【PR】

抱っこ紐のよだれカバー。エルゴ・ベビービョルン対応おしゃれカバー

抱っこ紐のよだれカバー。エルゴ・ベビービョルン対応等おしゃれカバー8選

目次
抱っこ紐を購入したら、抱っこ紐カバーも一緒に購入した方がいいと言われているほど必需品のアイテムです。
特に、赤ちゃんのよだれが増え何でも口に入れる時期になると活躍するでしょう。
今回は抱っこ紐カバーについて詳しく紹介します。
おすすめの抱っこ紐カバーランキング8選も厳選しました。 購入時の参考にしてみてくださいね。
ベビーマタニティ通販LINXAS

抱っこ紐カバーの役割

抱っこ紐カバーの役割
抱っこ紐は、毎日使っている家庭も多いほど育児の必需品アイテムです。
赤ちゃんのよだれが増え、何でも口に入れるようになると、抱っこ紐を使った時に肩紐部分を噛んでしまうようになります。
そうすると、抱っこ紐がよだれまみれになり汚れの原因にもなるでしょう。
赤ちゃんの肌に触れるものなので、清潔さを保つためには汚れたら洗うことが大切です。
しかし、抱っこ紐は洗濯機で丸洗いすると乾くのに時間がかかってしまいます。
抱っこ紐は毎日使うものなので、頻繁に洗濯をすると育児にも支障がでるでしょう。
よだれによる汚れを防ぐためには、抱っこ紐カバーの使用がおすすめです。
抱っこ紐カバーは、赤ちゃんのよだれや汗を吸収してくれます。
洗濯やお手入れも簡単なので、数枚持っていると便利です。
汚れた場合でもすぐに交換できるため、抱っこ紐の洗濯の頻度を抑えることができます。
抱っこ紐の清潔さを維持しつつ、育児における手間を軽減できるでしょう。

抱っこ紐カバーを使うメリット

抱っこ紐カバーを使うメリット
抱っこ紐カバーを使うメリットは主に2つです。
  • 清潔さを保てる
  • 赤ちゃんの肌を守ってくれる

清潔さを保てる

清潔さを保てる
抱っこ紐は日常的に使用されるため、よだれや汗などの汚れが付きやすいのが特徴です。
赤ちゃんのよだれが多い時期は、抱っこ紐カバーを使わないと抱っこ紐がよだれですぐに汚れてしまうでしょう。
抱っこ紐カバーを使うことで抱っこ紐本体の汚れを防ぐことができ、清潔に保つことができます。
また、抱っこ紐カバーはお手入れが簡単です。
汚れたらすぐに取り外して洗濯できます。
こまめに抱っこ紐カバーを交換することで、抱っこ紐の清潔さを保てるでしょう。

赤ちゃんの肌を守ってくれる

赤ちゃんの肌を守ってくれる
赤ちゃんの肌は敏感で刺激に弱いのが特徴です。
よだれが染み込んだまま抱っこ紐を使っていると、赤ちゃんの肌荒れの原因にもなってしまうでしょう。
抱っこ紐カバーを使えば、赤ちゃんのよだれをしっかりと吸収してくれます。
よだれで汚れたらすぐに取り替えることができるので、清潔な状態を保つことが可能です。
抱っこ紐カバーを使用することで、赤ちゃんのデリケートな肌を外部の刺激から守り、快適な環境を提供してくれるでしょう。

抱っこ紐カバーは何枚ぐらいあったらいい?

抱っこ紐カバーは何枚ぐらいあったらいい?
抱っこ紐を毎日使っていると、抱っこ紐カバーが汚れる頻度も増えます。
赤ちゃんのよだれが多い時期には、抱っこをするたびによだれで汚れてしまう可能性も。
そのため、抱っこ紐カバーは多く持っていた方がいいでしょう。
洗濯の頻度なども考えると、5~6枚あったほうが安心です。

抱っこ紐カバーの種類


抱っこ紐カバーの種類は以下のとおりです。
  • 肩紐につけるタイプ
  • 胸当てタイプ
お店では、肩紐タイプ・胸当てタイプがセットになって売られていることが多いでしょう。

