ:ダブルタイヤ
  • 価格:¥24,200(税込)
4WD自動車で有名なJeepブランドにもB型ベビーカーが登場しています。Jeepらしいかっこいいデザインで、走行も車のように安定感抜群です
指挟み防止機能がついていたり、前輪に固定機能がついていたりと安心・安全に使えるような機能も充実しています。

7位:クイニー ジャズ

  • 適正年齢:生後7ヶ月〜3歳ごろ
  • 体重目安:15kgまで
  • サイズ:幅57×奥行79×高さ104cm
  • 折りたたみ時サイズ:幅29×奥行69×高さ25cm
  • 重量:約5.6kg
  • タイヤのタイプ:シングルタイヤ(3輪タイプ)
  • 価格:¥33,000(税込)
クイニー ジャズは珍しい3輪タイプのベビーカーです。安定感と軽快さを両立したようなモデルで、片手で折り畳めるのも魅力です。
オランダ発のブランドということもあり、見た目にこだわりたいママ・パパにもおすすめです。防汚・防水にも対応しています。

8位:バガブー バタフライ

  • 適正年齢:生後7ヶ月〜4歳ごろ
  • 体重目安:22kgまで
  • サイズ:幅45×奥行92.5×高さ102.4cm
  • 折りたたみ時サイズ:幅45×奥行23×高さ54cm
  • 重量:約7.3kg
  • シートの高さ:45cm
  • タイヤのタイプ:シングルタイヤ
  • 価格:¥65,340(税込)
バガブー バタフライはB型ベビーカーでも品質や機能にこだわりたい方向けです。価格はB型ベビーカーの中では高額ですが、そのぶん多機能で使い勝手は申し分なしです。コンパクトサイズに折り畳みが可能で、バスケットは8kgまで荷物を収納可能、リクライニング機能も兼ね備えています。
対応できる年齢も広いので、B型ベビーカーを長く使いたいという方におすすめです。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

生後7ヶ月ごろから使えるB型ベビーカーは、軽量であったり、操作性がスムーズであったりと、成長したお子様とお出かけする際に便利な機能を兼ね備えたものが多いです。
新生児期から使用できるA型ベビーカーとは違い、お子様の成長に合わせながらゆっくり選んでみるのもありです。ぜひ機能面や価格面を比べながら、自身にぴったりなベビーカーを探してみてください。