【PR】

新生児おしりふき。パンパース等、値段や口コミからのおすすめ10選

新生児おしりふき。パンパース等、値段や口コミからのおすすめ10選

目次
おしりふきは、赤ちゃんのいる家庭ではなくてはならない必須アイテムです。新生児からおむつ替えをするときに毎回使用するため、使用頻度はかなり高いアイテムとなるでしょう。
おしりふきには厚手・薄手タイプや素材など種類も多くあるため、なにを基準に選べばよいのかと悩んでしまうママ・パパさんもいることでしょう。
そこで今回は、おすすめのおしりふきについて解説していきます。
また、おむつ替えが初めての初心者ママ・パパさんに、おしりふきを使用する際に注意すべき点についてもご紹介していきます。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

種類によっては手・口にも使える

種類によっては手・口にも使える
おしりふきは成分の違いや素材の違いなどさまざまですが、種類によっては口元を拭くことができるタイプもあります
またおしりふきには不織布、手口拭きにはメッシュガーゼ生地など素材が異なるため、使用箇所で使い分けるのもよいでしょう。
おしりふきを口元の汚れを落とすために使用するならば、デリケートな部分のためしっかりと成分表など表記されているものを確認しましょう。

新生児のおしりふきの選び方

新生児のおしりふきの選び方
おしりふきは新生児から使用する機会が多くあるため、出産準備として用意しておくのがよいでしょう。
注目して選ぶべきポイントについてご紹介していきますので、購入の際はぜひ参考にしてくださいね。

ウンチを拭き取るには厚手で大きめのサイズがおすすめ

ウンチを拭き取るには厚手で大きめのサイズがおすすめ
新生児の間はウンチがゆるく、おしり全体が汚れてしまっていることでしょう。全体の汚れを落とすのには、厚手で大判タイプのおしりふきが拭きやすいです
離乳食を開始してミルクの数が減ってくるとウンチもまとまったものに変わるため、薄手のおしりふきを2~3枚使用することで、綺麗にふき取ることができるようになります。
ウンチの状態に合わせて、おしりふきを厚手か薄手にするかを選んでいくのもよいのではないでしょうか。

見落としがちな成分や水分量にも注目!

見落としがちな成分や水分量にも注目!
おしりふきの成分はただの水だけでないため、成分にも注目してみましょう。
まず、おしりの汚れをしっかりと落とすためにも水分量が99%などの「たっぷり」と表記されているものがよいでしょう。水分が多いため、拭いた後のおしりをしっかりと乾かしてあげる必要はありますが、ゆるいウンチでも拭き取りやすいです。
また、肌に優しいアルコール不使用の無添加のタイプや保湿成分配合のおしりふきもあるため、乾燥が気になる方は成分にも注目して選ぶようにしましょう。

拭き取りやすさ・肌触りなど素材から選ぶ

拭き取りやすさ・肌触りなど素材から選ぶ
おしりふきには合成繊維と、天然素材で作られたものの大きく分けて2種類があります。
合成繊維にはレーヨンなどがあり、凸凹とした構造や水分を多く含んでいる特徴があります。汚れの拭き取りやすさならば、合成繊維のおしりふきがよいでしょう。
一方天然素材には、ベビー服でもよく使用されているコットンなどの素材があります。
吸収性がよく、肌に優しいコットン素材は新生児の敏感な肌にも合っているためおすすめです。
出産祝いなどのプレゼント用としても特別感があり、よいのではないでしょうか。

トイレトレーニングでは流せるタイプが大活躍!

トイレトレーニングでは流せるタイプが大活躍!
保育園に通うようになり、トイレトレーニングを始めた際には流せるタイプのおしりふきもおすすめです。子どもが自分でも拭きやすく、そのままトイレへ流すことができるため便利です。
また、外出先での赤ちゃんのおむつ交換時もトイレに流すことができれば、ゴミを減らすことができますね。

袋入りやケース付きなど使用するシチュエーションで使い分けよう

袋入りやケース付きなど使用するシチュエーションで使い分けよう
おしりふきには、袋入りやケース付きのものがあります。持ち運びに便利なのは袋入りのタイプで、シール付きのフタを付けることによっておしりふきの乾燥を防ぐこともできます。外出用の、おむつバッグに入れておくのもよいでしょう。
ケースタイプは片手で簡単に出すことができるため、自宅用として1個あると便利でしょう。全てを使い切ってしまっても、袋タイプを入れ替えるだけで長く使用できます。
袋タイプは詰替え用として多く販売されているため、ケースのおしりふきと合わせて購入しておけば育児を快適にしてくれますね。

おしりふきは使用頻度が高いためコストパフォーマンスも大切

おしりふきは使用頻度が高いためコストパフォーマンスも大切
おしりふきは、おむつ交換の度に使用することとなるでしょう。赤ちゃんはウンチとおしっこを合わせると、1日に10回以上おむつを替えることもあります。
種類にもよりますが、1回のおむつ交換で2~3枚のおしりふきを使用することとなります。
消費するスピードが早いため、近所で購入しやすい手ごろな価格のものを選んだり、まとめて購入しておくのもよいでしょう。

