【PR】

授乳ブラいらない?垂れ防止ブラトップやおすすめ人気授乳ブラ

授乳ブラいらない?垂れ防止ブラトップやおすすめ人気授乳ブラ8選

目次
授乳ブラは母乳育児や母乳とミルクの併用で、授乳するママさんにとって必要不可欠なアイテムといえます。
授乳期間中に大きくなり始めた胸をサポートする役割だけでなく、赤ちゃんへスムーズに授乳する機能性もあります。
自分に合った授乳ブラを見つけておくことで、授乳期間を便利で楽にしてくれますよ。
そこで今回は、授乳ブラについて選び方などを詳しく解説していきます。おすすめの授乳ブラもご紹介していきますので、どれを購入すればよいのか悩んでいるママさんはぜひ参考にしてくださいね。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

授乳ブラはいらない?必要な理由とは

授乳ブラはいらない?必要な理由とは
授乳ブラは、赤ちゃんの授乳のことを考えた作りとなっています。それだけでなく、授乳期間中に大きくなってしまう、ママさんの胸をサポートしてくれる工夫が施されています。
授乳回数が多くなってしまう期間でも、授乳ブラならば簡単に胸を出すことができスムーズな授乳を可能としてくれることでしょう
パッド付きのキャミソールなどで授乳期間を過ごそうと考えている、ママさんもいるかと思います。しかし、自分で想像していたよりもバストアップする場合がありますので、授乳に特化した授乳ブラを用意するのがよいでしょう。

今までのブラは使えないの?

今までのブラは使えないの?
出産が近づくにつれてママさんの胸は、授乳の準備に入り大きくなっていきます。そのため今まで使用していたブラジャーでは、サイズが合わずに使用することができなくなるママさんが多いはずです。
無理に今までのブラを使用すると、締めすぎて痛みを感じたり、母乳の出を悪くしてしまったりする場合があります。無理をせずに胸が張り出したり、サイズアップを感じたりした際には授乳ブラの準備を始めていきましょう。

授乳ブラとマタニティブラの違い

授乳ブラとマタニティブラの違い
授乳ブラとマタニティブラの違いを解説していきます。
授乳ブラは出産後の胸の大きさで選び、赤ちゃんへ授乳しやすい機能や胸のサポートを重視して作られたブラジャーです。
妊娠間中はママさんの胸の大きさや、重量の変化が大きくなってしまいます。正しく支えてあげることにより、垂れることを防ぐこともできます。そんな妊娠期間中の、胸のサポートに特化しているのがマタニティブラです。
マタニティブラには、授乳期間中も使用できる機能を備えたものもありますが、ここでは授乳ブラをメインにご紹介していきます。

授乳ブラの選び方

授乳ブラの選び方
授乳ブラを選ぶ際に、最も重要なポイントがオープンスタイルです。授乳時に胸を出す際の、ブラの開け方は種類によって異なるため、自分に合ったスタイルを見つけることが大切です。
好みのスタイルを見つけることで、授乳をよりスムーズに行うことができます。他にも授乳ブラの素材など、選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

好みのブラのタイプから選ぶ

大きく分けて、ハーフトップタイプとブラトップタイプの2種類があります。

ハーフトップタイプ


締め付けが少なく、スポーツブラのように被って着用します。後ろにホックがないため、リラックスしたいときにもおすすめです。就寝時に使用するのもよいですね。
しかし、ホールド感が少ないため、胸をしっかりと支えてほしいというママさんには向いていません。胸の大きさによっては、隙間が空いたり、ブラからはみ出してしまったりする場合があります。そのため自分に、しっかりと合ったサイズを購入しましょう。

ブラトップタイプ


通常のブラのように、アジャスターが付いており4段階程度サイズを変えることが可能です。サイズを変更できるため、妊娠中から授乳期間まで長く使うことも可能です。
また、ホールド力もしっかりとしているため形がよく、お出かけにも向いています。デザインも最近では、可愛いものが増えているため、好みのものが見つかるのではないでしょうか。

