【PR】

子供用スイミングキャップ。日よけつば付き紐付等おしゃれキッズ水泳帽

子供用スイミングキャップ。日よけつば付き紐付等おしゃれキッズ水泳帽8選

目次
プールに入るときに必要なものと言えば、水着とスイミングキャップですよね。学校の授業やスイミングスクールでは必須のアイテムですが、夏休みに遊びに行くレジャープールではかぶらなくていいこともあります。
子どものスイミングキャップは、どこでならかぶる必要があるのでしょうか。また、同じように見えるスイミングキャップには、どんな違いがあるのでしょうか。
今回は、スイミングキャップの必要性や選び方、おすすめのキッズ用スイミングキャップを紹介していきます。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

子どもにスイミングキャップはなぜ必要?衛生面の問題や日よけとしても

子どもにスイミングキャップはなぜ必要?衛生面の問題や日よけとしても
子どもがプールで泳ぐ際、スイミングキャップの中に髪の毛をしまうよう指示されますよね。しかし小さい子どもは自分で上手にかぶることができず、締め付け感を嫌がってしまうこともあります。ではなぜ子どもにスイミングキャップが必要なのでしょうか。

まず一つは、髪の毛がプールに抜け落ちるのを防ぐためです。プール内に大量の髪の毛が漂っていては、衛生的ではありませんよね。抜けた髪の毛により、排水溝やろ過装置が詰まってしまうのを防ぐ目的もあります。
もう一つは、髪の毛を守るためです。プールには消毒用の塩素が含まれており、髪のきしみやパサつきの原因になります。シリコン製など水を通しにくい素材でできたスイミングキャップなら、塩素による髪のダメージを軽減することが可能に。また、髪の毛が排水溝に吸い込まれる事故を防止することもできます。

子ども用のスイミングキャップの中にはつばが付いていたり、首の後ろを覆うフラップが付いていたりするものがあります。これらは夏の強い日差しから、子どもを守る日よけとして機能する優れものです。屋外のプールはもちろん、外遊びや海水浴でも活躍しますよ。

キッズ用スイミングキャップは、子どもの安全を守るために必要なものです。プールに行く際は必ず用意するようにしましょう。

保育園や学校だけじゃない!スイミングキャップが必要になる場所

保育園や学校だけじゃない!スイミングキャップが必要になる場所
幼稚園や保育園にプールがある場合、スイミングキャップを準備するよう連絡がありますよね。小学校では学年ごとに、決まった色のスイミングキャップを購入することも。
しかし、夏休みに遊びに行くレジャープールでは、スイミングキャップをかぶっている人はほとんどいません
スイミングキャップは一体どこで必要になるのでしょうか。

幼稚園・保育園

幼稚園・保育園
幼稚園や保育園ではそこまでしっかり泳ぐことはないですが、スイミングキャップが必要になります。基本的にデザインは自由なので、お友達のものと間違えないような色や柄のスイミングキャップを選んであげましょう。
スイミングキャップには記名が必須になるため、ネームタグ名前欄のあるタイプがおすすめです。

小学校

小学校
小学校のプールの授業と言えば、色とりどりのスイミングキャップですよね。学年やクラスごとに色が決められていることが多いため、購入する前に確認しておきましょう。
基本的に無地のメッシュタイプで、前面に名前欄があるものが定番です。

市民プール

市民プール
市民プールなどの公営プールの場合、子どもだけでなく大人もスイミングキャップが必要になります。うっかり忘れてしまうとプールに入れなくなってしまうため、必ず持っていきましょう。
ただし、市民プールでも屋外にある場合は、スイミングキャップの着用が義務付けられていません。 市民プールごとのルールを事前に確認しておくのが大切です。

レジャープール

レジャープール
「東京サマーランド」や「よみうりランド」などのレジャープールは、スイミングキャップがいらない場合がほとんどです。屋内プールがメインの「スパリゾートハワイアンズ」などでも、スイミングキャップの着用義務はありません。
長時間屋外のプールで遊ぶ際は、日焼けや熱中症対策に日よけ目的の帽子があると良いですね。
レジャープールでもホテルの中にある場合、ルールはホテルごとにさまざま。スイミングキャップが必要かどうか、事前に問い合わせておくと安心ですよ。

