【PR】

おしゃれなキッズパーカー8選。白黒無地や薄手・裏起毛子供のパーカー

おしゃれなキッズパーカー8選。白黒無地や薄手・裏起毛子供のパーカー

目次
保育園児や小学生は制服がないことが多く、自分で服を選んで着て行きますよね。しかし1日の気温の変化に対応した服を選ぶのは子どもにとって難しく、簡単に着脱できる上着が必要になります。そんなときは、キッズパーカーを用意してあげましょう。
キッズパーカーは寒いときにサッと着て、暑くなれば気軽に脱ぐことができます。薄手のタイプを選べば、かばんに入れて持ち歩くこともできますよ。
体温調節に便利な、オールシーズン使い回せるキッズパーカーについて紹介していきます。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

1枚でも上着としても!キッズパーカーは年中使える優秀アイテム

1枚でも上着としても!キッズパーカーは年中使える優秀アイテム
カジュアルな服装がメインの子どもたちにとって、ラフに着られるパーカーはピッタリのアイテムです。どんな服にも合うので、いつものファッションに羽織るだけでOK。ジッパーがないタイプなら、1枚だけでもおしゃれに決まりますね。
装飾が少なく動きやすいため、外遊びのときも思いっきり遊ぶことができます。汚れても洗濯機で気軽に洗うことができ、ママやパパも大助かりです。
秋冬はもちろん、薄手のタイプなら冷房や紫外線対策として夏にも活用できますよ。1年中使えるキッズパーカーは、1着持っていて損のないアイテムです。

パーカーの種類は用途に合わせて使い分けよう

パーカーの種類は用途に合わせて使い分けよう
一口にパーカーと言っても、実はさまざまな種類があります。
そもそもパーカーとは、フードの付いたトップスの総称。もともとはイヌイットが着ていた防寒着のことで、海外では防水のフード付きジャケットのことを指しています。日本では防寒着やジャケットのみならず、フード付きの服全般をパーカーと呼んでいます
デザインや素材によっては、全く異なるシーンで着用することもあるパーカー。用途に合わせて上手に使い分けましょう。

ジップアップパーカー

ジップアップパーカー
ジップアップパーカーとは、前面にジッパーが付いており、開閉することで簡単に着たり脱いだりすることが可能なパーカーです。ジッパーを開ければ上着として、閉めればトップスとして着ることもできますよ。気温に合わせて手軽に体温調節できるため、季節を問わず着用されています
同じジッパー付きでも、首から胸元までジッパーが付いているタイプは「ハーフジップ」と呼ばれ、プルオーバータイプに分類されます。

プルオーバーパーカー

プルオーバーパーカー
前面にジッパーがなく、頭からかぶって着るパーカーをプルオーバーパーカーと言います。最近では海外での呼び名と同様に「フーディー」と呼ばれることも増えてきました。
1枚でおしゃれに決まるので、子供服で人気の高いデザインです。

パーカーワンピース

パーカーワンピース
女の子にオススメなのが、プルオーバーパーカーの裾を長くしたような形パーカーワンピースです。スウェットやフリース素材のカジュアルなものが多いため、汚れても安心。外遊びが好きな女の子にピッタリですね。下にレギンスやスキニーを合わせてもかわいく着こなせます。

キッズパーカーを選ぶときにチェックしたい3つのポイント

ざっくり着られてどんな服にも合わせられる便利なキッズパーカー。どのような点に注目して選べばいいのでしょうか。
キッズパーカーを選ぶときにチェックしたい、3つのポイントについてまとめました。

