【PR】

ベビーソープはいつまで?新生児人気おすすめボディソープ・石鹸

ベビーソープはいつまで?新生児人気おすすめボディソープ・石鹸8選

目次
赤ちゃんの肌は乾燥に弱く敏感で、デリケートなため保湿ケアなど、普段から気をつかっているママ・パパさんも多いことでしょう。
保湿ケアもとても大切ですが、汗をかきやすい赤ちゃんの肌を清潔に保つことも重要となってきます
そこで気になるのは、ベビーソープ選びですよね。赤ちゃんの肌に合わせて、よりよいものを探していきましょう。
食べ物や衣服だけでなくこの機会にぜひ、ベビーソープにもこだわってみるのはいかがでしょうか。選び方やベビーソープの種類、おすすめのアイテムもご紹介していきますので参考にしてくださいね。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

ベビーソープはいつからいつまで使うの?

ベビーソープはいつからいつまで使うの?
ベビーソープの多くは、新生児から使用することができます。しかし、新生児の沐浴では、毎回ベビーソープを使用する必要はありません
赤ちゃんの肌の様子を見ながら、汗をたくさんかいてしまった日などにはベビーソープを使用するのがよいでしょう。
赤ちゃんが生後1ヶ月頃になれば、汗もかきやすく、肌の状態も安定してくるため使用回数も増えてきます。お風呂に入るときに、毎回ベビーソープを使用しても問題はありません。
また、ベビーソープを卒業する時期に決まりはなく、種類によっては大人まで使用できるタイプもあります
赤ちゃんが成長してきて、汗の匂いが気になる場合や本人の希望などで、大人用に切り替えるのもよいのではないでしょうか。

ベビーソープの必要性について

ベビーソープの必要性について
赤ちゃんにとって必要不可欠なものといっても、過言ではありません。赤ちゃんも皮脂汚れが溜まれば、菌が繁殖してしまい不衛生となり、感染症にかかる危険性もあります。
皮脂汚れを、水だけで落とすことは難しいです。そのため、赤ちゃんの肌に合わせた成分でしっかりと皮脂汚れを落としてくれる、ベビーソープが大切となります。
出産予定に合わせて赤ちゃんの健康のためにも、ベビーソープを準備しておきましょう。

ベビーソープとベビーシャンプーの違いとは

ベビーソープとベビーシャンプーの違いとは
ベビーソープとベビーシャンプーの大きな違いは、成分です。
ベビーソープは、頭から体まで洗うことのできるタイプが多くあり、低刺激のため新生児から使用できるものがほとんどです。
一方ベビーシャンプーは、頭皮の汚れを落とすことに特化しており、髪の毛の調子を整える成分も配合されています。
洗浄力も高くなっているため、体への使用はできません。しっかりと頭皮の汚れを落としてくれるため、赤ちゃんが成長してきて頭皮の匂いが気になり始めた場合には、シャンプーとボディーソープを使い分けるのもよいのではないでしょうか。
しかし新生児からの使用を考えるのならば、まずは全身を洗うこともできるベビーソープから始めるのがおすすめとなっています。

大人用とベビー用の違い

大人用とベビー用の違い
大人用のボディーソープやシャンプーには、強い洗浄能力のある成分や、香料などが含まれており、肌の弱い赤ちゃんには刺激が強くなってしまいます。
そのため、肌を痛めてしまう可能性があります。赤ちゃんへ使用する石鹸は、ベビー用に考えられた成分で、低刺激のものを選んでいきましょう。
大人用の石鹸を使用してしまうと、肌トラブルの原因となってしまうので注意が必要です。

ベビーソープのメリット・デメリットについて

メリットとデメリットをしっかりと理解することで、赤ちゃんの肌トラブルを防ぐことができるので覚えておきましょう。

赤ちゃんのことを考えたメリットとは?

赤ちゃんのことを考えたメリットとは?
大きなメリットは、1本で全身が洗えることと、低刺激の成分であることの2点です
頭から体まで、石鹸を変えることなく素早く洗えるため赤ちゃんのバスタイムをにしてくれます。育児の時短は、ママ・パパさんへの負担も減らしてくれますよね。
ベビーソープには天然由来成分や弱酸性のものが多くあるため、肌の弱い赤ちゃんでも使用しやすくなっています

洗浄力が弱いというデメリットも

洗浄力が弱いというデメリットも
赤ちゃんが成長してきた際には、シャンプーよりも洗浄力が弱いため、頭皮の匂いが気になる場合もあります。
また赤ちゃんの髪の毛が伸びてきた際には、コンディショニング成分が配合されていないため、きしみを感じる時もあるでしょう。
赤ちゃんの成長や、状況に応じてベビーシャンプーの活用も検討するのがよいでしょう。