肩紐に付けるタイプ

抱っこ紐カバーで主に使うのが、肩紐に付けるタイプです。
肩紐部分は赤ちゃんがよく噛む場所なので、抱っこ紐カバーを付けておくことでよだれで汚れるのを防いでくれます。
また、スナップボタンやマジックテープで着脱するものが多いため、簡単に取り外しができるのが特徴です。

胸当てタイプ

胸当てタイプの抱っこ紐カバーは、赤ちゃんを前向き抱っこをする時に役立つでしょう。
赤ちゃんを前向きに抱っこすると、胸の部分が赤ちゃんの口元の高さと同じぐらいの位置になります。
そのため、赤ちゃんのよだれが付きやすい部分になります。
胸当てタイプの抱っこ紐カバーもボタンで簡単に取り外し可能なデザインとなっています。
前向き抱っこをするときは、胸当てタイプを活用するといいでしょう。

抱っこ紐カバーの付け方

抱っこ紐カバーは、主にボタン式・マジックテープ式で作られています。
どちらのタイプも着脱が簡単なため、個人の好みや使いやすさで選ぶといいでしょう。
ボタン式は一度留めたら安定感がありますが、マジックテープ式は調整がしやすく使い勝手がいいという特長があります。
以下で、詳しく説明しますね。

ボタン式


ボタン式の抱っこ紐カバーは、カバーの端にボタンが付いています。
ボタンを留めるだけなので、着脱も簡単。
ボタン式の抱っこ紐カバーは、一度留めたらしっかりと固定され、ずれにくいという特徴があります。

マジックテープ式

マジックテープ式
マジックテープ式の抱っこ紐カバーは、カバーの端に取り付けられたマジックテープを抱っこ紐に巻き付けて留めます。
そのため、マジックテープ式の抱っこ紐カバーは幅の調整が可能です。
マジックテープは調整が簡単で、抱っこ紐のサイズに合わせてフィットさせることができます。
ボタン式と同じように取り付けや取り外しも簡単です。

抱っこ紐カバーの選び方

抱っこ紐カバーの選び方
以下で、抱っこ紐カバーの選び方を紹介します。
  • 素材で選ぶ
  • デザインで選ぶ
  • 装着したい場所で選ぶ

素材で選ぶ

抱っこ紐カバーの素材は赤ちゃんの快適性に直結します。
赤ちゃんの肌に優しい素材を選びましょう。
柔らかな天然繊維や通気性の高い素材は、赤ちゃんが快適に過ごせるだけでなく、肌への刺激を最小限に抑えます。
また、洗濯がしやすく清潔を保ちやすい素材かも大切なポイントです。
素材の選択によって、赤ちゃんとの抱っこ時間がより安心できるものとなります。

デザインで選ぶ

デザインで選ぶ
抱っこ紐カバーのデザインは機能性だけでなく、スタイリッシュな外見も大切です。
おしゃれな柄やカラーを選ぶことで、ファッショナブルな印象を与えつつ、抱っこ紐との調和を図ることができます。

装着したい場所で選ぶ

装着したい場所で選ぶ
抱っこ紐カバーは、肩紐や胸当てなど取り付ける場所によって種類が異なります。
使用する抱っこ紐の形状やスタイルに合わせて選ぶことが大切です。
肩紐に装着するタイプや胸当てタイプなど、装着したい場所によって選択肢を検討しましょう。

抱っこ紐カバーの洗い方と収納方法

抱っこ紐カバーの洗い方と収納方法
抱っこ紐カバーを清潔に保ち、効果的に収納するためには以下のポイントがあります。
洗い方と収納方法を見ていきましょう。

洗い方

抱っこ紐カバーの洗い方は以下の手順を参考にしてください。
  1. まずは、カバーの素材に合った洗濯方法を確認しましょう。
    洗濯表示や取扱い注意書きをチェックします。
  2. 抱っこ紐カバーを抱っこ紐から外してください。
  3. 手洗いが推奨されている場合、優しく洗剤を使って手洗いします。
    洗濯機が利用可能な場合は、洗濯機を利用し、洗濯表示に従って洗いましょう。
  4. 洗濯が終わったら、直射日光を避けてカバーを陰干します。
    これにより、色あせや素材の劣化を防いでくれるでしょう。

