【PR】

おしゃれなベビーリュックおすすめ9選。名入れ一升餅リュックや手作りも

おしゃれなベビーリュックおすすめ9選。名入れ一升餅リュックや手作りも

目次
ベビーリュックは、機能面が充実しているものやハーネス付のものなど赤ちゃんの安全を守れるタイプもあります。
また、赤ちゃんが自分で大切にしているおもちゃやぬいぐるみなどを入れることができ、遊びの延長のなかで自立心を成長させることもできます。お出かけの際に、お気に入りのおもちゃを赤ちゃんに持たされるという経験をしたことがある、ママ・パパさんも多いのではないでしょうか。
ベビーリュックがあれば、ちょっとしたものならば赤ちゃん自身に持たせることができ、ママ・パパさんがお出かけする際の負担を減らしてくれます。
そこで今回は、ベビーリュックの選び方や人気の一升餅とセットになっているタイプなどをご紹介していきます。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

ベビーリュックは何歳から使える?

ベビーリュックは何歳から使える?
赤ちゃんが歩き始める、1歳頃から使い始めることができ、多くのベビーリュックはサイズが合わなくなってしまう3歳頃まで使うことができます
赤ちゃん自身に、自分の荷物を持たせることは自立心の成長にもつながるため、お気に入りのおもちゃなど軽いものを持たせてあげましょう。
またベビーリュックは、1歳の誕生日プレゼントなどにも人気が高い商品となっています

ベビーリュックはどんなときに便利?

ベビーリュックはどんなときに便利?
子どもがお出かけの際に、お気に入りのおもちゃを持っていきたいと駄々をこねられた経験をしたことがあるママ・パパさんも多いはずです。
そんなときに、ベビーリュックがあると遊び感覚で自分のものを、自分で持つことが簡単にできるため便利です。
ママ・パパさんにとっても、余計な荷物が増えることがないため負担が少し減りますよね。おもちゃの他にもおむつなど軽いものならば、ベビーリュックにしまっておくのもよいかもしれません。

ベビーリュックのメリットとデメリット

ベビーリュックのメリットとデメリット
ベビーリュックを購入する際は、メリットデメリットをしっかりと理解することが大切です。

メリット

ベビーリュックはあると、育児が楽になる便利アイテムとなってくれます。
  • 子どもの自立心が育つ
  • おもちゃだけでなく、ハンカチや飲み物程度ならば収納が可能
  • おしゃれの一部として活用し、赤ちゃんの見た目を可愛くする
  • ハーネス付など種類によっては赤ちゃんの安全を守ることができる
ママ・パパさんたちにとっても、便利と思えるメリットが1つでもあるならばベビーリュックの購入を検討してみるのもよいのではないでしょうか

デメリット

使用期間が短くなってしまうために、なくても困らないと思われてしまいがちです。その他に挙げられている、ベビーリュックのデメリットがこちらです。
  • 子どもが嫌がって背負ってくれない
  • 子どもの重心が後ろにいってしまう
  • お出かけ先で小さな子どもがずっと背負うには厳しい
ベビーリュックはあると便利ですが、なくても困ることがない商品です。そもそも子どもが背負うのを嫌がるようでしたら、購入しても無駄になってしまうため、店頭などで1度試してみるのがよいでしょう
また、荷物の入れすぎは転倒の危険性があるため十分注意が必要です。

ベビーリュックの選び方

見た目や機能性など種類も豊富にあるため、選び方のポイントを押さえておくことで、プレゼント用としても自宅用としても好みのものを購入することができるでしょう。

服や子どもに合わせたデザインで選ぶ

服や子どもに合わせたデザインで選ぶ
動物や人気キャラクターをモチーフにしたものなど、可愛いデザインのものがたくさんあります。中には、ぬいぐるみのようになっているタイプのベビーリュックもあります
赤ちゃんの好みを踏まえながら、ママ・パパさんが気に入るデザインを選ぶことも大切です。もちろんシンプルなデザインのものもありますので、好みに合わせて購入を検討していきましょう。

