【PR】

子どものマフラー10選。うさぎファーマフラーやおすすめブランド

子どものマフラー10選。うさぎファーマフラーやおすすめブランド

目次
今回はキッズ・子ども向けのおすすめマフラーを紹介します。冬支度にお悩みのパパ・ママはぜひチェックしてみてください。
記事の中ではマフラー選びのポイントや、使用時の注意点などもまとめています。通園や通学用に準備をお考えの方も必見です。
ベビーマタニティ通販LINXAS

寒い冬は子ども用マフラーできちんと防寒しよう

マフラーを巻くだけで体感温度が上がる

マフラーを巻くだけで体感温度が上がる
マフラーは言わずと知れた冬の防寒グッズの一つです。実は大人用だけでなく子ども向けの商品も多く、特にキッズブランドなどから多く展開されています
マフラーは素材や巻き方にもよりますが、巻くだけで体感温度を3〜4℃ほど上昇させるとも言われています。なぜなら人の身体には太い動脈があるので、ここを温めることにより身体が温まるように感じるからです。
また首周辺には副交感神経も通っています。ホットタオルなどで首を温めると、血管が開きリラックスできたように感じた方もいらっしゃることでしょう。マフラーも同じで首元を温めてくれるため、寒さを防ぎ身体の不調を防いでくれる場合があります
気温が一桁の日や雪・雨で寒い日、風が強い日などは、寒さ対策のために積極的にマフラーを取り入れていきましょう。特に通学・通園などで寒い日でも外出しなければならないシーンにおすすめです。

体温調節が苦手なお子様にもピッタリ

体温調節が苦手なお子様にもピッタリ
マフラー以外にも、防寒グッズは色々あります。ニットを着込んだり、アウターを厚手のものにしたりとさまざまな工夫で寒さ対策ができます。
しかし子どもは“風の子”と言われるように動きが活発で、大人よりも一気に体温が上昇しやすい場合があります。初めは寒いと思って厚着をさせていても、室内に移動したり、動いたりしている間に暑くなり、冬なのに汗をかいてしまうというケースもゼロではありません。
その点簡単に着脱できるマフラーなら、子どもでもスムーズに体温調節ができます。「朝晩の寒い時間帯だけ着用する」といったように柔軟な使い方ができるので、持っておいて損のないアイテムだと言えるでしょう。

おしゃれアイテムとしてもおすすめ

おしゃれアイテムとしてもおすすめ
マフラーはおしゃれアイテムとしても人気を集めています。大人の方でもスヌーズやストールといったアイテムでコーディネートを組む方がいるかと思いますが、子どものマフラーの場合も同じです。
ニットばかりを重ね着させるのではなくマフラーなどの小物を使うことで、着膨れしてしまうのを防ぐこともできます。また柄や色、モチーフなど子どもが喜ぶものを選んであげれば、冬のお出かけを楽しむきっかけにもなるでしょう。

子ども用マフラーの選び方!長さや形のおすすめは?

まずは見た目が気にいるものを選ぼう

まずは見た目が気にいるものを選ぼう
冬の間ずっと使うマフラーは、やはり見た目が気にいる物を選ぶべきです。色や柄など、子どもが喜ぶデザインを選んであげましょう。
またお持ちの服に合わせやすいものを選ぶと活躍の場が増えやすいです。

ティペットやネックウォーマーなど落ちにくい形がおすすめ

ティペットやネックウォーマーなど落ちにくい形がおすすめ
マフラーはどうしても着用していると、ずれてきてしまう、落ちてきてしまうことがあります。動きの活発な子どもが着用するなら、「ティペット型」などズレにくい形状のものがおすすめです。
ティペット型はつけ襟のようなデザインで、片方の穴にもう片方の先端を通すだけで簡単に着用できます。小さな子どもでも自分でつけることができるので、通園時にも使いやすいです。
また筒状のデザインで、スポッとかぶるだけのネックウォーマーも人気です。ネックウォーマーはコンパクトなものが多いので、アウターと干渉しづらく着膨れしにくいです。

