【PR】

おすすめゆりかごベビーベッド。自動電動手動別とバウンサーの違い

おすすめゆりかごベビーベッド。自動電動手動別とバウンサーの違い

目次
赤ちゃんがいる家庭では、ママやパパの手助けをしてくれる便利なゆりかご。現代では音やスイング機能が充実したゆりかごがあり、赤ちゃんの寝かし付けに利用しているおうちも多くあります。
機能だけでなく価格帯も幅広く、手動や電動式などの違いもあり、赤ちゃんにはどのようなゆりかごを購入すればよいのか迷いますよね。
今回は、基本となるゆりかごの効果を知って上手に使用する方法や、ゆりかごの選び方、おすすめ商品もご紹介していきます。ぜひ、記事を参考に赤ちゃんとママやパパにぴったりのゆりかごを選んでみてください。
ベビーマタニティ通販LINXAS

ゆりかごとは?

ゆりかごとは?
別名でハイローチェア・ハイローベッド・ベビーラック・ハイロースウィングラックなどさまざまな呼び名があるゆりかご。ゆらゆらと揺れるので赤ちゃんの寝かし付けにはぴったりな上、高さ調節が可能なため、おむつ替えにも役立ちます。
イスやテーブル機能付きなので、赤ちゃんの離乳食がはじまるとダイニングテーブルで大人と一緒に食事も可能な便利アイテムですよ。

ゆりかごの効果を知って日々の生活に取り入れよう

ゆりかごには、ママや赤ちゃんにとって嬉しい効果がたくさんあります。

赤ちゃんへの効果

赤ちゃんへの効果
  • 寝付きやすくなる
  • 1人で楽しめる
赤ちゃんは、ゆらゆらと心地良く体が揺れることに安心して眠りに付きやすくなります。とくに、電動式のものだと一定のテンポで揺れるので眠りに付くのが早くなる場合も
ほかには、赤ちゃんにぴったりのやさしい音が鳴る機能が付いていると、聞こえてくる音に不思議そうに聞き入り楽しんでくれるときもあります。

ママへの効果

ママへの効果
  • 抱っこをする負担が減る
  • 作業をしながらお世話ができる
長時間の抱っこで寝かし付けをさせる体力の負担が軽減されたり、ゆりかごを揺らしながら家事を進めたりできるメリットがありますよ。

似ているようで異なるバウンサーとの違い

似ているようで異なるバウンサーとの違い
ゆりかごとバウンサーは似ていますが、対象年齢や機能面にも違いがあります。
ゆりかご バウンサー
対象年齢 新生児~4歳ごろまで 生後1か月~2歳ごろまで
用途 寝かし付け・あやす・食事 あやす
揺れ方 縦・左右 上下
付属機能 音・テーブル等 (おもちゃ)
重量 約12Kg 約2kg
電源 コンセント なし
それぞれ対象年齢が異なり、ゆりかごは生後すぐ~4歳ごろで体重は18kgまで、バウンサーは生後1か月~2歳ごろで13kgまでなどといった決まりがあります。説明書に書かれている対象年齢や耐荷重を確認し、ゆりかごの破損事故につながらないようにしましょう。
ゆりかごは手動と電動で価格帯が大きく違ってきますが、手軽に購入できるバウンサーとは全くの別物となります。赤ちゃん自身の重みで動くバウンサーは床からの高さが低く、リクライニングはあるもののゆりかごに比べて高さの調節ができません。

ゆりかごは必要?なくてもいい?

ゆりかごは必要?なくてもいい?


ゆりかごがあって良かったという反面、ゆりかごは必要ないというママもいます。家の中に置くゆりかごは大きく、場所も取ってしまいがちです。部屋にゆりかごを置くスペースがない場合はバウンサーで代用するママも。
ただ、機能面を考えると赤ちゃんやママにとっては嬉しいメリットが多いので購入を検討する方も多くいます。購入まではいかなくとも今ではレンタルという手があるので、試しにゆりかごのレンタルをしてみてもいいかもしれません。
一戸建てのおうちでは、1階にはバウンサー、2階にはゆりかごを置いている家庭もあるようです。両方あると便利で使い勝手が良く、重たい荷物を階段で持ち運びせずに済むというメリットもありますね。

電動?手動?ゆりかごの選び方をチェック

電動?手動?ゆりかごの選び方をチェック
キャスター付きで移動に便利なゆりかごは、家の中でママが赤ちゃんと一緒に行動できるので安心です。電動・手動ともに役立つこと間違いなしですが、機能面が異なるのでママのライフスタイルに合わせて選んでみてください。

電動タイプ


ママの負担が少ない電動タイプは、自動スウィングで赤ちゃんを揺らしてくれます。スウィング機能だけでなく、タイマーやメロディー機能が付いたものも多いので平均価格が3~6万円ほどと高く、電源を必要とします。

