【PR】

おすすめ人気ジュニア向けランニングシューズ・運動靴と選び方

おすすめ人気ジュニア向けランニングシューズ・運動靴と選び方

目次
小学生になると、「速く走りたい」「運動会で1番になりたい」と言い始めるお子さんが多いのではないでしょうか。
とはいえ、どんなシューズを選ぶのが正解なの?と迷いますよね。
そこでこの記事では、ジュニア向けランニングシューズの選び方や必要な機能などを解説しています。
ジュニア向けランニングシューズは、お子さんの足をサポートし運動する楽しさをアップできるアイテムです。
おすすめ人気ランキングも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーマタニティ通販LINXAS

ジュニア向けランニングシューズの選び方

ジュニア向けランニングシューズの選び方
小学校にあがると、今までとは走り方が大きく変わってきます。
子ども自身も靴の違いがわかるようになり、「走りやすい靴がいい」「速く走りたい」などリクエストも増えてくるでしょう。
キッズスニーカーとジュニア向けランニングシューズでは、走りやすさが違います
スニーカーは主に歩行をサポートするものですが、ランニングシューズはその名の通り走るときやスポーツをする際に役立つシューズです。
ランニングシューズを選ぶ際のチェックポイントは、以下の5つです。
  1. サイズ
  2. 軽さ
  3. クッション性
  4. かかとの硬さ
  5. グリップ力
キッズスニーカーとはチェックするポイントが少し変わるため、順番に解説していきますね。

シューズサイズは0.5cm~1cmの余裕が大事

シューズサイズは0.5cm~1cmの余裕が大事
ジュニア向けランニングシューズは、つま先に0.5cm~1cmほど余裕を持たせたサイズにしましょう。
子どもはあっという間に大きくなるので、つい大きめサイズを選びがちですよね。
サイズの合わないシューズを履いていると、つまずきやすくなったり捻挫をする可能性が高くなります
また、足の発達にも悪影響を及ぼすため、靴の中で足の指を自由に動かせるサイズ感がおすすめです。
足の骨を形成する大事な時期なので、6か月ごとを目安に足のサイズをチェックしてみてくださいね。

ジュニア向けランニングシューズは軽さも重要

ジュニア向けランニングシューズは軽さも重要
ジュニア向けランニングシューズは、軽さも大切です。
特に「速く走れるようになりたい!」と思っているお子さんには、重要なチェックポイントです。
理由としては、靴が重いと地面を蹴ったり足を前へ踏み出す動作が遅くなり、その分走るスピードが遅くなってしまいます。
また、重い靴で運動すると余計な筋肉まで使うことになり、疲れやすくなることも
そのため、軽さはジュニア向けランニングシューズを選ぶ際の大事なポイントになります。
ただし、軽ければ軽いほどいいという訳ではありません。
軽さに特化するあまり、かかとやソールが薄くなると足に衝撃がダイレクトに伝わり疲れやすくなります。
軽さとともに、クッション性やかかとの硬さも一緒にチェックしてくださいね。

クッション性も欠かさずチェック

クッション性も欠かさずチェック
軽さの項目で触れた通り、ジュニア向けランニングシューズはクッション性も重要です。
ソールにクッション性のある靴は、地面から伝わる衝撃を和らげてくれる効果があります。
足の負担が減り痛くなりにくいため、長時間スポーツする際におすすめです。
長い距離を走るのが苦手というお子さんは、クッション性に注目してシューズを選んでみてください。

シューズのかかとは硬めがベスト

シューズのかかとは硬めがベスト
ジュニア向けランニングシューズは、かかとの硬さもチェックするようにしましょう。
かかとは、特に着地する際に1番負担がかかる部分です。
かかと部分が柔らかいシューズは、足がグラつきやすく安定せず、疲れの原因になってしまいます。
そのため、ジュニア向けランニングシューズは、かかと部分がしっかりしているものを選んであげましょう。

グリップ力が高いと早く走れる

グリップ力が高いと早く走れる
グリップ力が高い靴は、滑りにくく地面をしっかりと掴むことができます。
踏ん張れる力が強くなる分、走るスピードがアップしますよ。
最近では、ゴム製のスパイクが付いているシューズもあります。
スパイク搭載シューズは、コーナーで滑りにくくなるためリレー競技におすすめですよ。
また、スパイクでなくても靴底に凹凸のある靴であれば、比較的滑りにくく速く走れるでしょう。

ジュニア向けランニングシューズに必要な機能

ジュニア向けランニングシューズに必要な機能
ジュニア向けランニングシューズには、あると嬉しい機能が2つあります。
それぞれ詳しく解説しますね。

通気性

通気性
ジュニア向けランニングシューズは、できれば通気性のいいメッシュタイプを選びましょう。
子どもの足は大人に比べると、汗をかきやすくなっています。
ムレやすい靴だと、足の臭いの原因になったり水虫になるリスクがあります。
そのため、通気性のいい靴を選び衛生面を保つようにしましょう。
メッシュタイプだと通気性がよく、足のトラブルを防げますよ