季節に合わせた素材

季節に合わせた素材
キッズパーカーは薄手のものから厚手のものまで、さまざまな素材が使用されています。それぞれ肌触りや防寒性が異なるため、季節に合わせた素材を選んであげましょう。
定番のスウェット生地は吸水性の高い綿素材でできており、汗をしっかり吸ってくれます。サラッとした肌触りで、季節を問わず着用することができますよ。
通気性抜群のメッシュ素材や吸水・吸湿性の高いワッフル生地は、春夏におすすめの素材。薄手のものなら半袖の上にも着られます。
寒い時期には保温性の高い、フリース生地やニット生地のキッズパーカーを着用しましょう。風を通さないナイロン素材は防寒性が高く、冬のアウターやアウトドア用としても適しています。
裏地がふわふわの裏起毛になっているキッズパーカーは肌に触れても冷たさを感じないので、秋冬にも気持ちよく着用することができますよ。キッズパーカーは外側の素材だけでなく、内側にも注目することが大切です。

UVカットや吸水速乾など高い機能性

UVカットや吸水速乾など高い機能性
キッズパーカーの中には、子どもやママ・パパに嬉しい便利な機能が付いた商品があります。
UVカット機能は、夏の強い紫外線から子どもを守ってくれます。薄手のタイプが多く、暑い時期でも着ることが可能です。肌が弱く、日焼け止めを塗れない敏感肌の子でも安心です。
ドライ機能は吸水速乾性のある生地を使用しており、たくさん汗をかいてもすぐに乾いて快適。洗濯した後も乾きやすいので、ママやパパも大助かりです。
アウトドアにも使えるマウンテンパーカーには、防水・撥水加工がほどこされています。突然の雨や雪にも対応できるため、歩いて通園・通学する際に役立ちますよ。

サイズ選びはパーカーのタイプによって異なる

サイズ選びはパーカーのタイプによって異なる
キッズパーカーのサイズ選びは、パーカーの形によって異なります。
1枚で着たり上着を羽織ったりするプルオーバーパーカーパーカーワンピースは、普段着ている服と同じくらいのジャストサイズを選びましょう。大きいと上着を着た際にモコモコしてしまい、動きにくくなってしまいます。
上着として着用するジップアップパーカーは、ジャストサイズか1サイズ大きいものでも問題ありません。特に冬用の厚手のパーカーは窮屈に感じやすいので、大きめサイズを選ぶのがおすすめです。季節を跨いで長く着ることができますよ。

ナイキ・アディダス・プーマなどスポーツメーカーのキッズパーカーが人気上昇中

ナイキ・アディダス・プーマなどスポーツメーカーのキッズパーカーが人気上昇中
これまではキッズパーカーを購入するとなった際、子供服ブランドで買うのが一般的でした。リーズナブルなものが欲しい場合は、ユニクロやしまむらで購入するという人も多いでしょう。しかし最近では、ナイキやアディダス・プーマなどスポーツメーカーのキッズパーカーの人気が高まっています。
スポーツメーカーのキッズパーカーは、デザインが大人っぽくスタイリッシュ。シンプルかつクールな見た目で、男の子も女の子もおしゃれに着ることができます。小学生になり、キャラクターものの服に抵抗が出てきた子にもおすすめです。
運動用に特化しているため、動きやすく汗をしっかり吸ってくれるのも嬉しいポイント。外遊びの大好きな子どもにとって、最適なパーカーであると言えるでしょう。
大人用と似たデザインなので、家族でお揃いにすることもできますよ。キッズパーカーを探す際は、スポーツメーカーもぜひチェックしてみてくださいね。