手動タイプ

手動タイプのゆりかご
手で揺らすので、手間がかかりますが価格が1万円~とリーズナブルです。コンセントが不要なので、場所を選ばずに使用できるメリットがあります。

洗濯可能なのか

洗濯可能なのか
ゆりかごのシートが、汗や食事で汚れたときには丸洗いできるものだと助かりますよね。また、洗い替えも用意しておくと安心です。

必要な機能が付いているか

必要な機能が付いているか
タイマーやオルゴールメロディー機能などが付いていると赤ちゃんのご機嫌に合わせて使用できて便利ですよ。赤ちゃんが眠りに付くとき、あやすときなど用途に合わせて揺れるスピードも調節可能だと嬉しいですね。

グズグズな赤ちゃんもご機嫌!ゆりかごのおすすめ8選

電動タイプのゆりかご4選

商品 画像 shop ポイント 価格 機能 サイズ
楽天24 ベビー館
ネムリラ AUTO SWING エッグショック BE
Amazon リンクサス 楽天市場 コンビ独自のスウィングで15分のタイマー機能付き 37,750円 タイマー/メロディー ハイ520×690~865×690~1020
ロー520×835~880×410~740mm
ベビー用品の街
アップリカ ユラリズム オートC
Amazon リンクサス 楽天市場 8種類ものメロディーが付いたゆりかご。早め、遅めのスウィング調節も可能 49,770円 メロディー等 ベッド時53.5×84×42~75cm
Combi
ネムリラ AUTO SWING BEDi Long スリープシェル EG+
Amazon リンクサス 楽天市場 スリープシェル付きで、赤ちゃんが眠るさいに必要とする理想の暗さを実現 69,300円 スリープシェル ハイ525×690~990×680~1075
ロー525×835~990×400~790mm
Child Marron
JTC ハイローオートスイングラック

 
Amazon リンクサス 楽天市場 赤ちゃんに合わせて使える3段階の速度調節が便利 31,900円 タイマー ハイ55×88×70cm

1.楽天24 ベビー館 ネムリラ AUTO SWING エッグショック BE

ベビー用品でお世話になることも多い、コンビの電動ゆりかごです。15分間のタイマーで、グズグズな赤ちゃんを眠りに誘ってくれるコンビ独自のスウィング機能付き。枕となる部分には、衝撃吸収力があるエッグショックが赤ちゃんの頭を守ってくれます。
  • 価格:37,750円(税込み)
  • 機能:タイマー/メロディー
  • サイズ:ハイ520×690~865×690~1020/ロー520×835~880×410~740mm

2.ベビー用品の街 アップリカ ユラリズム オートC

赤ちゃんのグズりがやまないときは早めのスウィング、眠りに付きそうなときはゆっくりスウィングと調節可能です。電動で揺れる速度のパターンが変更できるのは嬉しいポイントですよね。8種類のメロディー機能搭載で、赤ちゃんの眠りをWサポート。
  • 価格:49,770円(税込み)
  • 機能:メロディー等
  • サイズ:ベッド時53.5×84×42~75cm

3.Combi ネムリラ AUTO SWING BEDi Long スリープシェル EG+

赤ちゃんが眠りに付きやすい理想の暗さを実現したスリープシェル(幌)付きのゆりかごです。離乳食がはじまったら、テーブルにぴったりと付く食洗機OKの洗えるランチトレイの使用で後片付けも楽々。
  • 価格:69,300円(税込み)
  • 機能:スリープシェル
  • サイズ:ハイ525×690~990×680~1075/ロー525×835~990×400~790mm

4.Child Marron JTC ハイローオートスイングラック

15分で自動停止するオートスウィングで心地よい眠りに導くゆりかごです。3段階の速度調節が可能で赤ちゃんに合わせられるところもポイント。ゆりかごの本体の位置を最大にするとダイニングテーブルと同じくらいの高さになるので、ママやパパと一緒に食卓を囲むこともできますよ。
  • 価格:31,900円(税込み)
  • 機能:タイマー
  • サイズ:ハイ55×88×70cm

手動タイプのゆりかご4選

商品 画像 shop ポイント 価格 機能 サイズ
Baby Days
3 color スイングハイローラック
Amazon リンクサス 楽天市場 本体下のキャスターにストッパーが付いており安心 14,999円 リクライニング等 54.5×86~92×38.5~101cm
XPRICE
KATOJI スイングハイローラック ピッコロII
Amazon リンクサス 楽天市場 従来の商品よりもコンパクトになったゆりかご 12,800円 リクライニング等 ハイ49.5×64×94
ロー49.5×79.5×61cm
西松屋
Smart Angel ハイローベビーラック マミースウィング
Amazon リンクサス 楽天市場 ママの抱っこを再現したMスウィングで赤ちゃんも安心 15,178円 リクライニング等 ロー51×79×31cm
赤ちゃんデパート水谷
Aprica ユラリズム スマート ナイトスターズ NV
Amazon リンクサス 楽天市場 高さ調節が6段階もあり、ママに合わせて使用できる 25,300円 リクライニング等 545×840~900×415~710mm

