【PR】

離乳食2回食3回食や味付けはいつから?おすすめ離乳食とレシピ本

離乳食2回食3回食や味付けはいつから?おすすめ離乳食とレシピ本8選

目次
離乳食は赤ちゃんが初めて、母乳やミルク以外の食品を口にするものであり、成長の過程において非常に重要な役割があります。
赤ちゃんの成長に合わせて、最適な離乳食を作るのがベストです。しかし、初めて育児をするママ・パパさんにとっては、何をあげたらよいのか、始めるタイミングはいつなのかなど分からないことが多くあるはずです。
そこで今回は、離乳食を始めるタイミングや初めて食べさせる内容などについて解説していきます。
おすすめのレシピ本や私が育児中に実際にあげて、赤ちゃんが喜んでくれた離乳食もご紹介しますので、ぜひ参考にお試しください。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

離乳食とは

離乳食とは
離乳食とは、母乳やミルクを卒業してから始める食事のことではなく、併用して食品からも栄養を摂取するものをいいます。
赤ちゃんにとって離乳食とは栄養を摂取するだけでなく、食べ物への興味を持たせるためにも必要なトレーニングにもなっています。
離乳食のトレーニングは、赤ちゃんの成長の中でとても大切な役割があるため、色々な食感や食品に触れさせてあげましょう。

離乳食はいつから始める?タイミングのサインは?

離乳食はいつから始める?タイミングのサインは?
離乳食を始める時期は、生後5~6ヶ月頃が一般的です。生後5ヶ月を過ぎた頃から、ママ・パパさんが食べている物に興味を示したり、口をもぐもぐと動かし始めたりしたら離乳食を始めるサインです。
他にも下記のようなサインがありますので、参考にしてください。
  • 首がしっかりとすわり、寝返りができる
  • 支えてあげると座ることができる
  • ママ・パパさんが食べている物に興味を示しよだれがたくさん出る
  • 赤ちゃんの口に指やスプーンを入れても、押し出してこない
  • 赤ちゃんが、自分で手にしたものを口に運ぶ
このようなサインが現れたときには、離乳食を始めるタイミングとなってきます。赤ちゃんに合わせて、少しずつ離乳食を始めてあげましょう。

離乳食が必要な理由

離乳食が必要な理由
離乳食は赤ちゃんが、母乳やミルクから栄養を取っていたものを、大人と同じ食事をして食品から栄養をとれるようになるための、大切な一歩です。
離乳食は赤ちゃんの栄養補給はもちろん、噛む力を育て、色々な食べ物を口にすることにより、消化器官など内臓の発達にもつながります
まずは赤ちゃんに、食べる楽しさを伝えることが大切です。離乳食は、成長してからの食生活にもつながるので、ママ・パパさんも一緒にしっかりとした食生活を赤ちゃんと共に送っていきましょう。

離乳食作りに準備した方がよいもの

離乳食作りに準備した方がよいもの
初めての子供だと、離乳食を作る際の道具など1から準備するママ・パパさんも多いはずです。離乳食の作り方が分からなくとも、焦る心配はいりません。自治体などで行われている、赤ちゃんの4ヶ月検診で一緒に離乳食についても教えてもらえる場合があります。
ここでは離乳食を作る際に便利なアイテムや、自治体などで行われる離乳食の講座についてご紹介します。

離乳食に役立つ調理器具
離乳食に役立つ調理器具

離乳食で、まず初めにあげるのはおかゆです。そしてゆでたり、すりつぶしたりする作業が多くなってきます。離乳食作りに役立つ、調理器具をご紹介していきます。
  • すり鉢・すりこぎ
  • 茶こし
  • 小鍋
  • ミニサイズの計量カップ
  • 製氷皿or製氷ブロックトレー
  • ハンドブレンダー
製氷皿は、離乳食を小分けして保存しておくのに使え、ハンドブレンダーは食材を細かくする機会が多い離乳食作りでは大活躍です。この2点はなくとも離乳食作りができますが、あると非常に便利です。
その他は普段、家庭で料理をしていればすでにある調理器具を使うことができます。もし家庭で料理をしないのならば、包丁や鍋など調理器具を揃える必要があります。
離乳食用の調理器具は、9点セットなどで販売がされており、1セットは購入しておくと非常に便利です。
離乳食の期間は短いですが、赤ちゃんが生後5ヶ月頃になるまでには調理器具を揃えておくとよいでしょう。

作り方は自治体などの講座などを活用する
作り方は自治体などの講座などを活用する

初めて離乳食を作る時は、作り方も分かりませんよね。ネットで調べたり、レシピ本を購入したりするのもよいのですが、自治体などで行われている離乳食の講座を活用するのもおすすめです。
また、赤ちゃんの4ヶ月検診時に合わせて離乳食の作り方を教えてくれる自治体もありますので、うまく活用していきましょう。
画面上や本では分からないことでも、自治体などで聞く場合は先輩ママさん達もいるので、分からないことを細かく教えてくれ安心です。