子どもに合わせたサイズで選ぶ

子どもに合わせたサイズで選ぶ
ベビーリュックの多くは5L~10Lのものがほとんどです。使用する子どもの、背中よりも一回り小さいものを選ぶようにしましょう。
大きすぎてしまうと、子どもが歩きにくく、転倒する危険性も出てきてしまいます。対象年齢を確認し、子どもに合うサイズのベビーリュックを購入しましょう。

子どもが自分で開け閉めのしやすいタイプを選ぶ

子どもが自分で開け閉めのしやすいタイプを選ぶ
子どもが自分のものを持つことにより、自立心を育てることが可能です。そのためにも、ベビーリュックは子ども自身が開け閉めしやすい、ファスナータイプかマジックテープタイプを選ぶのがおすすめです。
簡単に開け閉めができれば子ども自身でものを出し入れするため、さらなる成長につながります。手をファスナーに挟んでしまわないか心配な場合には、ケガをしにくい樹脂やゴムでできているタイプのベビーリュックがあるためチェックしてみてくださいね。
ファスナーと合わせて、リュックの入り口部分がゴムで巾着のようになっていると、開けやすさもあり中見が落ちにくく便利です。
それでもリュックの中身を落としてしまわないか、心配なママ・パパさんには子ども自身には、開け閉めが少し難しいボタンタイプなどもありますので参考にしてくださいね。

ハーネス付などの便利な機能が充実しているものを選ぶ

ハーネス付などの便利な機能が充実しているものを選ぶ
小さな子どもが使用するベビーリュックは、胸元にベルトの付いているタイプを選ぶことで、肩からずり落ちてくるのを防止してくれるため便利です。
またハーネスと呼ばれる子どもが急に道路へ飛び出したり、迷子防止用にママ・パパさんが掴んでおける紐が付いているものを選ぶと、いざというときに子どもの命を守ることができます
ネット上では「犬の散歩のようでかわいそう」などの声が挙げられていますが、いつ走り出すかもわからないのが子どもです。迷子防止や飛び出し対策を考えるのであれば、ハーネス付のベビーリュックも検討しましょう。

迷ったら人気ブランドから選ぶのも1つの手

迷ったら人気ブランドから選ぶのも1つの手
機能面などを見ても、どのベビーリュックがいいのか迷ってしまったら、人気ブランドから選ぶのもよいのではないでしょうか。
人気ブランドとしては、リシュマムやミキハウス、ザ・ノースフェイスなどがあります。デザインもおしゃれなものが多いため、ママ・パパさんの好みでブランドから選ぶのも1つの手ではないでしょうか。

記念・プレゼント用には、人気の名前入りや一升餅セットに注目!

記念・プレゼント用には、人気の名前入りや一升餅セットに注目!
お誕生日や記念用、プレゼント用としても人気の高いベビーリュックですが、商品によっては名前の刺繍を入れることができます。名前入りだと特別感が増し、記念としては思い出に残りますよね。
また最近では、一升餅を布で包んで赤ちゃんに背負わせるのではなく、ベビーリュックに入れて背負うようにもなってきました。そのため、ベビーリュックと一升餅がセットになっているものも販売されています。
一升餅とは、一生子どもが食べるのに困らず健やかに生きていけるように、願いを込めたものになります。1歳の誕生日プレゼントには、一升餅とのセットもよいのではないでしょうか。 【1歳 誕生日 お祝い 祖父母】

記念や誕生日におすすめおしゃれなベビーリュック9選

1.リシュマム 名前入りベビーリュック&一升餅セット(小分けタイプ50個入り)

サイズ 高さ20cm×横18cm×マチ10cm
開閉方法 マジックテープ(入口はゴム仕様)
素材 綿100%
価格 ¥10,160(税込)
オーダーメイドの名前入りで、50個の小分けされた一升餅とセットで販売されているベビーリュックです。
ベビーリュックの生地には綿を使用しているため柔らかな肌触りで、小さな体にもフィットし歩行の妨げにもなりません。
リュックの開け閉めにはマジックテープが活用されており、子ども自ら荷物をしまうことも可能です。入り口部分にはゴムが使用されており、荷物が落ちにくくなるための工夫となっています。
人気ブランドということもありプレゼント用や、一升餅がセットになっているため、自宅用や1歳の誕生日プレゼントとして購入したいベビーリュックとなっています。