1.Baby Days 3 color スイングハイローラック

ママがお洗濯を畳んでいるときは低い位置、お掃除のときには高い位置に調節をして、いつでも赤ちゃんの顔を見ながら作業ができます。キャスター部分が動かないようストッパー付きなので、手動でも安心してゆりかごを揺らすことができますよ。
  • 価格:14,999円(税込み)
  • 機能:リクライニング等
  • サイズ:54.5×86~92×38.5~101cm

2.XPRICE KATOJI スイングハイローラック ピッコロII

ドット柄がキュートなゆりかごで、従来の商品よりも横幅・奥行きともに小さいサイズになりました。食事やおむつ替えのときにはスウィングをロックでき、固定された状態で使用可能。
  • 価格:12,800円(税込み)
  • 機能:リクライニング等
  • サイズ:ハイ49.5×64×94/ロー49.5×79.5×61cm

3.西松屋 Smart Angel ハイローベビーラック マミースウィング

ママのやさしい抱っこをイメージしたMスウィングが、ゆりかごを揺らすだけで可能となりました。シーンに合わせて使える足置き場が連動型で、5段階リクライニング機能となっており便利ですよ。
  • 価格:15,178円(税込み)
  • 機能:リクライニング等
  • サイズ:ロー51×79×31cm

4.赤ちゃんデパート水谷 Aprica ユラリズム スマート ナイトスターズ NV

落ち着いたカラーで頭上には星が付いたおしゃれなゆりかごです。洗濯機で丸洗いできるふわふわクッションの上で、赤ちゃんも心地よく眠りに付けるはず。高さは細かい6段階調節が可能なので、ママの作業に合わせられますよ。
  • 価格:25,300円(税込み)
  • 機能:リクライニング等
  • サイズ:545×840~900×415~710mm

ゆりかご使用時の注意点とは?

ゆりかご使用時の注意点とは?
ゆりかごは育児に役立ち、ママの負担も減らしてくれるアイテムですが、ルールを守って使用しましょう。
  • 長時間の使用はNG
  • 安全ベルトを使用する
  • 嫌がる場合は使用を控える

長時間の使用はNG

長時間の使用はNG
製品によって使用時間はさまざまですが、1日合計で約3時間ほどの使用を目安としてください。電動のスイング機能を使う場合は1回15分ほどが目安です。
長時間の使用は赤ちゃんの体に負担がかかったり、動きを妨げることになり成長によくありません。ゆりかごはお昼寝などの短時間での使用を目的としているため、時間を守って活用しましょう。

安全ベルトを使用する

安全ベルトを使用する
ゆりかごには安全ベルトが付いています。肩・腰・股ベルトと数が多いので毎回付け外しするのは面倒だからといって、ベルトを使わないといったことがないようにしてください。
寝返りをはじめるようになると、柵がないゆりかごは赤ちゃんの転落の恐れがあります。安全ベルトを装着した上で、赤ちゃんの様子を見ながら使用しましょう。

嫌がる場合は使用を控える

嫌がる場合は使用を控える
ゆりかごに乗せると嫌がる場合は、赤ちゃんの気分がゆりかごではないということなので、一旦ママの抱っこで落ち着かせてから使用しましょう。無理強いすると、ゆりかごが嫌な場所となってしまうこともあるので注意です。

籐(とう)ゆりかごも検討してみよう


昔のゆりかごのイメージが強い籐のゆりかごも人気がありますよ。ラタンともよばれており、ヤシ科の植物を編んで籠や家具のフレームに使用されていることが多いです。
ラタンの繊維は耐久性があり、通気性も抜群なので暑い夏にもぴったりのゆりかご。やわらかい色合いと手作り感が、忙しい現代の社会とは少し違って落ち着くかもしれません。
テーブルやチェアといった機能は付いていないので、赤ちゃんをあやしたりお昼寝のみに使用可能です。ゆりかごを使わなくなったら、子どものおもちゃ入れにも変身しますよ。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

ママのおなかの中で聞いていた、安心できるママの心拍数に合わせて揺れる機能が付いているものや、赤ちゃんにとって眠りに付きやすい暗さをつくってくれる屋根付きのものもあるゆりかご。
赤ちゃんが眠るまでのママの抱っこ疲れ、寝たと思って降ろそうとすると赤ちゃんの目がパチッと覚めてしまう事態を防ぐためにも活躍してくれる便利なアイテムです。新生児期は、ママの産後で体の負担も大きい中、育児だけでなく家事もしなければいけないこともあると思います。
そんなときに、少しでも育児を楽にさせてくれるゆりかごを利用してママの負担を減らしましょう。