【PR】

ベビースケールレンタルや代用でいらない?必要か?おすすめ新生児体重計

ベビースケールレンタルや代用でいらない?必要か?おすすめ新生児体重計8選

目次
ベビースケールは、育児に必ずしも必要なものではありません。しかし、母乳やミルクを飲む量が安定しない生後1ヶ月~3ヶ月程の赤ちゃんにとっては、ベビースケールを活用することで授乳量が把握することができます。
ベビースケールがあれば赤ちゃんの健康管理や、日々の成長を確認でき、日々の成長を確認することができます。
そこで今回はあると便利なベビースケールの魅力や必要性、購入する際のポイントなどを解説していきます。
購入を検討中のママ・パパさんには、おすすめのベビースケールをご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

ベビースケールの魅力と役割

ベビースケールの魅力と役割
ベビースケールは、1g・5g・10g単位で赤ちゃんの体重を測ることができます
。生後1ヶ月~3ヶ月頃の赤ちゃんは、母乳やミルクを飲む量がまだ安定してきません。とくに母乳を直接飲ませているママさんの場合、飲んだ量を把握することは難しいでしょう。また、母乳だけでなくミルクと併用してあげている場合も同じです。
そこでベビースケールを活用すると、赤ちゃんがどの程度母乳を飲んだのか体重で把握することができます。
赤ちゃんの授乳量や成長の記録を取るのには、手軽で便利なアイテムとなっています。

ベビースケールのメリットとは

ベビースケールは、とくに母乳を直接赤ちゃんに与えて育てているママさんにとって便利なアイテムとなってくれます。

赤ちゃんが飲んだ母乳の量を確認できる

赤ちゃんが飲んだ母乳の量を確認できる
赤ちゃんを母乳だけで育てていると、どれだけ授乳できたのか分かりませんよね。助産師さんなどからのアドバイスどおりに、母乳を飲ませられているのか分からずに不安になってしまうママさんも多いのではないでしょうか。
また、母乳を哺乳瓶などに移して量を測ってから赤ちゃんにあげるのでは、泣いている時間も長くなり大変ですよね。
そんな時に役立つのが、ベビースケールです。赤ちゃんの体重が授乳後に、どれだけ増えたのかを見れば、授乳量を把握することができます
生後1ヶ月~3ヶ月頃の赤ちゃんは、母乳やミルクを飲む量が安定しないため授乳量を気にしてあげる必要があります。
神経質になりすぎる必要はありませんが、ベビースケールがあると授乳量の目安が分かるので便利です。

赤ちゃんの毎日の体重の変化や成長を数値で確認できる

赤ちゃんの毎日の体重の変化や成長を数値で確認できる
赤ちゃんは日々成長していき、毎日のように体重が変化するものです。検診時や自治体などで体重を測ることはできますが、毎日となると通うのは難しくなってしまいます。
ベビースケールが自宅にあれば、赤ちゃんの日々の成長を記録することができます。赤ちゃんの成長は、ママ・パパさんにとって嬉しいものです。
毎日の成長を記録できれば、育児の楽しみが1つ増えるのではないでしょうか。

実際どれくらいの期間に必要なのか?

実際どれくらいの期間に必要なのか?
ベビースケールは一般的に赤ちゃん向けで設計されている体重計のため、大きくても2歳頃の最大12kgぐらいまで測ることができます。
しかし、ベビースケールの使用頻度が高いのは生後1ヶ月から3ヶ月頃までです。生後1か月までの間の赤ちゃんは、体の成長がまだまだ未熟なために授乳の回数も多くなります。そのためベビースケールで、授乳量を計算する機会も増えることでしょう。
赤ちゃんの授乳量が安定し、体重も増えてくればベビースケールの出番も少なくなってきます。ベビースケールを実際に多く使う時期は、生後1ヶ月~3ヶ月の間となります。

ベビースケールを選ぶポイント

ベビースケールには、測れる重さや機能が豊富にあるため、どれを購入すればよいのか悩むママ・パパさんも多いはずです。そこで、選ぶべきポイントをご紹介していきます。

g単位での計測機能を確認しよう

g単位での計測機能を確認しよう
ベビースケールは、メーカーや種類によって、測れる重さの最小値と最大値が異なります。とくに注意して選ぶべきポイントは、測れる重さの単位です。大きく分けて3つのタイプがあり、1g・5g・10g単位で測ることのできるベビースケールがあります。
新生児は体重が軽く、細かく測るためには1gから測れるタイプがよいでしょう。また飲んだ母乳の量を測るためならば、5gから測ることができるタイプでも十分です。ベビースケールを購入する際は、測れる最小値に気をつけましょう。
赤ちゃんの成長を記録したいのならば、最大値にも注目していきます。生後12ヶ月頃までならば、9kg程度ですが1歳を超えると、体重も10kgを超えてきます。
子どもの成長を長く記録していきたいのならば、20kg程度まで測れるものを選ぶのがよいでしょう。