2.リタカラベビー emoka 名入れ刺繍ベビーリュック

サイズ 高さ28cm×横25cm×マチ10cm
開閉方法 ファスナー
素材 ポリエステル100%
価格 ¥7,280(税込)
一升米とセットになっており、ベビーリュックだけでなく米の袋にも名前を入れることができる、記念にはおすすめの商品です。
ベビーリュックに刺繍されるローマ字は名前のイニシャルとなっており、デザインもおしゃれでどんな服装にも合わせやすくなっています。
また、肩紐がずれないように胸元にずれ防止ベルトが付属していたり、肩ひもの調整ができたりと機能面も充実しています。
肩紐は24cmから58cmまで調節が可能なため、1歳の誕生日に購入しても保育園まで長く使用できる、ベビーリュックではないでしょうか。

3.ザ・ノースフェイス キッズ・ベビーリュック

サイズ 高さ28.5cm×横23cm×マチ12cm
開閉方法 ファスナー
素材 リサイクルマイルドナイロン
リサイクルポリエステル
ナイロン
価格 ¥7,150(税込)
両サイドや、中には小物を入れることのできるスペースなどがあり、収納力の高いベビーリュックとなっています。
デザインは動物をモチーフとしたもので、アウトドアにぴったりの可愛いリュックです。また、メイン生地にリサイクル素材が使用されているのも、注目すべき点の1つではないでしょうか。
3歳から4歳頃を想定した設計となっているため、1歳頃に購入したベビーリュックが小さくなってしまった時の買い替え用におすすめとなっています。

4.ファムベリー ベビーリュック

サイズ 高さ20cm×横18cm×マチ8cm
開閉方法 マジックテープ(入口はゴム仕様)
素材 綿100%
価格 ¥5,830(税込)
名前をひらがなやアルファベット、そして刺繍する位置も真ん中と右下の選択が可能で、自分だけのオリジナルベビーリュックを購入することができます。
一升餅・バースデーガーランド・ベビークラウン・バルーン・数字バルーン・選び取りカードの誕生日には嬉しい6点セットです。
また、安全対策用としてハーネスも付属しています。ハーネスは着脱が可能となっているため、人が多い場所や飛び出しの危険がある場所のみ、活用することができます。
1歳のお誕生日に合わせて購入すると、バースデーパーティーを開くのも楽になる嬉しいセット内容ではないでしょうか。

5.ミキハウス ベビーリュック

サイズ 高さ16cm×横19cm×マチ9cm
開閉方法 マジックテープ(入口はゴム仕様)
素材 8オンスデニム
価格 ¥3,773(税込)
デニム素材で作られている、見た目もおしゃれなベビーリュックです。ウサギをモチーフとした刺繍が施されており、赤ちゃんが背負うと可愛らしさが増しますね。
人気も高い老舗ブランドであるミキハウスは、ベビー服なども販売しており、子どもの過ごしやすさを考えたデザインのものが多いです。そのため、ママ・パパさんからの信頼度も高いブランドとなっています。
自宅用だけでなくプレゼント用としても、人気ブランドのベビーリュックはおすすめです。

6.ダディッコ ベビーリュック

サイズ 高さ22cm×横22cm×マチ10cm
開閉方法 ボタン(入口はゴム仕様)
素材 ポリエステル
ナイロン
綿
価格 ¥5,980(税込)
ハーネスの着脱が可能なタイプのベビーリュックとなっており、活用場面を選ぶこともでき、いざというときには子どもの命を守ることができます。
体に触れる背中や紐部分は、メッシュ素材の柔らかな生地となっているため、小さな体にもフッィトしてくれることでしょう。
また収納量が多く、ポケットも3つ付いているため、1歳から4歳頃まで長く使用することもできます。
保育園用にと買い替えることなく使用できるのは、ママ・パパさんにとって嬉しいポイントなのではないでしょうか。