1年中使える!薄手の人気キッズパーカー8選

商品 画像 shop ポイント 価格 サイズ
devirock
無地スウェットジップパーカー
Amazon リンクサス 楽天市場 綿100%で肌触りが良く薄手で軽く着こなせるキッズパーカー。オールシーズン使用でき無地なので合わせやすい 1,998円 90~160
e-zakkamania stores
zotie BAMBINI スタンダードUVカットパーカー
Amazon リンクサス 楽天市場 着せるだけで子どもの紫外線対策ができるUVカットパーカー。シックな色合いで大人用サイズも販売しており親子でお揃いコーデが可能 2,200円 100~130
CiaoCiao Friend
スウェットパーカー
Amazon リンクサス 楽天市場 子供らしいポップな原色カラーで全19色から好みの色を選べる。引っかからないファスナーなので安心 1,790円 100~160
devirock
デビラボ プルパーカー
Amazon リンクサス 楽天市場 吸汗性が良く運動好きの子どもにピッタリのキッズパーカー。おしゃれなロゴやプリントで程よくゆるっとしたコーデが可能 1,299円 100~160
シメファブリック
キッズUVカットパーカー
Amazon リンクサス 楽天市場 軽く乾きやすい便利なUVカットキッズパーカー。羽織るだけで最大97.2%の紫外線をカット 1,580円 100~160
SweetSweet Shop
マウンテンパーカー
Amazon リンクサス 楽天市場 子ども用ながらしっかりと防寒できるマウンテンパーカー。とんがり型のフードはジッパー付きで着け外しが可能 3,498円 90~150
NIKE公式楽天市場店
シャインフリースプルオーバーパーカー
Amazon リンクサス 楽天市場 黒地に輝くナイキロゴが入ったスタイリッシュなプルオーバーパーカー。子どもが持つ天性の輝きを表現した高級感のあるデザイン 4,400円 105/110/115/120
devirock
無地スウェットパーカーワンピース
Amazon リンクサス 楽天市場 綿100%で伸縮性と吸汗性に優れた無地のスウェットパーカーワンピース。くすみカラーが大人っぽくおしゃれを楽しみたい女の子に最適 500円 80~160

1.devirock 無地スウェットジップパーカー

  • サイズ:90/100/110/120/130/140/150/160
  • 価格:1,998円
定番にして王道な、無地のキッズパーカーです。程よい厚みのスウェット生地で、1年中着回すことができますよ。袖はリブ加工されており、捲りやすいのも嬉しいポイント。トレンドのくすみカラーは、少し背伸びした大人っぽい印象にしてくれます。

2.e-zakkamania stores zotie BAMBINI スタンダードUVカットパーカー

  • サイズ:100/110/120/130
  • 価格:2,200円
ポリエステルコットン素材を使用した薄手のキッズパーカーは、夏に嬉しいUVカット機能付き。たくさん汗をかいてもすぐ乾く吸水速乾機能を備えており、暑い日の外遊びにピッタリです。同デザインで大人サイズも展開しているため、ママやパパとお揃いコーデにできますよ。

3.CiaoCiao Friend スウェットパーカー

  • サイズ:100/110/120/130/140/150/160
  • 価格:1,790円
シンプルなジップアップタイプのキッズパーカーは、どんな服にも合わせられる便利アイテム。柔らかな綿100%でできており、肌触りも抜群です。カラーバリエーションが豊富で、全19色から好きな色を選ぶことができます。ポップな原色カラーが子どもらしくてかわいい1着です。

4.devirock デビラボ プルパーカー

  • サイズ:100/110/120/130/140/150/160
  • 価格:1,299円
ジッパーのないプルオーバータイプのキッズパーカーは、カジュアルなロゴやプリントがおしゃれ。派手過ぎず地味過ぎないデザインなので、1枚でサラッと着ることができます。吸汗性が良いため、たくさん走り回って汗をかいても快適に過ごせますよ。

5.シメファブリック キッズUVカットパーカー

  • サイズ:100/110/120/130/140/150/160
  • 価格:1,580円
人気のUVカットキッズパーカーは、最大で97.2%の紫外線を遮蔽してくれます。速乾ドライ素材ですぐ乾くので、気軽に洗濯することができますよ。薄手で軽いため、小さくたたんで持ち運ぶことも可能に。元気が出そうな蛍光カラーも素敵ですね。

6.SweetSweet Shop マウンテンパーカー

  • サイズ:90/100/110/120/130/140/150
  • 価格:3,498円
アウトドア用にもタウンユースにもできるマウンテンパーカーは、防風・防雨・防水効果に優れています。裏地は綿100%で、柔らかく快適な暖かさ。先のとがった個性的なフードはジッパー付きで取り外し可能なため、パーカー禁止の保育園や小学校にも着て行けます。