ママ・パパさんにとって便利な機能で選ぶ


ベビースケールは体重を測るだけでなく、便利な機能が搭載されているものがあります。中でもおすすめなのが、授乳量を確認できる機能です。
授乳の前後で赤ちゃんの体重を測ることにより、自動で授乳量を計算してくれます。自分で計算する手間が省けるため、忙しい育児の中では嬉しい機能ではないでしょうか。
他にも便利な機能はあり、動いている赤ちゃんの体重の数値を自動で止める自動ロック機能やメモリー機能、アプリと連動できるものもあります。
ベビースケールは機能面も充実しているため、ママ・パパさんにとって快適に利用できるものを選びましょう。

サイズや重さにも注目!使用環境や持ち運びなど目的に合わせて選ぶ

サイズや重さにも注目!使用環境や持ち運びなど目的に合わせて選ぶ
一般的なベビースケールは、横幅50cm~60cmで奥行は30cm~40cm程があります。重量は、2kg前後のものが多いです。
ベビー用品もどんどん増えてくるとサイズが大きいものは存在感が強くなってしまい、収納スペースにも困ってしまいます。
ベビースケールには、赤ちゃんを乗せるトレイ部分を外せてコンパクトに収納できるものもあります。また、重量も1.5kg程度のものがあるため、持ち運びを想定するならば軽いものを選びましょう。
使用環境に合わせてサイズや、重量を確認しながら購入を検討するとよいでしょう。

赤ちゃんの体重・健康管理におすすめのベビースケール8選

1.TANITA ベビースケール nometa

サイズ 幅58cm×奥行39cm×高さ9.3cm
計測可能な重量 0~20kg
単位 5g(8kgまで)・10g(8kg~20kg)
主な機能 メモリー機能・授乳量計算機能
価格 10,980円(税込み)
こちらのベビースケールでは、8kgまでは5g単位で測ることができ、8kg以上は10g単位で体重を測ることができます。授乳量の計算は1g単位で行ってくれるため、赤ちゃんの授乳管理がしっかりとできて安心です
ベビースケールとしては高さも低く、赤ちゃんの乗る部分には柔らかなマットが使用されているため快適に体重を測ることができます。また、マットは手洗いが可能なため清潔を保つこともできます。
20kgまで測ることができるため、成長の記録を取るにも最適で長く使うことのできるベビースケールとなっています。

2. Hugmuu ベビースケール

サイズ 幅65cm×奥行32cm×高さ8.8cm
計測可能な重量 0~120kg
単位 5g(20kgまで)・50g(20kg~120kg)
主な機能 風袋引き機能・自動ロック機能
価格 3,980円(税込み)
出産前のママさんやパパさんも使うことのできるベビースケールとなっています。20kgまでは5g単位で測ることができ、20kg~120kgまでは50g単位で測ることができます。
風袋引き機能で、トレイに乗せたタオルなどの重量を引いて赤ちゃんの体重を測ることができます。
また、数値が表示されるディスプレイは自分自身で測る時と、赤ちゃんを測る時にむきを変えることができるため見やすく便利です。
赤ちゃんから大人まで使うことのできる、ベビースケールとなっています。

3.お宝ワールド ベビースケール

サイズ 幅55cm×奥行33cm×高さ4cm
計測可能な重量 60g~20kg
単位 10g
主な機能 風袋引き機能
価格 3,980円(税込み)
滑らかなデザインとなっているため、赤ちゃんを傷つけることなく体重を測ることができるでしょう。トレイ部分にはメジャーが印字されているため、体重を測りながら身長も測ることができます
また風袋引き機能が搭載されていることにより、タオルなどで赤ちゃんを包むことができるため、冬などで冷たくなったトレイに直接置くことなく計測できます。
薄型で軽量な作りのため、持ち運びにも便利なベビースケールではないでしょうか。

4.MQUPIN ベビースケール

サイズ 幅55cm×奥行33cm×高さ4cm
計測可能な重量 60g~20kg
単位 10g
主な機能 風袋引き機能
価格 3,400円(税込み)
トレイなどは付属していませんが、風袋引き機能が搭載されているため、タオルなどを敷いてから赤ちゃんの体重を測ることができます。
また、高精度センサーを内蔵していることにより正確に体重を測ることが可能です。
シンプルな作りとなっているため、場所を取ることもなく、万人受けする使いやすいベビースケールではないでしょうか。

