【PR】

パンパース新生児オムツはいつまで?テープ等種類やサイズ違いと値段

パンパース新生児オムツはいつまで?テープ等種類やサイズ違いと値段

目次
「新生児のオムツ選びで迷っている・・・」
「パンパースオムツの特徴や口コミは?」
オムツえらびには悩みがつきものですよね。そこで今回は、上記のような悩みにお答えしていきます。
パンパースのオムツのサイズや種類、特に新生児にふさわしいオムツをお伝えしていくので、ぜひオムツ選びの参考にしてみてください。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

赤ちゃんオムツの選び方!新生児用サイズはいつまで使える?

オムツは主に2種類。新生児はテープタイプから


パンパースのオムツは、大きく分けて「テープタイプ」「パンツタイプ」の2種類に分かれます。赤ちゃんの成長に合わせて、テープタイプから徐々にパンツタイプへとシフトしていくのが一般的です。
テープタイプはオムツのサイドをテープで止めて使用するタイプのオムツになります。寝たままの赤ちゃんにも着用させやすく、新生児用など月齢の小さな赤ちゃんに使用するオムツはテープタイプが基本となります。

一方でパンツタイプは、名前の通り下着のような形状になっていてテープなどで止める必要がありません。ウエストがゴムのように伸縮するようなっているため、テープのオムツよりもフィットしやすいです。そのままスムーズに履かせることができるため、月齢が大きくなり履かせやすくなったタイミングでパンツタイプに変えることをおすすめします。
テープタイプからパンツタイプに変えるポイントとしては、「寝返りやハイハイなどで動きが活発になったら」「つかまり立ちでパンツタイプが履かせやすくなったら」あたりが目安になります。一般的な成長具合では6ヶ月前後でテープ→パンツに替えるタイミングだと言われています。
ただし明確な時期に決まりはないので、交換時期に対してさほど神経質になる必要はありません。テープタイプのオムツが使いづらいな・・・と感じたタイミングで、パンツタイプに挑戦してみると良いでしょう。  

成長に合わせてサイズを選ぼう

成長に合わせてサイズを選ぼう
おむつにはサイズがあります。サイズを合わせて使わないと、モレやかぶれの原因になることがあるので注意です。小さいものがNGなのはもちろん、大きすぎるサイズを選ぶのもトラブルの原因になるので気をつけましょう。
オムツのサイズは、赤ちゃんの月齢や体重を目安に判断すると良いでしょう。パンパースの場合、目安は以下のようになります。  

<テープタイプ>

おむつのサイズ 赤ちゃんの体重・成長具合
新生児用
  • 新生児期、最初の4週間ほど
  • 体重5kg以下
  • ねんね期
S(テープ)
  • 生後1〜3ヶ月
  • 体重4〜8kgほど
  • ねがえり期
M(テープ)
  • 生後3〜15ヶ月
  • 体重6〜11kgほど
  • おすわり期
L(テープ)
  • 生後12〜36ヶ月
  • 体重9〜14kg
  • おすわり期
 

<パンツタイプ>

おむつのサイズ 赤ちゃんの体重・成長具合
S(パンツ)
  • 生後1〜3ヶ月
  • 体重4〜8kgほど
  • ねがえり期
M(パンツ)
  • 生後3〜15ヶ月
  • 体重6〜10kgほど
  • はいはい期
L(パンツ)
  • 生後12〜36ヶ月
  • 体重9〜14kgほど
  • たっち期
ビッグサイズ
  • 生後36ヶ月以上
  • 体重12〜22kg
  • たっち期
ビッグより大きい
  • 生後36ヶ月以上※成長に合わせて
  • 体重15〜28kg
  • たっち期
卒業パンツ
  • 生後36ヶ月以上※成長に合わせて
  • 体重12〜22kg
  • オムツはずれ
新生児の場合、パンパースなら生後1ヶ月ほどまでが使用期間の目安となります。まずは新生児用を用意し、成長に合わせてキツくなってきたと感じたらSサイズへシフトすることをおすすめします。
例えばおしっこやうんちを吸収しきれなくなったり、オムツをテープで止めた時にお腹周りに指が入らなくなったらサイズUPのサインです。そのほかオムツを外した時、ゴムの跡がくっきり残っている場合もサイズアップを考えるようにしましょう。  

お子様の体質に合わせてクオリティを決めるのも大切

オムツはサイズのほか、素材で選ぶことも大切です。なぜなら赤ちゃんの肌は非常に敏感であり、お子様によってはオムツかぶれを引き起こす場合があるからです。
特に汗をかきやすい赤ちゃんや、夏に新生児期となる赤ちゃんは注意です。オムツかぶれを引き起こしやすい赤ちゃんは、肌に優しい素材のオムツを選ぶようにしましょう。またお腹が弱く体調を崩しやすい赤ちゃんの場合、うんち漏れを防いでくれるオムツを選ぶのが大切です。  