7.ベビーアルテ ベビーリュック

サイズ 約高さ18cm×横18cm×マチ10cm
開閉方法 マジックテープ(入口はゴム仕様)
素材 綿100%
価格 ¥6,200(税込)
天使の羽根の刺繍が印象的で可愛らしいデザインの、ベビーリュックです。名前の刻印が入った天使の羽根型ネームプレートが付属しており、ベビーリュックのデザインともお揃いで統一感がありおしゃれな見た目となっています。
ネームプレートには名前だけでなく、電話番号も刻印可能なためいざというときの迷子札としても活用できます。
肩紐は調節可能なアジャスタ付きで、生後6ヶ月頃から5歳頃までと長く使用できるのも嬉しいポイントの1つです
また、軽量でふんわりとした仕様となっているため、デザインどおりで天使の羽根のようですね。

8.トリクシー ベビーリュック

サイズ 高さ31cm×横23cm×マチ10cm
開閉方法 マジックテープ(入口はゴム仕様)
素材 表面:綿100%(撥水コーティング)
ポリエステル95%、綿5%
価格 ¥6,820(税込)
全体が動物や恐竜のデザインとなっている、インパクトが強くて可愛いベビーリュックです。くま・うさぎ・ぞう・ライオン・ペンギン・ねずみ・恐竜の、全7種類となっています。
リュックを背負うのが苦手な子どもでも、ぬいぐるみのような作りとなっているため、抵抗が少なく背負ってくれるのではないでしょうか。
また、撥水コーティングが施されており雨の日も安心して使用できます。
ベビーリュックとしては少し大きめの作りとなっていますが、インパクトの強いものをお探しのママ・パパさんにおすすめです。

9.モコモフ ベビーリュック

サイズ 高さ24cm×横22.5cm×マチ9cm
開閉方法 マジックテープ(入口はゴム仕様)
素材 ポリエステル68%
綿20%
レーヨン7%
ポリウレタン5%
価格 ¥3,960(税込)
シンプルなデザインに星のチャームが付いた、見た目も柔らかなベビーリュックです。0歳から2歳頃まで使用することができ、一升餅を入れるリュックとしても活用できます。
シンプルなデザインのため、男の子でも女の子でもどちらでも使用可能ではないでしょうか。また、お洋服にも合わせやすいデザインとなっています。
姉弟で使い続けることもできるデザインのため、2人目なども考えているママ・パパさんにもおすすめです。

お裁縫が得意なら手作りでオリジナルのベビーリュックを作成するのもアリ

お裁縫が得意なら手作りでオリジナルのベビーリュックを作成するのもアリ
材料さえ揃えることができれば、ベビーリュックは手作りすることが可能です。型紙や作り方は、本だけでなくネット上でも多く存在しているため、自分好みのものがきっと見つかるはずです。
ミシンがなくとも手縫いだけで作れてしまうベビーリュックもあります。手作りならば一からすべての材料を自分で揃えることもできるため、誰とも被らないオリジナルのベビーリュックを作り上げることができるでしょう。
お裁縫が苦手な方でも簡単に作成できる方法も、ネット上で公開されています。誰とも被ることのないベビーリュックが欲しいというママ・パパさんは、手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

歩行を妨げない安全なリュックを選ぶポイント

歩行を妨げない安全なリュックを選ぶポイント
ベビーリュックを背負うのは、歩き始めたばかりの赤ちゃんです。歩きにくくなるようなサイズ・素材を選ばないように注意しましょう。
素材は柔らかいものを選ぶと、赤ちゃんの体にもフィットするため歩行の妨げにならずおすすめです
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

ベビーリュックは子どもの自立性を育てる手助けをしてくれたり、ハーネス付のものを使用すれば安全を守ることができたりします。
自宅用だけでなくプレゼントとしても喜ばれることが多いため、記念や1歳の誕生日などに合わせてベビーリュックの購入を検討してみてはいかがでしょうか。