自宅用や外出用などシーンに合わせたオープンスタイルを選ぶ

授乳ブラには、授乳をスムーズにするための工夫がされています。大きく分けて、フロントオープン・クロスオープン・ストラップオープンの3種類があります。
それぞれ使いやすいシーンや、ママさんの好みで選んでいきましょう。

フロントオープン


名前のとおり、授乳ブラの前部分を大きく開けることのできるタイプとなっています。左右のカップをそれぞれボタンで開けるタイプと、両カップをボタンで同時に開けるタイプがあります。
両胸をすべて出すことも可能なため、マッサージを受ける際にも便利な作りです。そのため、入院中などの使用にも、向いているのではないでしょうか。

クロスオープン


授乳ブラのカップ部分の布が重なっているように作られており、布をずらすだけで素早く授乳をすることができるタイプです。
ボタンを外す手間がないため、夜間での授乳にも向いており初心者ママさんでも簡単に授乳することができます
ハーフトップタイプの授乳ブラは、クロスオープンがほとんどです。しかし、布を引っ張るようにずらすため、種類によっては生地の傷みが早いなどの耐久性には注意が必要です。

ストラップオープン


授乳ブラのカップ部分がフックで外せるようになっており、布を下にめくることで胸を出して授乳することができるタイプです。ホールド力もしっかりとしたものが多く、見た目も通常のブラと変わらないものがほとんどです。
しかしフックが小さく、慣れるまでには少し手間取ってしまうかもしれません。慣れてしまえば片手でも、簡単に外すことができるようになりますよ。

妊娠期間・授乳期間はノンワイヤーがおすすめ

妊娠期間・授乳期間はノンワイヤーがおすすめ
締め付けが少なくリラックスしたい場面や、就寝時の使用にはノンワイヤータイプがおすすめです。また、妊娠期間中は体調が安定しないときも多いため、ノンワイヤーだと楽な姿勢をとりやすいため便利です。
しっかりとしたホールド力や形を意識するのであれば、ワイヤー入りがよいでしょう。ワイヤー入りのタイプでも、ソフトワイヤーでなるべく柔らかなものを選ぶと胃などに食い込むことなく使用できます。
しかし、授乳期間は胸のサイズの変動が大きくなるため、授乳ブラは締め付け感の少ないノンワイヤーがおすすめです。

自分に合ったホールド感や安定感から選ぶ

自分に合ったホールド感や安定感から選ぶ
授乳期間中は自分が思っていた以上に、胸が大きくなる場合があります。それに合わせてカップの深いものを選ぶことで、胸がはみ出してしまい母乳が服に染み出るのを防いでくれることでしょう。
またストラップが細いものを選んでしまうと、肩に食い込んだり、スレてしまったりと負担も大きくなる場合があります。
胸が大きくなればそれなりに重量も増えてくるため、ストラップは幅の広いものを選ぶことで肩への負担を減らすことができます。
深いカップと幅の広いストラップの、安定感がある授乳ブラを選ぶようにしていきましょう

肌に優しい綿素材もおすすめ

肌に優しい綿素材もおすすめ
授乳期間中のママさんは、肌が敏感になりやすいためなるべく優しい素材を選ぶようにしましょう。
母乳でムレてしまったり、乳頭がスレてしまったりと直接母乳をあげているママさんはより胸への負担が大きくなってしまうものです。
デリケートな部分を守るために、肌に優しい綿素材やオーガニックコットン素材を選びましょう。ママさんだけでなく、授乳時に顔が触れる赤ちゃんにとっても、かゆみなどの肌トラブルを防ぐことができますね。

サイズを調節できるタイプが便利

サイズを調節できるタイプが便利
授乳期間中は、胸のサイズが変わりやすいママさんが多いはずです。そのためにも、サイズを細かく変更できるアジャスターが付いているものを選びましょう。
ホック部分が通常のブラよりも細かく、4段階程度に調節ができるタイプを選ぶことで胸が張ってしまった時にもゆとりを作ることができます。
無理に窮屈な授乳ブラを使用すると、締め付けが苦しくなってしまうのでしっかりと自分のサイズに合うものを購入しましょう。