お子様にあった長さのものを探そう

お子様にあった長さのものを探そう
マフラーは大人用のものではなく、キッズサイズを選んであげましょう。大人用のマフラーだと長すぎて邪魔になってしましまったり、どこかにひっかけて思わぬ事故に繋がったりする可能性があるためです。
マフラーなら115〜130cm程度のものが良いでしょう。身長±10cm程度が使いやすい長さの目安になります。
ティペットタイプを選ぶ場合は、全長65〜75cm程度が目安になります。穴に差し込むだけでつけられるので、通常のマフラーよりもさらに短くてOKです。

チクチクしないか素材を確かめておこう

チクチクしないか素材を確かめておこう
直接首に触れるマフラーは、素材選びも重要です。肌が弱いお子様には、チクチクしにくいものをチョイスしてあげましょう。
例えばボアやファー素材のマフラーは、なめらかでチクチクしにくいものが多いです。フリースは軽量で保温性に優れていて、さらに洗濯が楽なので清潔感を保ちやすいです。
中綿やダウン入りのナイロンマフラーも、チクチク感が少ないので人気があります。通常の毛糸で編まれたマフラーの場合は、糸が細いローゲージタイプの方がゴワゴワしにくいです。

お手入れのしやすさも忘れずに確かめよう

お手入れのしやすさも忘れずに確かめよう
活発に動く子どもは、冬でも汗をかくことが多いです。マフラーも汚れやすいので、できれば丸洗いできる素材などお手入れしやすいものがおすすめです。

子ども用マフラーのおすすめ商品10選

商品 画像 shop ポイント 価格 タイプ 素材
PLUSiiNE
ベビーキッズネックウォーマー
Amazon リンクサス 楽天市場 コンパクトで着脱しやすいボア素材のネックウォーマー。軽量でベビー期〜キッズ期まで長く使える。洗濯も可能。 1,000円 ネックウォーマー ボア(ポリエステル100%)
COCOLOOQ
もこもこ帽子
Amazon リンクサス 楽天市場 帽子とティペットが一体型になったアイテム。動物の耳付きで見た目もキュート。2層構造で暖かい。 1,550円 ティペット ボア(ポリエステル100%)
ラベリー
ファーティペット
Amazon リンクサス 楽天市場 長めの毛足でリッチな印象のファーティペット。淡めカラーは特に女の子人気が高い。ポンポン付き。 890円 ティペット フェイクファー(ポリエステル100%)
BEAMS
キッズ リバーシブルコージーネックゲイター
Amazon リンクサス 楽天市場 中綿入りのネックウォーマーで、スナップボタンで簡単に留められる。布帛面とフリース面のリバーシブル。 4,950円 ネックウォーマー 布帛側:ナイロン100%/裏面:フリース(ポリエステル100%)/中綿:ポリエステル100%
NARUMIYA ONLINE
kladskap 電車ワッペンマフラー
Amazon リンクサス 楽天市場 電車のワッペンがポイントになったティペット型のマフラー。表面ニット、裏面ボアで暖かさも抜群。 5,390円 ティペット 表側:ニット(アクリル100%)/裏側:ボア(ポリエステル100%)
HOBBYONE
ふわふわキッズマフラー
Amazon リンクサス 楽天市場 全13色展開で好きな色を探しやすい。リブタイプのマフラーでアレンジも多彩。高学年など成長後にも使える。 1,000円 マフラー ニット(アクリル100%)
ミキハウス
ベアマフラー
Amazon リンクサス 楽天市場 くまのモチーフがついた、ミキハウスらしいデザイン。ウール混のニットで保温性が高い。ティペット型で装着も容易。 12,100円 ティペット ニット(ウール60%、アクリル40%)
SHIPS
フェイクファー マフラー
Amazon リンクサス 楽天市場 ふわふわボリュームで暖かなムードを演出できるファーティペット。シンプル寄りのデザインなので通園・通学にも。 3,960円 ティペット フェイクファー(ポリエステル100%)
帽子屋 Kstyle
ベロア風ニットキッズマフラー
Amazon リンクサス 楽天市場 ベロア風ニットが表面になったマフラーで、裏側はふわふわボア素材。ネームタグや洗濯表示が本体にないのが◎ 1,760円 ティペット 表側:ニット(ポリエステル100%)/裏側:ボア(ポリエステル100%)
Evababy
へんしん2WAYニット帽
Amazon リンクサス 楽天市場 ニット帽とティペットの2WAYタイプ。ポンポン付きでコーデのアクセントにもおすすめ。 1,850円 ティペット(ニット帽) ニット(アクリル100%)