収納方法

抱っこ紐カバーを収納する時は、収納前に十分に乾燥させましょう。
湿ったまま収納するとカビやニオイの原因になります。
しっかり乾いたら、抱っこ紐カバーをコンパクトに折りたたんで収納しましょう。
抱っこ紐カバーを入れる収納ケースがあれば、それを利用して保管します。
収納ケースを使うことで清潔さが保たれ、取り出しも便利です。
抱っこ紐カバーをしまう場所は清潔で保ちやすく、直射日光や湿気から守られるクローゼットや引き出しに収納するといいでしょう。

おすすめの抱っこ紐カバーランキング8選

おすすめの抱っこ紐カバーランキング8選を厳選しました。
それでは、見ていきましょう。
商品 画像 shop ポイント 価格 素材 種類
PLUSiiNE 抱っこひもよだれカバー Amazon リンクサス 楽天市場 ボタン式で着脱も簡単。リバーシブルなので汚れたらサッと裏返して使える。 1,560円 綿100% 6種類
COCOLOOQ 抱っこ紐よだれカバー Amazon リンクサス 楽天市場 6重ガーゼで通気性抜群で蒸れにくい。スナップボタンで着脱も簡単。 1,490円 綿100% 8種類
Baby ALICE ベビーキャリア用アクセサリー2点セット Amazon リンクサス 楽天市場 エルゴ・エルゴベビーに対応。オーガニックコットンを贅沢に使用している。 3,410円 オーガニックコットン100% 3種類
Gutto 抱っこ紐用よだれカバー Amazon リンクサス 楽天市場 ガーゼ素材で吸水性・通気性抜群。速乾性もありお手入れも簡単。 600円 コットン100% 13種類
satin mermaid よだれカバー3点セット Amazon リンクサス 楽天市場 5重ガーゼを使用。胸ポケット付きなので保冷剤・ウォームジェルが入る。 1,580円 綿100% 12種類
LOUPLE 抱っこ紐カバー グレー×ベージュ4枚入り Amazon リンクサス 楽天市場 綿100%で裏面に防水加工をしている。エルゴやベビービョルンに対応。 1,062円 綿100% 1種類
雑貨のお店ココカラ 3WAYよだれカバー 3点セット Amazon リンクサス 楽天市場 リバーシブルで3WAY仕様。6重ガーゼでよだれや汗をしっかり吸収してくれる。 1,480円 オーガニックコットン100% 12種類
ベコ PRISTINE キャリーカバーセット Amazon リンクサス 楽天市場 ふんわりと柔らかい肌触り。マジックテープ式で着脱も簡単。 2,090円 オーガニックコットン100% 1種類

1.PLUSiiNE 抱っこひもよだれカバー

  • ポイント:綿100%で赤ちゃんの肌にも優しいのが特徴です。
    肩紐タイプと胸当てタイプの両方が付いているので、抱っこ紐をよだれからしっかりと守ってくれます。
    ボタン式なので着脱も簡単。
    リバーシブルなので汚れたらサッと裏返して使えるのも魅力です。
  • 価格:1,560円(税込)
  • 素材:綿100%
  • 種類:6種類

2.COCOLOOQ 抱っこ紐よだれカバー

  • ポイント:6重ガーゼで通気性抜群。
    蒸れにくいのが特徴です。
    スナップボタンで着脱も簡単。
    胸当てパッドが付いているので対面・前向き・おんぶにも対応できます。
  • 価格:1,490円(税込)
  • 素材:綿100%
  • 種類:8種類

3.Baby ALICE ベビーキャリア用アクセサリー2点セット

  • ポイント:エルゴ・エルゴベビーに対応した抱っこ紐カバーです。
    オーガニックコットンを贅沢に使っているため、赤ちゃんの肌にも優しいのが特徴。
    肩・胸部分をよだれや汗からしっかりと守ってくれるでしょう。
  • 価格:3,410円(税込)
  • 素材:オーガニックコットン100%
  • 種類:3種類

4.Gutto 抱っこ紐用よだれカバー

  • ポイント:4・6・8重ガーゼタイプから選べます。
    ガーゼ素材なので、吸水性も抜群
    通気性にも優れているので、よだれや汗を吸収してもべたつきにくい特徴があります。
    速乾性もあるので、お手入れも簡単
    手軽に洗うことができます。
  • 価格:600円(税込)
  • 素材:コットン100%
  • 種類:13種類