離乳食の調味料はいつから

離乳食の調味料はいつから
離乳食を始めたばかりの生後5~6ヶ月頃(初期)は味付けをする必要はありませんが、野菜だしなどを使うことができます。
生後7~8ヶ月頃(中期)もまだ味付けをする必要はありませんが、野菜だしだけでなく、かつお節から取るだしも使うことができるようになります。
生後9~11ヶ月頃(後期)になると、1~3g程度のごく少量の塩や砂糖を使うことができるようになります。
1歳(完了期)にもなれば、大人が使っている調味料の3分の1程度を使うことができるようになりますが、味付けが濃くなりすぎないように気をつけましょう。
離乳食に使うだしや調味料は、大人と同じものだけでなく赤ちゃん専用のものを使えば、塩分量などが調整されているため安心して使うことができます。

離乳食を初めて食べさせる内容と量は?

離乳食を初めて食べさせる内容と量は?
初めての離乳食は、10倍がゆをひとさじから始めます。まずは、1日に1回あげるようにしましょう。10倍がゆは、液体状になるまですり鉢ですりつぶしていきます。味付けなどは一切しないで、赤ちゃんにひとさじあげましょう。
2~3日にひとさじ増やしていき、2週間頃から野菜をペースト状にしたものを、ひとさじからあげていきます。成長や赤ちゃんのペースに合わせて、少しずつあげる量を増やしていきましょうね。
初めてあげる食材は、ひとさじからあげることを覚えておきましょう。これは、万が一アレルギーのある食品を、あげてしまったときの対策にもなります。

離乳食を始める時の1日の食事スケジュール

離乳食を始める時の1日の食事スケジュールは、母乳やミルクを併用していきます。
  • 7:00頃・・・母乳orミルク
  • 10:00頃・・・母乳orミルク+10倍がゆ(ひとさじから)
  • 14:00頃・・・母乳orミルク
  • 18:00頃・・・母乳orミルク
  • 22:00頃・・・母乳orミルク
食事スケジュールはあくまでも1例ですので、赤ちゃんのペースに合わせて無理のないようにあげていきましょう。
離乳食を始めて 1ヶ月頃になれば、野菜だけでなく白身魚のペーストも食べられるようになります。

離乳食の初期・中期・後期・完了期の違いについて

離乳食の初期・中期・後期・完了期の違いについて
離乳食の初期から、完了期の違いについて解説していきます。

初期について

離乳食の初期は、生後5~6ヶ月頃になります。ゴックン期とも呼ばれており、母乳やミルク以外の食品を飲み込むことを覚えていく時期です。
10倍がゆや野菜のペーストなど、さらっとしたものをあげていきます。初期の離乳食はまだ1日に1回となります。

中期について

離乳食の中期は、生後7~8ヶ月頃になります。モグモグ期とも呼ばれています。赤ちゃんには歯が生え始める頃です。10倍がゆだけでなく、豆腐ぐらいの硬さの舌で潰せるものは食べることができ離乳食もだんだんと変化が生まれてくることでしょう。
離乳食は中期になると、1日に2回になります

後期について

離乳食の後期は、生後9~11ヶ月頃になります。カミカミ期とも呼ばれ、自分で食べようとしたり、触れようとしたりします。離乳食の硬さも歯茎でつぶせるぐらいになり、回数も増え1日に3回です。
手づかみで食べる練習を始めるのも、この時期からとなり棒状のものなど、赤ちゃんが手で持ちやすいものをあげてみましょう。

完了期について

離乳食の完了期は、生後12~18ヶ月頃になります。歯でものを噛むことができるようになり、パクパク期とも呼ばれる時期です。食べ物をしっかりとつかんだり、スプーンやフォークを使ったりしたくなる時期でもあります。
完了期になると食べる量も増え、離乳食の硬さも歯茎や歯で潰せる程度になります。色々な食べものに興味を示すようにもなり、手づかみで食べられるようなものをあげるのもよいでしょう。

離乳食の進め方のポイントは?

離乳食の進め方のポイントは?
離乳食の進め方のポイントは、赤ちゃんのペースに合わせてあげることです。離乳食を赤ちゃんが嫌がってしまっても、焦る心配はいりません。
離乳食をあげるタイミングは、昼前後の授乳前です。しかし、ママ・パパさんの都合や赤ちゃんの機嫌のよい時間にあげても問題はありません。
最初は、口に入ったスプーンを押し返してしまうかもしれませんが、反射的な反応なので、舌の奥の方に入れてあげると少しずつ上手に飲み込めるようになります。
食べることに興味を持ち始めたら、赤ちゃんが手で持てるようなサイズのものを作ってあげると、より食事を楽しめるようになります。
ママ・パパさんも焦らずに、ゆっくりと楽しみながら離乳食をあげていきましょう。

離乳食を嫌がる場合の対処方とは?