お手入れのしやすさ

お手入れのしやすさ
お手入れのしやすさは、シューズを買う際には必ずチェックしましょう。
ジュニア向けランニングシューズは、スポーツ時だけでなく通学など日常使いもできる便利なアイテムです。
その分、履く機会が多くなり汚れやすくもなります。
1週間履いただけで真っ黒に、なんてことも。
そのため、お手入れのしやすさは洗濯をするパパママにとって大事なポイントになります。
具体的には、速乾性のある素材がベストです。
お手入れのしやすさを重視する方は、メッシュ素材の乾きやすいシューズを選んでくださいね。

迷ったときは有名メーカーをチェックしてみよう

迷ったときは有名メーカーをチェックしてみよう
いろいろありすぎて選べない!といった方は、有名スポーツメーカーから選ぶのがおすすめです。
特に、ナイキ・アディダス・アシックス・ミズノなどは大人顔負けのジュニア向けランニングシューズがたくさん揃っています。
ナイキやアディダスは、おしゃれさと機能性を兼ね備えているものが多く、スポーティなファッションが好みのお子さんにおすすめです。
アシックスやミズノは、陸上競技では必ず耳にするスポーツメーカーですよね。
ジュニアシューズも高性能のものが多く、走ることが苦手な子やもっと速く走りたいというお子さんは、1度チェックしてみてくださいね!

ジュニア向けランニングシューズのおすすめ人気ランキング8選

商品 画像 shop ポイント 価格 サイズ 素材
バイタライザー
ナイキ ジュニア
エア ズーム アルカディア 2
Amazon リンクサス 楽天市場 クッション性・伸縮性に優れているナイキのシューズ。足へのフィット感も抜群です。 6,790円 16.5~22cm 【アッパー】
合成繊維・合成樹脂・合成皮革
【アウトソール】
ゴム底
はきもの広場
アシックス レーザービーム
キッズ ジュニア
Amazon リンクサス 楽天市場 アウトソールの凹凸が蹴り出しをサポート。可愛いカラーもあり女の子にもおすすめのアシックスのシューズです。 3,980円 19.0~25cm 【アッパー】
合成繊維・合成樹脂・人工皮革
【アウトソール】
ゴム底
ミズノ公式
スピードマッハ2
ランニング ジュニア
Amazon リンクサス 楽天市場 グリップ力抜群のミズノのシューズ。地面をしっかり掴めて、前に進みやすくなります。 5,390円 21~25cm 【アッパー】
合成繊維・人工皮革
【アウトソール】
合成底
スポーツゴリラ アディダス コアファイト CORE FAITO Amazon リンクサス 楽天市場 柔らかいクッション性で足を優しくサポートします。カラーバリエーションも豊富。 4,280円 17~25cm
APWORLD KIDS
プーマ ジュニア
スピードモンスター PL
Amazon リンクサス 楽天市場 ウサイン・ボルトのシューズを参考に開発されたプーマのジュニア用シューズ。速く走りたいお子さんにおすすめ。 3,490円 17~24cm 【アッパー】
合成繊維・人工皮革・合成樹脂(モールデッドEVA樹脂)
【アウトソール】
ゴム底
APWORLD
adidas DURAMO
ランニングシューズ ジュニア
Amazon リンクサス 楽天市場 アディダスの3本線が側面にデザインされた、かっこいいシューズ。サイズ・カラーが豊富で兄妹お揃いにもおすすめ。 4,590円 17~25cm
野球用品ベースボールタウン
アンダーアーマー UAサージ3 AC
Amazon リンクサス 楽天市場 野球少年に人気のブランド、アンダーアーマー。軽くて通気性も抜群です。 4,125円 18~21cm 【アッパー】
合成繊維・合成皮革・合成樹脂
【アウトソール】
合成樹脂
ミトモ
ナイキ エアマックス SC
Amazon リンクサス 楽天市場 どんなコーディネートにも合わせやすい、ナイキのエアマックス。通気性・耐久性も〇 6,600円 17~22cm 【アッパー】
合成繊維・天然皮革・合成皮革
【アウトソール】
合成底

1.バイタライザー ナイキ ジュニア エア ズーム アルカディア 2

反発力のあるクッションで、小さな子どもでもらくらく走れるナイキのシューズです。
通気性のいいメッシュと伸縮性のある素材で、足に優しくフィットします。
甲部分は紐ですが、履き口はテープで留めるため子どもでも簡単に着脱できますよ。
  • 価格:6,790円(税込)
  • サイズ:16.5/17/17.5/18/18.5/19/19.5/20/20.5/21/21.5/22(単位:cm)
  • 素材:【アッパー】合成繊維・合成樹脂・合成皮革【アウトソール】ゴム底
  • 重さ:約200g(22cm片方)