7.NIKE公式楽天市場店 シャインフリースプルオーバーパーカー

  • サイズ:105/110/115/120
  • 価格:4,400円
シンプルなNIKEのロゴがクールなプルオーバーパーカーです。モノトーンのデザインはどんなボトムスとも相性が良いため、かっこよくもかわいくも着こなせますよ。ドロップショルダーのゆったりとしたシルエットは、トレンド感があっておしゃれ。

8.devirock 無地スウェットパーカーワンピース

  • サイズ:80/90/100/110/120/130/140/150/160
  • 価格:500円
無地のパーカーワンピースは、女の子が1着は持っておきたいアイテムです。1枚で着ればかわいく、レギンスやズボンを合わせればスポーティーな着こなしに。肌に優しい綿100%素材は伸縮性があり、思いっきり身体を動かすことができますよ。

マウンテンパーカーを買うならやっぱりアウトドアブランド

マウンテンパーカーを買うならやっぱりアウトドアブランド
近年、秋冬のアウターとして人気が高まっているのが、マウンテンパーカーです。アウトドア用に作られたマウンテンパーカーは保温性・耐久性に優れ、雨や風にも強い優れもの。寒い時期の外遊びにはピッタリのパーカーです。
マウンテンパーカーで大切なのは、何といっても機能性。アウトドアブランドには丈夫で高機能なキッズ用のマウンテンパーカーが豊富にあります。
王道ブランドの「ノースフェイス」は、カラフルで高機能なマウンテンパーカーが特徴的。国内最大手の「モンベル」には、防水性・撥水性に優れた商品がたくさんあります。「コロンビア」のマウンテンパーカーは、高品質でコスパ抜群。シックで大人っぽいデザインも魅力です。

普段使いとしてマウンテンパーカーを着用したい場合は、ユニクロやGUで探してみるのも良いでしょう。しまむらならよりリーズナブルに購入できるため、お試しでマウンテンパーカーを買いたい人におすすめです。

アウトドアにもタウンユースにも使える便利なマウンテンパーカー。子ども用の上着のひとつとして、購入してみてはいかがでしょうか。

パーカー禁止!?保育園や小学校によっては着て行けないことも

パーカー禁止!?保育園や小学校によっては着て行けないことも
保育園や小学校には決まった制服がなく、それぞれが好きな服を着て登園・登校することが多いですよね。しかし服装が自由な園や学校でも、パーカーの着用を禁止していることがあります。知らずに買ってしまったため、泣く泣くフードを切ったというパターンも少なくありません。
なぜ保育園や小学校では、パーカーを着てはいけないのでしょうか。パーカーが禁止される理由には、以下のものがあります。
  • フードが遊具に引っ掛かる
  • フードがドアノブに引っ掛かる
  • 子ども同士でフードを引っ張ってしまう
  • フードに付いた紐が遊具に絡まる
  • フードの中におもちゃや食べ物を入れるイタズラ
過去にはパーカーのフードが遊具やドアノブに引っ掛かり、児童の首が締まるという事故が実際に起こっています。
このような事故を起こさないために、保育園や小学校にはそれぞれ決められたルールがあります。パーカーが着て行けない場合もありますが、子どもの安全を守ることが1番大切ですよね。
ジップアップのキッズパーカーの中には、フードが取り外せるタイプの服もあります。ルールを守りつつ、子どものファッションを楽しみましょう。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

キッズパーカーはデザインがおしゃれで、子どものカジュアルスタイルには欠かせません。前にジッパーの付いたジップアップパーカーは簡単に脱ぎ着できるため、手軽に体温を調節することが可能に。UVカットや裏起毛など季節に合わせた商品を展開しているので、1年中着ることができますよ。
丈夫で動きやすいキッズパーカーは、1着は持っておきたい便利アイテムです。通園・通学用の服として、購入を検討してみてはいかがでしょうか。