離乳食を嫌がる場合の対処方とは?
離乳食をしっかりと食べてほしいと思っても、嫌がられてしまうと焦ってしまうママ・パパさんも多いですよね。
赤ちゃんが離乳食を嫌がる場合は、お腹が空いていなかったり、体調が悪かったりする場合もあります。そのため、赤ちゃんが離乳食を嫌がる場合は、無理をしてあげる必要はありません
離乳食を上手く食べてくれないときには、ちょっとした工夫をしてみましょう。
  • スプーンを変える
  • いつもとは違う離乳食をあげる
  • ママ・パパさんも一緒に楽しく食べる
  • 大げさに褒めたり、喜んだりしてあげる
  • よく遊んでから食べさせる
赤ちゃんも少しずつ、離乳食を嫌がらずに食べられるようになります。食事は楽しくて、美味しいものだということを覚えさせてあげましょう

初めての離乳食もこれで安心!おすすめのレシピ本や離乳食8選

レシピ本4選

1.主婦の友社 はじめてママ&パパの離乳食

発売日 2015年1月15日頃
著者/編集 主婦の友社/上田玲子
ページ数 191p
価格 ¥1,430(税込み)
主婦の友社のレシピ本は、赤ちゃんが初めて口にする10倍がゆの作り方から離乳食の完了期となる、1歳半ごろのパクパク期まで使うことのできるレシピが載っています。
初めて作る離乳食は、お米の炊き方でさえ悩んでしまうママ・パパさんも多いはずです。初めての離乳食作りには嬉しい、基本の作り方から載っているレシピ本です。
初めて離乳食を作るという、ママ・パパさんにおすすめのレシピ本となっています。

2.学研パブリッシング はじめての離乳食最新決定版

発売日 2013年4月
著者/編集 小池すみこ
ページ数 205p
価格 ¥1,430(税込み)
学研パブリッシングの「はじめての離乳食最新決定版」では作り方だけでなく、なぜ離乳食が必要なのかや栄養バランスのとり方まで分かる1冊となっています。
離乳食で使うだしの取り方や、ポイントなどが写真付きで分かりやすく紹介されています。また、大人の料理から分けて作ることのできるレシピも載っているため、手間のかからないレシピは育児で忙しいママ・パパさんに嬉しいポイントの1つです。
200ページを超える量で、レシピだけでなく離乳食の基礎知識まで知ることのできる便利なレシピ本となっています。

3.成美堂出版 子供が喜ぶ食物アレルギーレシピ100

発売日 2009年10月
著者/編集 海老澤元宏, 林典子(栄養士)
ページ数 143p
価格 ¥1,210(税込み)
成美堂出版の「子供が喜ぶ食物アレルギーレシピ100」では、食物アレルギーを理解しながら離乳食を作ることができるようになります。
0~1歳半までの離乳食だけでなく、3~5歳の幼児用レシピまで幅広く載っています。
食物アレルギーは、誰しも発症してしまうものです。子供が楽しく食事をするためにも、食物アレルギー対策のレシピを覚えておくのは大切です。
食物アレルギーを発症してしまった子供を持つ、ママ・パパさんにおすすめのレシピ本となっています。

4.大泉書店 フリージング離乳食1週間分作りおき!

発売日 2016年3月
著者/編集 ほりえさちこ, 川口由美子
ページ数 128p
価格 ¥1,100(税込み)
大泉書店の「フリージング離乳食1週間分作りおき!」では、毎日の離乳食作りを楽にする、フリーシングできる離乳食レシピが載っています。
離乳食作りは何かと手間もかかってしまうため、毎日の育児の中では負担に感じてしまうこともあります。しかし、作り置きをしておきたくても赤ちゃんにあげる離乳食は、安全面に不安が残ってしまうママ・パパさんもいるのではないでしょうか。
本書籍では、離乳食のフリージングの基礎や進め方などが載っているため、安心して離乳食の作り置きをすることができます。
忙しいママ・パパさんにとって毎日を楽にする、嬉しいレシピ本ではないでしょうか。

赤ちゃんにおすすめ離乳食4選

1.活彩北海道 野菜フレークセット

セット内容
  • かぼちゃフレーク40g×1袋
  • にんじんフレーク40g×1袋
  • とうもろこしフレーク40g×1袋
  • じゃがいもフレーク40g×1袋
  • 便利な簡単レシピ付
価格 ¥1,980(税込み)
北海道産の新鮮な野菜を使った、4種類のフレークは新鮮で無添加・無着色です。そのため赤ちゃんの離乳食にも、安心して使うことができます。
野菜のフレークに、お湯や水を入れることにより、簡単に野菜のペーストを作ることができます。また、水分量を調節すれば好みの硬さにすることも可能です。
そのまま離乳食として赤ちゃんにあげることもでき、料理に活用しても使うことができるので非常に便利です。長期保存ができるのも、嬉しいポイントの1つです。