5.ヴィフォー ペット・赤ちゃん用 デジタル体重計

サイズ 幅54.5cm×奥行32cm×高さ30cm
計測可能な重量 60g~20kg
単位 10g
主な機能 風袋引き機能
価格 2,880円(税込み)
赤ちゃんだけでなく、ペットの体重を測ることも可能です。測定台は凸凹設計のため、赤ちゃんを乗せても安定しやすくなっています。体重の表示画面は、大きくはっきりとした文字となっているため、暗い場所でも見やすくなっています。
赤ちゃんだけでなく、同時にペットの健康管理もできるベビースケールとなっています。難しい操作が苦手なママ・パパさんにもおすすめの商品です。

6.ベビーザらス デジタルベビースケール

サイズ 幅52cm×奥行32cm×高さ11.5cm
計測可能な重量 ~20kg
単位 10g(5kg未満)/20g(5~9.98kg未満)/30g(9.98~20kgまで)
主な機能 風袋引き機能・メモリー機能
価格 4,998円(税込み)
風袋引き機能だけでなく、メモリー機能が搭載されています。新生児の授乳量を把握するために体重を測るだけではなく、メモリー機能を活用すれば成長の記録を残すのにも役立ちます。
また、トレイを外すことが可能なため、子どもが成長した後には立って体重を計測することも可能です。
人気ブランドの商品のため、信頼のあるベビースケールではないでしょうか。

7. エクセルプラン 授乳量計測モード付スマートベビースケール

サイズ 幅24cm×奥行36.5cm×高さ4.7cm
トレイ/幅52cm×奥行27.5cm
計測可能な重量 ~20kg
単位 10g(5kg未満)/20g(5~10kg未満)/50g(10~20kgまで)
主な機能 授乳量計測機能・アプリ連動
価格 8,976円(税込み)
授乳量の計測はもちろん、Bluetooth通信でスマホと連動することができるベビースケールです
今までのベビースケールだと、授乳量を計算できたとしても記録は自分自身で行う必要がありました。しかし、アプリと連動することにより授乳量の記録や赤ちゃんの身長を入力することにより、成長を記録してくれます。
ママ・パパさんの手間を少しでも省くことができ、赤ちゃんの授乳量をしっかりと管理することができる便利なベビースケールとなっています。

8.SIS ベビースケール TH996

サイズ 59.5cm×34.1cm×9cm
計測可能な重量 30g~20kg
単位 10g
主な機能 メモリー機能・ミュージック機能
価格 9,751円(税込み)
10g単位で体重を測ることのできるベビースケールとなっています。赤ちゃんはじっとしているのが苦手で、活発に動いてしまうものです。
ベビースケールに乗せるのも一苦労となってしまいますが、本商品にはミュージック機能が搭載されていることから、赤ちゃんの気を引いている間に体重を測ることができます。
赤ちゃんにとっても楽しく体重測定ができ、ママ・パパさんも楽ができるベビースケールではないでしょうか。

レンタルサービスも活用しよう

レンタルサービスも活用しよう
ベビースケールを1番多く使う時期は、生後1ヶ月~3ヶ月程度となります。成長の記録などを取るつもりがないのであれば、レンタルサービスを活用するのもよいでしょう
3ヶ月のレンタルで、性能がよいものであれば6,000円前後となります。短い期間だけでの使用を検討しているのならば、レンタルサービスを活用していくとよいでしょう。

ベビースケールの代用品について

ベビースケールの代用品について
新生児の場合は、キッチンスケールで代用することも可能です。キッチンスケールは10g単位で測れるものがほとんどのため、授乳量の計算をすることもできます。赤ちゃんの身長もまだ小さいため、生後1~3ヶ月程度でしたら代用が可能となっています。
カゴなどに乗せて安定させて、測ってあげましょう。しかし、落下する危険性もあるためケガには十分注意して使いましょう。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

ベビースケールは、赤ちゃんの育児で必ずしも必要なものではありません。しかし、体重の少ない新生児などは授乳量が特に気になるものです。母乳を直接あげているママさんなどは、不安に思うことがあるかもしれません。
ベビースケールが自宅にあれば、手軽に授乳量を把握することができ、成長の記録を取ることもできます。大人も使えるタイプを選べば、家族全員で長く使用することも可能です。
ベビースケールはママ・パパさんの不安を取り除いてくれる、便利なお役立ちアイテムではないでしょうか。