パンパースのオムツの特徴は?小さめサイズや敏感肌用も◎

パンパースのオムツの特徴は?小さめサイズや敏感肌用も◎

新生児用から細かくサイズ展開がある

パンパースのオムツには、Sサイズより小さな新生児用から展開があります。S・M・L・LL(ビッグサイズ)、そしてビッグサイズより大きいサイズの用意もあります。お子様の成長や体格に合わせて適切なものを選びやすいのが大きなメリットと言えるでしょう。
特に新生児用からのサイズは、他社ブランドよりもサイズが小さいのが特徴であり、月齢の小さなお子様や体重が少ない赤ちゃんでも使用しやすいです。またパンパースのラインナップには、3000g未満の赤ちゃんにも使える「小さめ新生児サイズ」も用意されているのでぜひチェックしてみましょう。  

肌に優しいタイプのオムツがある

パンパースのオムツは、基本的に肌へ配慮したクオリティのものばかりです。ラインナップの中には“ローション配合”などの素材もあり、敏感肌の赤ちゃんにも使用しやすいのが特徴となっています。
また直接オムツが触れた時の肌触りだけでなく、おしっこやうんちを吸収した後のサラサラ感も保たれるような工夫がなされています。通気孔で空気を通すような仕組みも加えられており、長時間着用していてもムレにくいため安心です。  

パンパース新生児用オムツ2選!種類・値段と違いを紹介

パンパース新生児用オムツ2選!種類・値段と違いを紹介
パンパースにはたくさんのオムツのラインナップがあります。そのうち新生児からでも使えるオムツには2種類のタイプがあります。
それぞれの特徴を紹介するので、赤ちゃんに合ったものを選ぶようにしましょう。  

<はじめての肌へのいちばん>ローション配合オムツ

  • サイズ展開:新生児用小さめサイズ/新生児サイズ/Sサイズ/Mサイズ/Lサイズ
  • おすすめ:敏感肌で心配な新生児の赤ちゃん
はじめての肌へのいちばんシリーズは、小さめ新生児用サイズから展開のあるパンパースのオムツです。赤ちゃんのデリケートな肌に合った商品で、病院や産婦人科でも使用されることの多いオムツとなっています。
オムツのトップシートにはシアバター入りのローションが配合されていて、赤ちゃんをオムツかぶれから守るような工夫がなされています。また香料・パラペン・ラテックス無配合で、安心できるのもポイントとなっています。
“雲ごこち”と名付けられた通気素材には、10,000個の通気孔が開いておりムレを防ぐような仕組みもあります。穴あきメッシュシートで新生児にありがちなゆるうんちも、モレにくくなっています。
なお新生児サイズの場合、204枚入りが楽天市場では約¥4,568(税込)となっています。1枚あたりの値段はおよそ22.4円です。  

<さらさらケア テープ>伸びが良く履かせやすいオムツ

  • サイズ展開:新生児サイズ/Sサイズ/Mサイズ/Lサイズ
  • おすすめ:クオリティにこだわりつつコストを抑えたい方
さらさらケア テープは、パンパースの新生児向けの中でも定番の商品です。足回りのピッタリギャザーとのびのびテープでフィット感が高く、テープタイプでありながらも履かせやすいのが特徴になっています。パンパース独自の「さらさら風通しライン」も特徴で、吸収体の間に溝があることで、おしっこを吸収した後でも快適な履き心地が続きます。
新生児サイズの場合は342枚入りが楽天価格で約¥4,980(税込)です。1枚あたり14.6円なので、はじめての肌へのいちばんシリーズよりもコストを抑えやすく人気があります。  

新生児期を過ぎた後に選びたいパンパースオムツの種類

新生児を過ぎてから選べるパンツタイプのオムツも、たくさんのバリエーションがあります。ここからはパンパースのパンツタイプオムツの紹介をしていきます。  

<肌へのいちばん>敏感肌用オムツのパンツバージョン

  • サイズ展開:Sサイズ/Mサイズ/Lサイズ/ビッグサイズ
  • おすすめ:「はじめての肌へのいちばん」が合っていた赤ちゃんに
肌へのいちばんは、先ほど紹介した「はじめての肌へのいちばん」シリーズのパンツバージョンです。パンツということもあり新生児サイズがない代わりに、ビッグサイズまで展開があります。
“最高12時間お肌さらさら”と言われるクオリティで、敏感肌用のオムツをお探しの方におすすめです。パンツになることでテープタイプよりもお腹周りの伸びがよくなるので、履かせやすさもUPしています。  