2. Bebeco まるごと離乳食3種セット

セット内容
  • 納豆セット(納豆・レバー・青魚)
  • おやさいセット(おやさい・レバー・青魚)
  • ささみセット(ささみ・おやさい・青魚)
価格 ¥4,494(税込み)
まるごと離乳食3種セットは、赤ちゃんの月齢に合わせて購入することができます。離乳食初期では、10倍がゆの次にあげるのが野菜です。
まずはおやさいセットを購入し、赤ちゃんの成長に合わせて他のセットを購入しましょう。家庭では用意することが面倒になってしまうような、レバーもセット内容に含まれているので離乳食として活用することができます。
赤ちゃんの成長に合わせて活用することができ、不足しがちな鉄分もしっかりと取ることのできる離乳食となっています。

3.キューピー ピジョン 離乳食12ヶ月 15セット

セット内容
  • 牛肉と豆腐のすき焼き
  • まぐろとえだ豆の中華煮
  • 鮭と野菜の炊き込みごはん
  • いわしだんご八宝菜
  • 牛肉のトマトカレー
  • シャキシャキれんこん鶏つくね
  • きのこソースハンバーグ(豆腐入り)
  • 鶏レバーとごぼうの煮物(豚肉入り)
  • たっぷり野菜のミネストローネ風
  • 北海道コーンのチキンシチュー
  • たっぷり野菜のミートスパゲティ
  • チキンと野菜のカレーライス
  • 野菜とまぐろの五目ごはん
  • おやこどん風
価格 ¥3,640(税込み)
ピジョンの離乳食12ヶ月は、15セットとボリュームが多くなっています。12ヶ月頃の赤ちゃんにはそのままあげることもできますが、アレンジ次第では離乳食初期からも活用できます。
15種類と豊富なバリエーションのため赤ちゃんの好みに合う、離乳食が見つかるでしょう。
長期的にストックすることができるため、忙しく離乳食を作る時間が無くなってしまった時にも活躍します。また夏場でも、開封されていない限りは常温で保存が可能なため、外出先でも使うことができ便利な離乳食となっています。

4.manma 四季の離乳食11ヶ月~

セット内容 とまとの鯛おじや×2個
にんじん・かぶのおじや×1個
さつまいものおじや×1個
だいこんの鶏そぼろおじや×2個
価格 ¥3,480(税込み)
manmaの四季離乳食セットは、離乳食初期・中期・後期・完了期と赤ちゃんの成長に合わせた離乳食を購入することができます
大根やトマトなど野菜の風味を、そのまま味わうことができるのも魅力の1つです。
また、本離乳食は器に移すことなく赤ちゃんにあげることができるデザインとなっているため、洗い物を増やすことなく忙しいときにもすぐに用意することができます。
家庭での食事だけでなく、外出先でも手軽に持ち運びのできる離乳食です。

離乳食の注意点!
離乳食の注意点!

ここでは離乳食に関する注意点をご紹介いたします。

ポイント1 母乳・ミルクも離乳食と併用する

離乳食を始めても、すぐに母乳やミルクの量を減らす必要はありません。赤ちゃんが欲しいだけ、母乳やミルクはあげましょう。今までと同じ授乳リズムで、あげていきます。

ポイント2 アレルギーに注意!初めての食材をあげる場合は病院の診察時間内で
ポイント2 アレルギーに注意!初めての食材をあげる場合は病院の診察時間内で

赤ちゃんに初めてあげる食材は、アレルギーを引き起こす可能性があります。そのため、かかりつけの医療機関の受診時間内であげましょう
離乳食をあげてから、万が一アレルギーを発症してしまう場合は、食後1時間から遅くとも4時間程度です。食後は赤ちゃんの様子を、しっかりと観察するようにしましょう。

ポイント3 市販されている離乳食も活用する

市販されている離乳食も活用する
離乳食作りは少量とはいえ、毎日作るのは大変と感じてしまうときもあります。そんなときには、市販の離乳食も活用していきましょう。
赤ちゃんの月齢に合わせた味付けや種類も豊富にあるため、色々と試してみましょう。とくに、外出先などでも便利です。
ベビーフードも上手に使いながら、無理のない離乳食作りをしていきましょう。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

赤ちゃんにとって離乳食とは、成長する過程でとても大切な役割を果たしています。とはいえ毎日離乳食を作っていると、疲れてしまうときもあります。
そんなときには、市販されている離乳食も活用しながら楽をして、楽しく赤ちゃんと食事を共にしましょう。
正しい知識を持ちながら、無理のない離乳食を作っていきましょう