ベビーソープの選び方

ベビーソープは新生児から使用できるものが多くありますが、タイプや成分などにも注目して選んでいきましょう。

アルカリ性と弱酸性のものがある

アルカリ性は、固形石鹸に多いタイプで皮脂の汚れをしっかりと落とす洗浄力を持っています。泡切れがよく流しやすいメリットもありますが、肌がつっぱってしまったり、カサカサとしてしまったりする場合もあります。
一方弱酸性は、洗浄力が優しくなりますが、敏感肌に優しいタイプとなっています。洗い流す際に、石鹸をなかなか落とせないベビーソープもあるため、しっかりと洗い流すことが大切です。泡が残ってしまうと、肌トラブルにも繋がるため注意しましょう
肌の状態が不安定でデリケートな赤ちゃんにとっては、弱酸性をおすすめします。

ベビーソープには泡・液体・固形の3タイプがある

液体と固形タイプを使用する場合は、しっかりと泡立ててあげる必要があります。

液体タイプについて

液体タイプについて
液体タイプは、お座りやつかまり立ちができるようになった赤ちゃんだと使用しやすいでしょう。片手で液体タイプを使用するのは、滑ってしまうため難しいですよね。

固形タイプについて

固形タイプについて
固形タイプはアルカリ性のものが多いですが、不要な添加物が少なく化学成分無添加の石鹸が多いというメリットもあります。洗浄力が高く、皮脂汚れをしっかりと落としてくれますが、アルカリ性を使用する場合は、肌が乾燥しやすくなるためお風呂後の保湿ケアが重要となってきます。

泡タイプについて

泡タイプについて
液体と固形タイプにもメリットはありますが、しっかりと泡立てて使用することが大前提となっています。そこで、1番のおすすめとしては泡タイプとなります。
首がすわっていない赤ちゃんに対して、泡タイプならば片手で支えながらでも素早くきれいに洗うことが可能です。肌への吸着もよいため、洗い残しの心配も少ないでしょう。
液体や固形タイプよりも価格は高くなってしまいますが、ベビーソープは新生児から使用しやすい泡タイプがおすすめです

使用されている成分にも注目しよう

使用されている成分にも注目しよう
どのような成分が使用されているのかも、注目していきましょう。
ラウリルグルコシド・ココイルグルタミン酸Naなどのアミノ酸系の成分配合ならば、比較的安心して使用できます。
また、天然由来成分などが配合されていると、肌の敏感な赤ちゃんへも使用できますね。
大切な赤ちゃんへ使用するベビーソープだからこそ、成分にも注目しながら選んでいきましょう。

保湿成分配合がおすすめ

保湿成分配合がおすすめ
保湿成分が配合されたベビーソープを使用することにより、肌のつっぱりやお風呂後のカサカサをおさえてくれます。
乳児湿疹がでやすい時期には、しっかりと保湿してあげることが大切となってくるため、ボディーソープにも保湿成分が配合されているとよいでしょう。刺激もよりおさえられているため、肌の弱い赤ちゃんにもおすすめです。
お風呂後の保湿ケアだけでなく、ベビーソープにも保湿成分が配合されていれば、安心して使用することができますね。

安心して使用できるベビーソープおすすめ8選

1. Mama & Kids(ママ&キッズ) ベビー全身シャンプー

容量 460ml
タイプ 泡タイプ
価格 ¥1,540(税込)
胎脂と羊水の組成バランスを再現した8種類のうるおいアミノ酸成分で、敏感肌の赤ちゃんでも安心して使用することできるベビーソープとなっています。
名前にはシャンプーと入っていますが弱酸性で、全身を洗うことができ、目にしみにくいのもおすすめポイントの1つです。
また、お風呂中でも赤ちゃんは手やガーゼを口へと運んでしまうため、石鹸が口に入ってしまうこともあるでしょう。
しかし、ママ&キッズの全身シャンプーならば口に入っても大丈夫な成分のため、ママ・パパさんも安心して使用できるのではないでしょうか。

2.ベルタ ベビーソープ

容量 300ml
タイプ クリームタイプ
価格 ¥5,038(税込)
ベビーソープとしては、珍しいクリームタイプとなっています。敏感肌で乾燥しやすい赤ちゃんでも、3種類のボタニカルオイル配合のためしっかりと保湿してくれます。
食物アレルギーで表示が定められている7品目に加え、表示が進められている21品目すべてが不使用です。
また、パッチテスト・スティンギングテスト・アレルギーテストを実施されているため、アレルギーを起こしにくくなっています。
新生児から使用することもでき、乾燥肌が気になるママ・パパさんが朝の洗顔などにも使用できるベビーソープとなっています。