<肌へのいちばん 超吸収スリムパンツ>2022年新作で薄いのに高い吸収力

  • サイズ展開:Mサイズ/Lサイズ/ビッグサイズ
  • おすすめ:吸収力、動きやすさどちらも欲しい時
肌へのいちばん 超吸収スリムパンツは2022年に新しく登場したパンパースの新シリーズです。「肌へのいちばん」シリーズから性能を保ちつつ、従来よりも-20%スリムになったというシリーズの中でも最高級のオムツです。
服を着ていてもスリムで漏れにくく、薄いため持ち運びにも優れています。お出かけシーンにも使える安心のオムツをお探しの方にピッタリな商品となっています。  

<さらさらケア パンツ>サイズ展開豊富なパンパースの王道

  • サイズ展開:Sサイズ/Mサイズ/Lサイズ/ビッグサイズ/ビッグより大きい
  • おすすめ:成長に合ったオムツをお探しの方におすすめ
さらさらケア パンツは、パンパース定番さらさらケアシリーズのパンツタイプです。S・Mサイズはお尻に背中もれ防止キャッチャー付き、L・ビッグサイズになるとムレを外に逃す通気孔付きと成長具合やサイズに合わせて機能が細かく分かれているのが特徴です。
メッシュシートで吸収力が高く、長時間身につけていても快適です。大きなサイズがあるので成長具合に合わせて選べるのもポイントとなっています。  

<MAX吸収力 さらさらケアパンツ>夜のおしっこ漏れ対策に

  • サイズ展開:Mサイズ/Lサイズ/ビッグサイズ
  • おすすめ:大きくなりおしっこの量が増えてきた時に
MAX吸収力のシリーズは、従来よりも吸収力が高まったタイプのオムツです。Mサイズ〜の展開ということもあり、月齢が成長してきた赤ちゃんに合ったタイプのオムツとなっています。
2回のおしっこを想定しているオムツであり、夜のおしっこ漏れにも対策ができます。吸収力も高くもさらさら感は保ったままです。  

<さらさら風通しパンツ>活発なお子様や夏シーズンにおすすめ

  • サイズ展開:Mサイズ/Lサイズ/ビッグサイズ
  • おすすめ:汗っかきのお子様など蒸し暑さ対策がしたいシーン
さらさら風通しパンツは、名前の通り通気性の良さに特化したオムツです。パンパース独自の“クールケアシステム”を採用した商品で、主に夏シーズンなど、ムレが気になるシーンに役立ちます。
限定パッケージで発売されていることもあり、夏にピッタリです。人気キャラクターが描かれているオムツは、オムツ替えを嫌がり始めたお子様にもおすすめできます。  

パンパースオムツの口コミ評価!高いけどクオリティ良しとの声

価格は高いがクオリティは申し分なし




パンパースは有名ブランドということもあり、口コミも多数です。口コミを見ると、「高いけれど質は非常に良い」という意見が目立ちます。
パンパースはいわゆる高級オムツの位置付けで、コスパや量を気にされる方にとっては1枚あたりが高いと感じるかもしれません。実際に1枚あたり10円台のおむつが多い中、新生児サイズは20円台の価格となっています。ただしその分クオリティは申し分なく、「触り心地抜群」「吸水力が高い」との意見が多いです。肌質がわからない新生児のうちはパンパースを使用していたという声も多数です。  

個人差があるのでまずは少量を買ってみよう



パンパースは高クオリティと言われますが、やはり合う・合わないは個人差があります。赤ちゃんによっては、お尻が赤くなってしまったり、サイズが合わずに漏れてしまうこともあります。
パンパースが合わないと感じる場合は、サイズやシリーズが適切であるかを確認してみましょう。赤ちゃんに合うか否かを判断するためには、最初は少量ずつ購入するのも一つの手です。
特に新生児用サイズのパンパースは、約1ヶ月でサイズアウトしてしまう可能性大なので大量購入はおすすめしません。1日の使用量7〜9枚程度を目安に考え、必要量だけを買うようにしましょう
使用してみてパンパースが合っていると感じた場合は、便利なネット購入で必要量を買い足すことをおすすめします。赤ちゃんの成長具合に合わせながら、シリーズやサイズをうまく選んでみてください。

まとめ

パンパースのサイズや種類について、違いを紹介しました。
新生児用パンパースは、安心のために「はじめての肌へのいちばん」を選ぶのがおすすめです。価格は高いものの、吸水力に優れておりムレにくく、安心して使いたい方にぴったりです。はじめての肌へのいちばんシリーズなら、小さめ新生児用サイズもあり赤ちゃんの成長に合わせて選ぶことができます。ぜひチェックしてみましょう。