2.はきもの広場 アシックス レーザービーム キッズ ジュニア

アウトソールのつま先部分に凹凸があり、蹴り出しがしやすいアシックスのシューズ。
かかと部分は樹脂製のヒールになっていて、足元がブレないようしっかりホールドしてくれます。
かっこいいデザインもありますが、可愛らしいカラーリングもあるため女の子にもおすすめです。
  • 価格:3,980円(税込)
  • サイズ:19.0/20/20.5/21/21.5/22/22.5/23/23.5/24/24.5/25(単位:cm)
  • 素材:【アッパー】 合成繊維・合成樹脂・人工皮革【アウトソール】ゴム底
  • 重さ:約174g(22.5cm片方)

3.ミズノ公式 スピードマッハ2 ランニング ジュニア

陸上スパイクと同じ設計で、グリップ力が抜群のミズノのシューズ。
スピードマッハという名の通り速く走ることに特化しています。
かかと部分には、靴紐と連動したかかと紐が通してあり足にぴったりフィットします。
  • 価格:5,390円(税込)
  • サイズ:21/21.5/22/22.5/23/23.5/24/24.5/25(単位:cm)
  • 素材:【アッパー】合成繊維・人工皮革【アウトソール】合成底
  • 重さ:約150g(22.0cm片方)

4.スポーツゴリラ アディダス コアファイト CORE FAITO

女の子から男の子まで履ける、カラーバリエーション豊富なアディダスのシューズです。
インソールは、柔らかいクッション性で足を優しく包み込みます。
どんなシーンでも疲れにくく快適に履ける1足です。
  • 価格:4,280円(税込)
  • サイズ:17/17.5/18/18.5/19/19.5/20/20.5/21/21.5/22/22.5/23/23.5/24/24.5/25(単位:cm)
  • 重さ:約190g(21.0cm片方)

5.APWORLD KIDS プーマ ジュニア スピードモンスター PL

ウサイン・ボルトのスパイクを参考に開発された、プーマのジュニア向けシューズです。
軽くて伸縮性もあり、もっと速く走りたいというお子さんにおすすめしたい1足。
つま先とシュータンには、かっこいいプーマキャットもデザインされていますよ。
  • 価格:3,490円(税込)
  • サイズ:17/17.5/18/18.5/19/19.5/20/20.5/21/21.5/22/22.5/23/23.5/24(単位:cm)
  • 素材:【アッパー】合成繊維・人工皮革・合成樹脂(モールデッドEVA樹脂)【アウトソール】ゴム底
  • 重さ:約194g(24cm片方)

6.APWORLD adidas DURAMO ランニングシューズ ジュニア

アディダスといえばの3本線が側面にデザインされた、かっこいいシューズです。
軽くてクッション性があり、足元を優しくサポートしてくれます。
サイズの幅が広くカラーも豊富なため、兄妹お揃いにもできますよ。
  • 価格:4,590円(税込)
  • サイズ:17/17.5/18/18.5/19/19.5/20/20.5/21/21.5/22/22.5/23/23.5/24/24.5/25(単位:cm)

7.野球用品ベースボールタウン アンダーアーマー UAサージ3 AC

野球少年に人気のブランド、アンダーアーマーのジュニア向けシューズ。
履き口とシュータンにはフォームパッドが付いているため、1日中快適な履き心地で過ごせます。
軽量で通気性もいいため、汗っかきな子どもにはうってつけです。
  • 価格:4,125円(税込)
  • サイズ:18/19/20/21(単位:cm)
  • 素材:【アッパー】合成繊維・合成皮革・合成樹脂【アウトソール】合成樹脂

8.ミトモ ナイキ エアマックス SC

どんなファッションにも合わせやすい、ナイキのエアマックス。
スポーツから日常使いまで幅広く使えるデザインです。
通気性耐久性に優れていて、履いているだけで心地よさを感じられる1足です。
  • 価格:6,600円(税込)
  • サイズ:17/18/19/20/21/22(単位:cm)
  • 素材:【アッパー】合成繊維・天然皮革・合成皮革【アウトソール】合成底
  • 重さ:290g(24.0cm片足)

ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

ジュニア向けランニングシューズの選び方やおすすめランキングを紹介しました。
ジュニア向けランニングシューズを選ぶ際は、軽さだけでなくクッション性とかかとの硬さも重要です。
ぜひこの記事を参考に、子どもの足をサポートするお気に入りの1足を見つけてくださいね。