3.ジョンソン・ベビー すやすやタイム ベビー全身シャンプー

容量 400ml
タイプ 泡タイプ
価格 ¥919(税込)
90%以上が天然由来成分でできている、低刺激のベビーソープです。もちろん頭から体まで、1本で洗うことができる弱酸性となっています。
人気ブランドだからこそ、肌がデリケートな赤ちゃんにも安心して使用できますね。
リラックスアロマ配合のため、就寝前の赤ちゃんも心地よい匂いに包まれて、落ち着いて眠ることができるでしょう。
天然素材にこだわりたい、ママ・パパさんにもおすすめのベビーソープとなっています。

4.ミノン ベビー全身シャンプー

容量 300ml
タイプ 泡タイプ
価格 ¥880(税込)
0歳から使用でき、カサカサになってしまう乾燥肌の赤ちゃんのことを考えて作られたベビーソープです。
洗浄成分には100%アミノ酸系を配合しているため、肌のうるおいを保ちながら全身を洗うことができます。
CMでもおなじみのボディーソープで、肌の弱い大人の方でも使用できるイメージの強いミノンですが、ベビーソープも弱酸性で赤ちゃんに安心して使用できますね。

5.ママフィ たっぷり泡ボディウォッシュ

容量 450ml
タイプ 泡タイプ
価格 ¥1,320(税込)
濃密な泡で擦ることなく洗うことができるため、赤ちゃんの肌への負担を極力おさえることのできるベビー用のボディウォッシュです。
赤ちゃんの肌に元から備わっている、バリア機能を助ける天然由来の保護膜キトバリア配合のため、うるおいのある肌を保ってくれます。
別売となっている、たっぷり泡ヘアウォッシュと一緒に使用することでより赤ちゃんの肌を守ることができるでしょう。
無添加のため、赤ちゃんに安心して使用できるボディウォッシュとなっています。

6.アロベビー オーガニックベビーソープ

容量 400ml
タイプ 泡タイプ
価格 ¥1,780(税込)
99%が天然由来成分でできた、弱酸性のベビーソープです。頭から体まで洗うこともでき、肌はしっとりとした洗い上がりとなることでしょう。
泡が残ると肌トラブルにも繋がってしまいます。しかしアロベビーのベビーソープならば、泡切れがよく、サッと流すことができるため、泡残しの心配もありません。
また、天然のトリートメント成分が配合されているため、髪の毛のケアまでしっかりと考えられています。
頭皮の汚れまでしっかりと落としてくれる、ベビーソープではないでしょうか。

7.nicoせっけん 敏感肌用ベビーソープ

容量 50g
タイプ 固形タイプ
価格 ¥2,980(税込)
100%天然由来成分でできた、素材にこだわりぬいたベビーソープとなっています。
固形の石鹸となっているため、しっかりと泡立ててから使用することとなりますが、面倒を感じさせないほどの保湿力がある、全身を洗うことができるベビーソープです。
保湿クリームのような保湿力があり、肌トラブルに悩まされ、合う石鹸がなかなか見つからなかった子どもでも安心して使うことができます。
開発者自身も子ども時代に肌トラブルに悩まされていたことから、同じ境遇の子どもたちのためを思い開発された石鹸となっています。
敏感肌の赤ちゃんでも安心して使用できる、ベビーソープではないでしょうか。

8.キューピー 全身ベビーソープ

容量 400ml
タイプ 泡タイプ
価格 ¥887(税込)
有名ブランドから発売されている、キメ細かな泡で汗も汚れもしっかりと落としてくれるベビーソープです。
産まれてすぐから使用できる、無添加で低刺激処方となっています。なじみ深い牛乳石鹸のため、どのベビーソープを購入すればよいのか悩んでいるママ・パパさんは、まずキューピーのベビーソープを試してみるのもよいのではないでしょうか。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

ベビーソープは1本で、頭から体まで洗うことのでき、便利なタイプが多くなっています。新生児から使用できるものがほとんどのため、肌の弱い赤ちゃんにも安心して使用できます。
毎日使用する機会があるベビーソープは、赤ちゃんの肌に合わせて成分にもこだわりながら、購入するのがよいでしょう。
何を購入すればよいのか悩んでいる、ママ・パパさんはまずは無添加弱酸性などといった成分に注目して購入してみるのはいかがでしょうか。