厚手・薄手タイプ別のメリットとデメリット

厚手・薄手タイプ別のメリットとデメリット 厚手薄手タイプの、メリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。

【厚手タイプ】

メリット
  • 1枚でウンチを綺麗にふき取れる
  • 拭きやすい
  • 手がウンチでよごれにくい
デメリット
  • コストパフォーマンスが悪い
  • おしっこの場合は持て余してしまう
  • 1パックの数量が少ない

【薄手タイプ】

メリット
  • コストパフォーマンスがよい
  • 持ち運びが便利
  • 必要な枚数を重ねて気兼ねなく使用できる
デメリット
  • ウンチのときには何枚も使用してしまう
  • 肌触りが悪い種類もある
  • 手が汚れやすい
  • 重なって何枚か出てきてしまうこともある
どちらのタイプにもメリットとデメリットがあるため、しっかりと把握したうえでシーンに合わせて上手に使い分けていくのがよいでしょう。

初心者ママ・パパさん必見!おしりふきを新生児に使用する際の注意点

初心者ママ・パパさん必見!おしりふきを新生児に使用する際の注意点
新生児はとくに肌が弱いため、おむつ替えの際にいくつか注意しなければいけない点があります。
まず擦らずに、そっとポンポンと押すように拭いてあげましょう。しわやヒダの隙間に入ってしまった汚れは、無理に擦って取るのではなく綿棒を活用して優しく拭き取るようにします
ウンチをした際には、後ろに向かって拭き取るようにします。ウンチの中にいる菌が、膣や尿道に入ってしまうと細菌感染を引き起こす危険性もありますので、十分に注意して綺麗にしてあげましょうね。

使いやすさも重視!新生児におすすめのおしりふき10選

1.ピジョン おしりナップ やわらか厚手仕上げ

内容量 80枚×40パック
特徴 純水99%
化粧水配合
でこポこシート
タイプ 厚手
価格 ¥4,290(税込)
水分がたっぷりと含まれているため、洗ったかのように綺麗に拭くことができるおしりふきです。
シートはピジョン独自のでこポこ構造となっているため、ウンチ汚れも力を入れずに優しく拭き取ることが可能です。
また、柔らかな肌触りも特徴的で1枚でしっかりと汚れを落とすことのできるおしりふきとなっています。
成分も安心して使用できるものが配合されており、離乳食などでも有名なブランドのため信頼度も高いおしりふきではないでしょうか。

2.レックダイレクト おしりふき

内容量 54枚×15パック
特徴 純水99.9%
加水分解コラーゲン配合
タイプ 厚手
価格 ¥1,780(税込)
水分量がトップクラスで、加水分解コラーゲン配合のため、おしりを洗ったかのように綺麗にするだけでなく、肌を潤す成分も配合されたおしりふきとなっています。
水に近い成分で作られているため、おしりだけでなく口拭き用としても使用可能です。
おしりふきは、1枚ずつ出そうとすると、まとまって出てきてしまうことも多いですが口コミには「きちんと1枚ずつ出てきて本当にノーストレスで助かっています」などのコメントが挙げられていました。
厚手でしっかりと汚れを落としてくれる、おしりふきとなっています。

3.パンパース おしりふき 肌へのいちばん

内容量 56枚×12パック
特徴 純水
保湿成分配合
植物由来素材
タイプ 厚手
価格 ¥3,180(税込)
香料・パラベン・フェノキシエタノール不使用なため肌への刺激が少ない、優しいおしりふきとなっています。
ぽこぽこ立体シート構造で、ゆるくなってしまいがちな新生児のウンチも1枚で綺麗に拭き取ることが可能です。
また植物由来素材のため柔らかく、おしりだけでなく口周りにも安心して使用することができます。保湿成分も配合されているため、体へ使用しても乾燥してしまう心配がなく安心して使用することができますね。
おむつでも有名なブランドならではの、優しい素材でできたおしりふきではないでしょうか。

4.メリーズ ファーストプレミアム おしりふき

内容量 54枚×2パック×12セット
特徴 水分たっぷり
天然保湿成分配合
タイプ 厚手
価格 ¥4,356(税込)
天然保湿成分が配合されているため、使用後の肌に潤いを残すことのできるおしりふきとなっています。
ふわぽこうんちキャッチシートで、ウンチがゆるくなっていたり、こびりついてしまったりしていても無理に擦らずに汚れを落とすことができます。
新生児の柔らかいウンチも1枚で簡単に拭き取ることのできる、おしりふきとなっています。