1.PLUSiiNE ベビーキッズネックウォーマー

  • タイプ:ネックウォーマー
  • 素材:ボア(ポリエステル100%)
  • サイズ:23×19cm(平置き)
  • カラー:全7色
  • 価格:1,000円(税込)
かぶるだけで簡単に着用できる、ボア素材のふわふわネックウォーマーです。軽量でコンパクトなので、キッズはもちろんベビー時期から使うことができます。
30℃以下の低温であれば洗濯もできるので、清潔さを保ちやすいです。

2.COCOLOOQ もこもこ帽子

  • タイプ:フード付きティペット
  • 素材:ボア(ポリエステル100%)
  • サイズ:Sサイズ 24×21×42cm/Mサイズ 29×21.5×44cm
  • カラー:全4色
  • 価格:1,550円(税込)
動物モチーフのキュートなボア素材ティペットです。帽子が一体型になっているので、首と頭を同時に防寒できます。見た目がとても可愛らしいので写真映えもしやすく、お出かけシーンに特に人気です。
素材は2層構造で熱をキープしやすく、保温性に優れています。Sサイズは生後6ヶ月〜2歳ごろまでのベビー向け、Mサイズは2歳〜4歳ごろまでのキッズ向けとなっています。

3.ラベリー ファーティペット

  • タイプ:ティペット
  • 素材:フェイクファー(ポリエステル100%)
  • サイズ:57×10cm
  • カラー:全5色
  • 価格:1,280円(税込)
コーデに上質な雰囲気をプラスしてくれる、フェイクファーのティペットです。片側にポンポンが付いているデザインで、シンプルながらもキュートな存在感を発揮してくれます。
なめらかな表面でチクチク素材が苦手な子にもおすすめしやすいです。淡めカラーの5色展開で、特に女の子に人気です。

4.BEAMS キッズ リバーシブルコージーネックゲイター

  • タイプ:ネックウォーマー
  • 素材:布帛側 ナイロン100%/裏面 フリース(ポリエステル100%)/中綿 ポリエステル100%
  • サイズ:54.2×14.8cm
  • カラー:全3色
  • 価格:4,950円(税込)
布帛面、フリース面をリバーシブルで使えるネックゲイターです。スナップボタンで留めるだけの簡単な着脱方法で、スムーズに使うことができます。
中綿入りで暖かく、コンパクトであるため邪魔になりにくいです。布帛面は多少の雨などを弾く撥水加工なので、お出かけやアウトドアシーンにもおすすめです。

5.NARUMIYA ONLINE kladskap 電車ワッペンマフラー

  • タイプ:ティペット
  • 素材:表側 ニット(アクリル100%)/裏側 ボア(ポリエステル100%)
  • サイズ:84.5×10cm
  • カラー:全2色
  • 価格:5,390円(税込)
全長84.5cmのキッズ向けマフラーです。ブランドタグにマフラーの先端を通せるようになっていて、ティペットのように簡単につけることができます。
ニット面、ボア面のリバーシブルで、その日の気分に合わせて使うことができます。ニット面にはワンポイントの電車ワッペンが付いていてとても可愛いです。

6.HOBBYONE ふわふわキッズマフラー

  • タイプ:マフラー
  • 素材:ニット(アクリル100%)
  • サイズ:112×8cm
  • カラー:全13色
  • 価格:1,000円(税込)
約112cmの長さがあるマフラーで、高学年など成長後も使いやすいサイズ感です。リブ編みのシンプルなマフラーなので、飽きずに長く使うことができます。
全13色の展開があるので、お気に入りを探しやすいです。レッドなど華やかなカラーもあるので、コーデの差し色にもぴったりです。