授乳期間中に頼りになる授乳ブラのおすすめ8選

1.スウィートマミー 伝説の授乳ブラ

オープンスタイル クロス・ストラップオープン(選択可能)
タイプ クロスオープン
ワイヤー ノンワイヤー
素材 表地:コットン90% ポリウレタン10%
裏地:コットン100%(オーガニックコットン)
価格 3,890円(税込)
オープンスタイルがクロスとストラップタイプから選ぶことのできる、授乳ブラとなっています。アジャスター付きで、4段階の調節が可能なのも嬉しいポイントの1つです。
種類も豊富にあり、ピンクなどの単色からレース柄など通常のブラのように可愛いデザインが揃っています。
ノンワイヤーの授乳ブラですが、開発に3年をかけた独自の作りとなっているため、張りのある胸もしっかりと支えてくれます。
授乳をスムーズにするだけでなく、ママさんの胸のことしっかりと考えて作られた授乳ブラとなっています。

2.ケラッタ 授乳ブラ

オープンスタイル クロスオープン
タイプ ブラトップ
ワイヤー ノンワイヤー
素材 表地:綿95% ポリウレタン5%
裏地:綿100%
価格 980円(税込)
ノンワイヤーで締め付け感がなく、ホールド力がしっかりとある授乳ブラです。オープンスタイルはクロスオープンとなっており、夜間の授乳などにもおすすめです。
ホックは4段階に調整が可能なため、サイズの変化が激しい授乳期間中には嬉しい仕様となっています。
また、背中部分がU字型となっているため、大きく重量の増えた胸を支える際に重さを軽減してくれることでしょう。
ママさんの肩への負担軽減も考えた、優しい授乳ブラではないでしょうか。

3.ワコール ごこち

オープンスタイル クロスオープン
タイプ ハーフトップ
ワイヤー ノンワイヤー
素材 キュプラ
ポリエステル
その他
価格 3,712円(税込)
オープンスタイルがクロスオープンのように、カップ部分をめくり授乳をするタイプですが、他とは少し違った仕様となっています。
ママさんの肌に触れる部分と、カップ外側の2重構造となっています。外側の布は1枚となっているため、よりスムーズに授乳を行うことができるでしょう。
ノンワイヤーの授乳ブラとなっていますが、カップが左右一体のピーナッツ型となっており綺麗なバストラインを維持してくれます。
お腹への締め付けも少ない授乳ブラとなっているため、締め付け感が苦手なママさんにおすすめです。

4. エンジェリーベ ふんわり授乳ブラ

オープンスタイル クロス・ストラップオープン
タイプ ブラトップ
ワイヤー ノンワイヤー
素材 表面:綿 ナイロン その他
裏面:綿100%
価格 2,880円(税込)
ブラトップの中でも、5段階とより細かなサイズ調節が可能となっている授乳ブラです。オープンスタイルは授乳ブラの中では珍しく、クロスとストラップオープンが一体となっています。
授乳時に赤ちゃんやママさんの使いやすさで、オープンスタイルを変えることができますね。
垂れ防止や乳頭の保護、そして胃を圧迫しないなどの9つのこだわりが詰まった授乳ブラとなっています。

5.犬印本舗 マタニティブラ 授乳ブラ

オープンスタイル フロントオープン
タイプ ハーフトップ
ワイヤー ノンワイヤー
素材 綿100%(オーガニックコットン)
価格 1,870円(税込)
ストレッチ素材で締め付けのない楽な授乳ブラとなっているため、妊娠期間から授乳期間まで長く使用できる作りとなっています。
肌に優しいオーガニックコットン素材となっているため、妊娠期間中のかぶれなども予防してくれるのではないでしょうか。
授乳時には、ブラの前側がボタンで大きく開くため、赤ちゃんの顔を隠すことなく授乳することが可能です。
入院中にも使用しやすい、授乳ブラとなっているのではないでしょうか。