かぶりやすさや使用感に注目!キッズ用スイミングキャップの選び方

かぶりやすさや使用感に注目!キッズ用スイミングキャップの選び方
キッズ用のスイミングキャップはどれも同じだと思っていませんか?実は商品によって、かぶりやすさや使用感が大きく異なります
キッズ用スイミングキャップを選ぶ際に注目したいポイントについてまとめました。

素材ごとの特徴をチェック

素材ごとの特徴をチェック
キッズ用のスイミングキャップは、素材によって3種類に分類されます。それぞれ通気性やかぶりやすさが異なるため、素材ごとの特徴をしっかりとチェックしておきましょう。

リーズナブルで通気性の良いメッシュ

リーズナブルで通気性の良いメッシュ
小学校の水泳帽として広く使用されているのが、メッシュ素材のスイミングキャップです。
通気性が良く、長時間かぶっていても頭が蒸れにくいというメリットがあります。非常にリーズナブルで、100均でも購入することができます。

伸縮性に優れたテキスタイル

伸縮性に優れたテキスタイル
水着と同じ素材で作られたものがテキスタイルキャップです。
伸縮性に優れており、子どもでも簡単にかぶることができます。締め付け感が少ないので、年齢の低い子どもも嫌がりにくいですよ。おしゃれな色や柄が豊富にあるのも嬉しいポイント。

水の抵抗が少ないシリコン

水の抵抗が少ないシリコン
本格的に水泳を始めた子どもには、水の抵抗が少ないシリコンタイプがおすすめ。
頭にしっかりフィットし、スムーズに泳ぐことができますよ。シリコンは水を通さないため、塩素で髪が傷むのを防ぐ効果もあります。

屋外プールなら日よけ付きがおすすめ

屋外プールなら日よけ付きがおすすめ
プールで遊んでいるときに注意したいのが、熱中症です。水中にいるから安心かと思いきや、体は意外と汗をかいたり体温が上昇したりするもの。プールで泳いでいる間も、熱中症になる可能性があります。
屋外プールでの強い日差しを避けるためには、つばやフラップなど日よけの付いたスイミングキャップがおすすめ。直射日光による日焼けや体温の上昇を防ぐことができます。水中に潜ることはできませんが、海水浴や夏の外遊びなどマルチに使い回せますよ。

サイズは少し大きめだとかぶりやすい

サイズは少し大きめだとかぶりやすい
スイミングキャップのサイズは、頭囲で決まります。おでこから耳の上、後頭部の出っ張っている部分を通って一周測った長さが頭囲です。
スイミングキャップは小さすぎると締め付けられて痛くなってしまいますが、大きすぎると泳いでいる間に脱げてしまいます。子どもの頭囲に合ったサイズを選びましょう。
年齢ごとのサイズの目安がこちらです。
0歳~1歳 1歳~1歳半 1歳半~2歳 2歳~4歳 4歳~6歳 6歳~10歳
44~46cm 46~48cm 48~50cm 50~52cm 52~54cm 54cm以上
また、スイミングキャップは髪の長さや量によってもかぶりやすさが変わります。ジャストサイズよりもやや大きめのものを選ぶとスムーズにかぶることができますよ。

キッズ用のスイミングキャップはどこで買える?

キッズ用のスイミングキャップはどこで買える?
スイミングキャップを購入する場所として定番なのがイオンです。しかしいざスイミングキャップを買いに行ったら、売り切れだったということもありますよね。
キッズ用のスイミングキャップは、イオン以外にどこで購入できるのでしょうか。

スイミングスクール用など本格的に水泳をしたい子には、スポーツ用品店のスイミングキャップが良いでしょう。ナイキやスピードなどスポーツブランドのスイミングキャップは、伸縮性に優れかぶり心地抜群です。

幼稚園・保育園児やレジャー用にスイミングキャップを買うのであれば、子供服ブランドもおすすめ。「キッズフォーレ」や「OCEAN&GROUND」のスイミングキャップは、おしゃれでかわいいと高い人気を得ています。

売り切れを気にしたくないという人は、楽天市場やAmazonなどネットショップをチェックしてみましょう。種類や在庫が豊富にあるうえ、シーズン以外でも買うことができます。
お気に入りのスイミングキャップを探してみてくださいね。