7.ミキハウス ベアマフラー

  • タイプ:ティペット
  • 素材:ニット(ウール60%、アクリル40%)
  • サイズ:65×7cm
  • カラー:全1色
  • 価格:12,100円(税込)
クマのモチーフに大きなぽんぽんと、一目見て惚れてしまうようなキュートなデザインのマフラーです。高級ブランドとして名高いミキハウスの商品は、ギフトなどにもおすすめです。
裏面にマフラーを通せる穴のあるティペット仕様で、ずれにくく着用がしやすいです。ウール入り素材で暖かさも申し分なしです。

8.SHIPS フェイクファー マフラー

  • タイプ:ティペット
  • 素材:フェイクファー(ポリエステル100%)
  • サイズ:30×24cm
  • カラー:全3色
  • 価格:3,960円(税込)
ふわふわ素材のファーティペットで、ボリュームがあるので見た目から暖かな印象をアピールできます。無地・チェック柄の複数のタイプがあるので、子どもの性別や好みに合わせて選びやすいです。
派手すぎないデザインなので通学シーンにもおすすめです。

9.帽子屋 Kstyle ベロア風ニットキッズマフラー

  • タイプ:ティペット
  • 素材:表側 ニット(ポリエステル100%)/裏側 ボア(ポリエステル100%)
  • サイズ:76×11cm
  • カラー:全5色
  • 価格:1,760円(税込)
リッチな印象のベロア風ニットに、裏側がボア素材になった暖かなティペットです。コンパクトな設計で、使わない時もカバンにしまいやすいです。
ネームタグや洗濯表示などがマフラー本体に書かれていないので、合わせやすくチクチクもしにくいです。リバーシブルでの着用も可能です。

10.Evababy へんしん2WAYニット帽

  • タイプ:ティペット(ニット帽)
  • 素材:ニット(アクリル100%)
  • カラー:全2色
  • 価格:1,850円(税込)
ニット帽とティペットの2WAYで使える、とても面白い商品です。キュートなポンポン付きで、コーデでの存在感も抜群です。
マフラーとして使わないときはニット帽にもなるので、飽きずに長く使えること間違いなしです。伸縮性もあり、着脱も容易です。

子ども用マフラーにデメリットはある?使用時の注意点

子ども用マフラーにデメリットはある?使用時の注意点
マフラーは使用時に注意すべき点もあります。以下の点に気をつけながら、正しく安全に使うことを心がけてください。

自転車や遊具使用時には装着しない

長さのあるマフラーは、何かにひっかけて巻き込み事故につながる場合があります。特に自転車に乗る際は、危険なので外しておくようにしましょう。どうしても自転車に乗る必要があり首を防寒したい場合は、巻き込み事故につながらないネックウォーマーを選んだり、タートルネックの服を着用したりと工夫しましょう。
また自転車使用時のほか、遊具で遊ぶ場合や子ども同士で遊ぶ場合もマフラーを外すようにしましょう。ひっかけたり引っ張ったりというリスクを減らすことができます。

肌トラブルが現れた時は使用を中止する

マフラーの中にはチクチクする素材もあります。かゆみが出てしまった場合は、肌にあってないということなので使用を中止しましょう。
湿疹やかぶれなどがひどい場合は、そのままにせず皮膚科などにきちんと相談してみてください

紛失してくることもあるので気をつけよう

マフラーは簡単に着脱できるぶん、無くしやすいというデメリットもあります。園や学校に忘れてきたり、公園で外したままおいてきてしまったりということも大いにあり得ます。
紛失時の対策としては、きちんと記名をすること、そしてあまりに高価なものを選ばないことを心がけておきましょう。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

真冬のお出かけにあると便利なマフラー。近年は子ども向けのマフラーにもおしゃれなデザインがたくさん登場しているので、ぜひチェックしてみてください。
首周りが防寒できれば、体感温度が上がり寒い冬でも過ごしやすくなります。ティペットなど着け外しのしやすいマフラーは、通園や通学シーンにもおすすめです。