5.アンドマム 無垢なおしりふき

内容量 80枚×24パック
特徴 水成分99.5%
モモの葉エキス配合
レーヨン不織布
タイプ 薄手
価格 ¥3,480(税込)
パッチテスト済みのため、アレルギーを起こしにくいおしりふきとなっています。
モモの葉エキスによって、使うたびに赤ちゃんの肌を潤してくれることでしょう。
デザインがシンプルなため、一目見ただけではおしりふきだと気づきません。そのため、赤ちゃんに使用しなくなった時には、デスクに置いても違和感がなく、机の汚れを落とすのにも活躍してくれるでしょう。
口元を拭くためにも使用でき、シンプルなデザインで場面を選ばずに使用しやすいおしりふきとなっています。

6.グーン 肌にやさしいおしりふき

内容量 70枚×10パック×4セット
特徴 純水99%
パラベン無配合
ノンアルコール
タイプ 薄手
価格 ¥3,998(税込)
パッケージにはディズニーツムツムのデザインが施されているため可愛く、外出先でも楽しい気持ちで使用できるおしりふきとなっています。
実際に使用した方の中には「今まで使ってきたお尻拭きの中で一番しっとりとしている気がします」「少し薄い」などが挙げられていました。
しっかりとした水分量で汚れを落とすことができる一方では、少しおしりふきの薄さが気になってしまうママ・パパさんもいるようでした。
薄手のおしりふきは2~3枚を同時に使用することが多くなりますが、おむつを卒業後もウェットティッシュとして机の汚れなどを落とすのに活躍してくれることでしょう。

7.ムーニー おしりふき やわらか素材

内容量 76枚×40パック
特徴 純水99%
無添加
低摩耗
タイプ 薄手
価格 ¥5,412(税込)
柔らかなカシミヤタッチ層の、肌に優しいおしりふきです。水分がたっぷりなうえに、ウンチなじみ成分が配合されていることによって、少し時間が経ってしまった汚れもしっかりと拭き取ることができます。
有名ブランドから販売されているおしりふきのため、近所のドラッグスストアなどでも購入がしやすく、まとめ買いの前に1パックを試してみてから40パック入りを検討するのもよいではないでしょうか。

8.メリーズ おしりふき トイレに流せる

内容量 64枚×3パック
特徴 天然保湿成分配合
弱酸性
トイレに流せる
タイプ 薄手
価格 ¥548(税込)
弱酸性で新生児にも安心して使用できる、おしりふきとなっています。水分をたっぷりと含んでいるため、汚れによくなじんで優しく拭き取ることができます。
赤ちゃんだけでなく大きくなってから、トイレトレーニングをする際に、おしりを拭いてからそのままトイレへ流すことができるタイプのため衛生的で便利です
また子どもが大きくなって使い残してしまった場合には、掃除用としてトイレに置いておき、流すことができるため便利ですよね。

9.Smart yell おしりふき

内容量 80枚×36パック
特徴 水成分99%以上
モモの葉エキス
パラベン不使用
タイプ 薄手
価格 ¥3,100(税込)
防腐剤の役割を果たすパラベンが不使用となっており、日本国内の工場で生産されていることによって、より安全なおしりふきとなっています。
おしりを拭くだけでなく手や口元に使用することも可能です。
1枚が破れにくいため、机を綺麗にしたいときにも活躍してくれることでしょう。
また、ママ・パパさんには嬉しい大容量で、コスパのよいおしりふきとなっているのではないでしょうか。

10.アンパンマン おしりふき ケース付き

内容量 60枚×1パック
ケース付き
特徴 純水99.9%
デコボコ厚手シート
タイプ 厚手
価格 ¥780(税込)
純水99.9%で、限りなく水に近い成分のおしりふきとなっており、赤ちゃんに安心して使用できます。水分もたっぷりなため、擦らずに汚れを落とすことも可能です。
大人気キャラクターのアンパンマンをモチーフとした、嬉しいケース付きとなっています。
初めておしりふきを購入する、ママ・パパさんは家庭に1個はケースがあると片手でも1枚ずつ出すことができるのでおすすめです。

新生児のおしりふきは1ヶ月にどのくらい使う?1回に使用する枚数の目安とは

新生児のおしりふきは1ヶ月にどのくらい使う?1回に使用する枚数の目安とは
新生児のおむつ替えは平均して、1日に10回ほどです。そのため1日に10枚以上のおしりふきを使用することになります。
ウンチの量や、おむつ替え以外にも使用すると考えると1ヶ月に10パックほどあると安心できますね。
おしりふきの種類によって枚数も異なってきますが、ある程度の余裕をもってまとめ買いをしておくのがおすすめです
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

おしりふきは、おむつ替えだけでなくちょっと机を汚してしまった時や、口元の汚れまで落とすこともできるタイプがあります。
新生児からおむつ替えは必要なため、赤ちゃんの健康で清潔な肌を保つためにはおしりふきは必須アイテムとなります。
種類も豊富にありますので、使用枚数が多くなってしまう家庭では、お手頃な価格帯のものを選んでおきましょう。
まずは新生児の肌に合った、おしりふきを選んでいきましょうね。