5.satin mermaid よだれカバー3点セット

  • ポイント:綿100%の5重ガーゼを使用したよだれカバーです。
    胸カバーはポケット付きなので、夏には保冷剤・冬にはウォームジェルを入れることが可能。
    シンプルで高機能なので、ママにとって使いやすい作りになっています。
  • 価格:1,580円(税込)
  • 素材:綿100%
  • 種類:12種類

6.LOUPLE 抱っこ紐カバー グレー×ベージュ4枚入り

  • ポイント:綿100%の生地に、裏面は防水加工をしています。
    シンプルなデザインで、派手すぎず落ち着いた色合いが特徴です。
    エルゴやベビービョルンなどの抱っこ紐に対応しています。
  • 価格:1,062円(税込)
  • 素材:綿100%
  • 種類:1種類

7.雑貨のお店ココカラ 3WAYよだれカバー 3点セット

  • ポイント:リバーシブルで3WAY仕様のよだれカバーです。
    オーガニックコットンを100%使用しています。
    そのため、赤ちゃんの肌にも優しく安心・安全です。
    6重ガーゼで赤ちゃんのよだれと汗をしっかり吸収してくれます。
  • 価格:1,480円(税込)
  • 素材:オーガニックコットン100%
  • 種類:12種類

8.ベコ PRISTINE キャリーカバーセット

  • ポイント:肌触りはふんわりと柔らかいので、赤ちゃんの肌にも優しいのが特徴です。
    オーガニックコットンを使用したパイル生地に中綿が入っています。
    マジックテープ式なので着脱も簡単。
    くまのモチーフが可愛いよだれカバーです。
  • 価格:2,090円(税込)
  • 素材:オーガニックコットン100%
  • 種類:1種類

抱っこ紐カバーは手作りできる?

抱っこ紐カバーは手作りできる?
抱っこ紐カバーは、手作りも可能です。
使わなくなったガーゼハンカチや柔らかい布で作るのもおすすめ。
簡単に作ることができます。
これらの素材は肌触りが良く、赤ちゃんにとっても快適です。
手作りのアイテムは愛情がこもっていて特別なものになります。
ぜひ自分の好みや赤ちゃんの好みに合わせて楽しんでください。

抱っこ紐カバーを使う時の注意点

抱っこ紐カバーを使う時の注意点
抱っこ紐カバーを使う時は、以下の点に注意しましょう。
  • こまめに洗濯する
  • 生地の厚さを確認する
  • 抱っこ紐の大きさに合ったものを選ぶ

こまめに洗濯する

抱っこ紐カバーは赤ちゃんと直接接触する部分のため、清潔を保つためにこまめな洗濯が大切です。
使用後や汚れが目立つ場合は、早めに洗濯し、清潔な状態を保つよう心がけましょう。
洗濯には指定されたケアラベルや注意書きを確認し、適切な方法で行うことが大切です。

生地の厚さを確認する

生地の厚さを確認する
抱っこ紐カバーの生地の厚さは、季節や気温によって変えることがおすすめです。
暖かい季節では通気性が良く薄手の生地が適していますが、寒い季節には保温性が高く暖かい素材いいでしょう。
また、生地が薄すぎるとよだれが抱っこ紐まで染み込んでしまう可能性もあります。
選ぶ時は、生地の厚さに注意するといいでしょう。
季節や使用状況に合わせて生地の厚さを確認し、赤ちゃんが快適な状態で過ごせるようにすることが大切です。

抱っこ紐の大きさに合ったものを選ぶ

抱っこ紐は様々な種類やサイズがあります。
抱っこ紐カバーを選ぶ時には、使用している抱っこ紐のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。
サイズが合わない場合、カバーが正しくフィットせず、赤ちゃんの安全性や快適さに影響を与える可能性があります。
正確なサイズを確認して選ぶようにしましょう。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

抱っこ紐カバーは、抱っこ紐を購入したら一緒に購入した方がいいほどの必需品です。
特に赤ちゃんのよだれが多い時期には活躍するでしょう。
抱っこ紐カバーは赤ちゃんのよだれや汗を吸収して、抱っこ紐を清潔に保ってくれます。
また、抱っこ紐カバーには色々なデザインがあるので、おしゃれとしても楽しむことができるでしょう。
赤ちゃんとの日常を快適に過ごせるように、抱っこ紐カバーをぜひ活用してみてください。