早くプールに行きたくなる!おしゃれな子どものスイミングキャップ8選

商品 画像 shop ポイント 価格 サイズ
ベビースイミング水着RITOCA
調節スイムキャップ
Amazon リンクサス 楽天市場 プールだけでなくレジャーでも活躍できる水陸両用のスイミングキャップ。UVカット素材で紫外線から子どもを守る 2,750円 42~52cm
おむつポーチとスイマーバの通販ショップ美人家
フットマーク スイミングキャップ ダッシュ
Amazon リンクサス 楽天市場 全20色から選べるシンプルなメッシュタイプの水泳帽。サイズバリエーションが豊富で子どもにピッタリあったサイズが選べる 990円 S 48~52cm
M 50~55cm
L 54~59cm
LL 58~63cm
eieian楽天市場店
キッズ用スイムキャップ
Amazon リンクサス 楽天市場 男の子から女の子まで27種類から好きなデザインを選ぶことが可能。伸縮性に優れピッタリフィットするテキスタイルタイプ。 680円 H15cm:W21cm
美人家
フットマーク 水泳帽 アニマル
Amazon リンクサス 楽天市場 立体的なデザインのかわいい動物がついたキッズ用の水泳帽。人の多いプールでも見つけやすい目立つデザイン 2,200円 幼児フリー 48~52cm
L 54~59cm
オレンジマミー
Newデザインアクアハット
Amazon リンクサス 楽天市場 大きなつばとフラップが付いていて強い日差しからしっかり守ってくれる。お洒落なデザインは男の子用と女の子用から選べる 1,999円 約48~56cm
alla polacca
Gelato ガールズスイムキャップ
Amazon リンクサス 楽天市場 ファンシーでかわいい女の子用のスイミングキャップ。同じデザインの水着とセットで揃えたいお洒落なデザイン 900円 52~56cm
ZOOLAND
スイムキャップ
Amazon リンクサス 楽天市場 男の子が好きそうな恐竜や動物がプリントされたキッズ用の水泳帽。UV加工が施され紫外線の遮蔽率は95%以上 990円 S 約46~50cm
M 約52~56cm
YATABEカンパニー
ネーム型スイムキャップ メッシュ
Amazon リンクサス 楽天市場 大きな名前欄が付いていて油性マジックで直接名前を書くことが可能。無地でシンプルなデザインなので学校などで使いやすい 750円 M 45~55cm
L 56~63cm

1.ベビースイミング水着RITOCA 調節スイムキャップ

  • サイズ:42~52cm
  • 価格:2,750円
RITOCAの日よけ付きスイミングキャップは、嬉しい水陸両用タイプ。UV遮断率99%の紫外線防止素材を使用しており、プールだけでなく外遊びでも活躍します。ゴム紐でサイズを調節できるため、長く使い続けることが可能です。

2. おむつポーチとスイマーバの通販ショップ美人家 フットマーク スイミングキャップ ダッシュ

  • サイズ:S 48~52cm/M 50~55cm/L 54~59cm/LL 58~63cm
  • 価格:990円
シンプルな無地のスイミングキャップを探している人におすすめの商品です。カラーバリエーションは全20色もあるため、小学校で色の指定があっても安心。豊富な4サイズ展開も嬉しいポイントです。

3.eieian楽天市場店 キッズ用スイムキャップ

  • サイズ:H15cm:W21cm
  • 価格:680円
伸縮性に優れたテキスタイルタイプのスイミングキャップは、かぶりやすく小さい子どもにピッタリ。デザインは27種類から選べるため、女の子も男の子もお気に入りの色や柄が見つかりますよ。お財布にも優しく、コスパ抜群です。

4. おむつポーチとスイマーバの通販ショップ美人家 フットマーク 水泳帽 アニマル

  • サイズ:幼児フリー 48~52cm/L 54~59cm
  • 価格:2,200円
個性的なスイミングキャップを探している人には、かわいい動物の顔が付いたデザインがおすすめです。耳の部分は立体的になっており、子どもが喜ぶこと間違いなし。目立つデザインなので、人の多いレジャープールでも見失う心配がなくなりますよ。