6. YuHaru 授乳ブラ

オープンスタイル クロスオープン
タイプ ハーフトップ
ワイヤー ノンワイヤー
素材 コットン100%
価格 2,600円(税込)
肌に優しいコットン素材でできた、クロスオープンの授乳ブラです。授乳ブラの下部分が、アンダーバストゴムで胸の横流れを防ぎ、しっかりとしたホールド感が魅力です。
また、伸縮機能が高い素材のため垂れ予防としても活躍してくれる授乳ブラです。胸が大きくなってしまう期間は、どうしても形や垂れが心配になるため、しっかりとサポートしてくれるのは嬉しいポイントですよね。
授乳が片手で楽にできるだけでなく、ママさんの胸のケアも考えた授乳ブラとなっています。

7.ローズマダム 美妊婦授乳ブラジャー

オープンスタイル クロスオープン
タイプ ブラトップ
ワイヤー ノンワイヤー
素材 表地:ナイロン85% ポリウレタン15%
裏地:綿100%
価格 2,519円(税込)
アンダーバスト全体にパワーネットを採用していることにより、ホールド感のある授乳ブラとなっています。
妊娠期間から授乳期間の間、サイズの変化が大きいママさんにとっても付け心地がよく、締め付け感を感じることなく着用できるでしょう。また、乳腺の発達を妨げない設計がされているため、妊娠期間中も安心して着用できます。
授乳期間を終えたあとには、ナイトブラとして活用することができるのも嬉しいですよね。

8.モーハウス 授乳ブラ

オープンスタイル クロスオープン
タイプ ハーフトップ
ワイヤー ノンワイヤー
素材 ベア天然材
価格 3,080円(税込)
累計売上数が50万本を突破し、助産師さんが推薦している授乳ブラです。製造は全て日本国内で行っているため、品質も安心安全なものとなっています。
ノンワイヤーだけでなく、ゴムも使用していないため、かなりリラックスした状態で着用できるのではないでしょうか。
締め付けが少ないため、妊娠期間中に着用することもでき、つわりの不快感も軽減してくれます。
授乳期間だけでなく、産前産後まで長く使用できる授乳ブラとなっています。

授乳ブラは授乳期に胸が大きくなるママさんにとって頼りになるアイテム

授乳ブラは授乳期に胸が大きくなるママさんにとって頼りになるアイテム
授乳ブラは、授乳をスムーズにするだけでなく、胸の変化が大きいママさんにとって生活を快適にしてくれるアイテムです。
大きくなった胸に合わせて、授乳ブラでしっかりとサポートすれば垂れ防止にもつながります。
今までのブラとは機能性や大きさも変わってくるため、メリットの大きい授乳ブラが必須となることでしょう。

授乳ブラは何枚あれば足りる?いつからいつまで使い続けるべき?

授乳ブラは何枚あれば足りる?いつからいつまで使い続けるべき?
母乳で汚してしまう場合も少なくないため、2~3枚は用意しておくとよいでしょう。授乳直後に赤ちゃんが吐き戻しをしてしまう場合もあるため、洗い替え用があると安心ですね。
授乳ブラは産後すぐから、赤ちゃんが卒乳するまでの間は使用するのがよいでしょう。産後3ヶ月頃から、胸の張りも少しずつと治り、小さくなってきます。しかし、まだまだ授乳期間は1歳6ヶ月頃まで終わらないため通常のブラに戻るには、卒乳してからがおすすめです。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

授乳ブラはママさんの大きくなった胸をサポートするだけでなく、授乳をスムーズに行うことができる頼りになるアイテムです
今まではノーブラで生活していたママさんも、赤ちゃんを迎える準備として授乳ブラを最低2枚は用意しておくことをおすすめします。
自分に合った授乳ブラを、ここで紹介した選び方やおすすめを参考に購入を検討してみてくださいね。