5.オレンジマミー Newデザインアクアハット

  • サイズ:約48~56cm
  • 価格:1,999円
つばとフラップの付いたスイミングキャップは、日よけ効果が抜群。生地はUPF50+で、しっかり紫外線を防いでくれます。あご紐が付いているため、風の強い日でも飛ばされることなくかぶっていられますよ。

6.alla polacca Gelato ガールズスイムキャップ

  • サイズ:52~56cm
  • 価格:900円
リボンやフリルなど、かわいいものをふんだんに詰め込んだスイミングキャップです。色は女の子に人気の高いパステルカラーで、プールがますます楽しみになりますね。口コミでは水着とお揃いで購入している人も多く見られました。

7.ZOOLAND スイムキャップ

  • サイズ:S 約46~50cm/M 約52~56cm
  • 価格:990円
夏らしい明るいカラーリングが目を引く、男の子向けのスイミングキャップです。動物や恐竜・昆虫など、子どもが喜ぶプリントデザインになっています。UVカット効果もバッチリで、頭皮が日焼けするのを防いでくれます。

8.YATABEカンパニー ネーム型スイムキャップ メッシュ

  • サイズ:M 45~55cm/L 56~63cm
  • 価格:750円
ママやパパに嬉しい、名前欄のあるメッシュタイプのスイミングキャップです。前面に白い布地が付いているため、直接名前が書き込めて非常に便利。値段もリーズナブルなので、学年ごとに違う色を買う場合でも安心ですね。

ベビースイミングでもスイミングキャップは必要?

ベビースイミングでもスイミングキャップは必要?
赤ちゃんがママやパパと一緒にプールに入り、水中での遊びや運動を楽しむベビースイミング。赤ちゃんは1人で泳いだり潜ったりできないので、ベビースイミングでスイミングキャップは必要ないというイメージがありますよね。しかし最近では、多くのスクールでスイミングキャップの着用が義務化されています。
しかし赤ちゃんは刺激に敏感なので、スイミングキャップの締め付けがきついとかぶってくれなくなってしまいます。とはいえ大きすぎると水中で脱げてしまうため、ジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。0歳代の赤ちゃんなら、44~48cmくらいのサイズが目安です。素材は伸縮性に優れたテキスタイルタイプがおすすめ。
デザインはスクールごとに指定されていたり、自分で好きなものを用意したりする場合があります。特に指定されていないのであれば、赤ちゃんと一緒に選んでみるのも良いでしょう。お気に入りのスイミングキャップがあれば、ベビースイミングに行くのがより一層楽しみになりますよ。

スイミングキャップだけじゃない!あると便利な水泳グッズ

スイミングキャップだけじゃない!あると便利な水泳グッズ
スイミングキャップと水着はプールの必需品。幼稚園や保育園、小学校の授業だけでなく、プールに遊びに行く際にも必ず用意しますよね。
水着やスイミングキャップ以外にも、以下のようなグッズがあると便利ですよ。
  • ラッシュガード
  • ビーチサンダル
  • ラップタオル
  • ゴーグル
ラッシュガードは「着る日焼け止め」とも呼ばれており、プール中の紫外線対策として非常に有効なアイテムです。教室や更衣室からプールまで移動するときに、体が冷えるのを防ぐ効果もありますよ。 また、ビーチサンダルも移動の際に必要になるグッズです。 炎天下ではプールまでの通路やプールサイドが熱くなっている可能性が高いため、ビーチサンダルで足を守ってあげましょう。

子どもの着替えで大活躍するのが、体に巻き付けるラップタオルです。体がすっぽり隠れるうえ、両手が使えてお着替えも楽ちん。1人で体を拭けない年齢の子どもでも、簡単に体の水分を吸い取ることができます。

長時間水中に潜れるようになったら、ゴーグルを買ってあげましょう。塩素から子どもの目を守ることができます。水中が良く見えるようになるため、泳ぐのがより楽しくなりますよ。

便利な水泳グッズを揃えて、楽しいプール時間を過ごしましょう。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

まとめ
キッズ用のスイミングキャップは髪の毛がプールに落ちるのを防ぐだけでなく、熱中症や思わぬ事故から子どもを守ってくれます。頭のサイズに合ったものを被ることで、プールをより安全に、快適に楽しむことができますよ。
子どもが喜ぶかわいいデザインのスイミングキャップを探して、プールに出かけましょう。