【PR】

寝返り防止クッションや枕はいらない?意味ない?事故防止使い方と注意点

寝返り防止クッションや枕はいらない?意味ない?事故防止使い方と注意点

赤ちゃんの首がすわるなど、成長していく姿を見るのはとても嬉しいことですよね。
「寝返り」も赤ちゃんの成長過程の一つになりますが、嬉しい気持ちがある一方で「寝返りによる窒息」で心配な気持ちになるママさんやパパさんも少なくないでしょう。
そんな中「寝返り防止クッション」という寝返りによる窒息を防止できるアイテムがあるのを知っていますか?
今回は、寝返り防止クッションの役割や使うときの注意点などについて紹介していきます。
また、記事の中でおすすめの寝返り防止クッションもいくつか紹介しているので、ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです。
ベビーマタニティ通販LINXAS

寝返り防止クッションにはどんな役割がある?

寝返り防止クッションにはどんな役割がある?
「寝返り防止クッション」は、赤ちゃんが眠っている間に寝返りをしないよう、体を優しく抑えてくれるアイテムになります。
寝返り防止クッションの両側には高さがあり、その間に赤ちゃんを寝かせることで赤ちゃんの体にフィットして体が動きにくくなるんです。

ただし、寝返り防止クッションは、あくまで寝返りをある程度防止するだけで「絶対に寝返りをしないようにする」というわけではありません。
そのため、寝返り防止クッションにはどのような役割があるのか、使うときの注意点をしっかりと把握しておきましょう。

赤ちゃんの寝返りを防止する必要はない?

赤ちゃんの寝返りを防止する必要はない?
厚生労働省の見解では「寝返りは赤ちゃんの大切な成長過程であり、防止する必要はない」とされています。
厚生労働省:乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策強化月間のページより

さらに「赤ちゃんが寝返りできるようになった場合は仰(あお)向けにして寝かせたあと、寝返りをしてうつ伏せになったとしても元に戻す必要はない」ともされています。
そのため、寝返り防止クッションの役割としては「赤ちゃんの寝返り自体を防止する」のではなく「寝返りしても大丈夫な環境を整える」ということになります。

仰向けで寝るのは1歳まで!赤ちゃんは自分の力で戻れない

仰向けで寝るのは1歳まで!赤ちゃんは自分の力で戻れない
基本的に、1歳までの赤ちゃんは仰向けで寝かせる必要があります。
赤ちゃんが自分自身で首を持ち上げたり、寝返りができるようになれば窒息による事故が起きる心配は少なくなります。
しかし、寝返りし出して間もない頃の赤ちゃんは、寝返りした状態から自分の力だけでは仰向けの状態に戻ることができません。
万が一、赤ちゃんが眠っている間に寝返りをしてうつ伏せの状態になり、そのまま顔を横に向けることができなければ呼吸ができなくなってしまい、窒息の事故につながる恐れがあるので危険です。
ただし、小さなお子さんも何かしらの理由でうつ伏せの状態で寝たことによる事故が起きる可能性があるので、1歳を過ぎたとしても注意が必要です。
もし、1歳未満の赤ちゃんや1歳を過ぎたお子さんが仰向け以外の状態で眠っているときは、うつ伏せ寝を防ぐために仰向けの状態に戻してあげましょう。

赤ちゃんのうつ伏せ寝は危険!寝返り防止クッションなどで工夫しよう

赤ちゃんのうつ伏せ寝は危険!寝返り防止クッションなどで工夫しよう
もしかしたら、赤ちゃんの中には「うつ伏せの状態のほうがよく眠ってくれる」といった子がいるかもしれませんね。
しかし、先ほどお伝えしたように、赤ちゃんはまだ自分の力だけでは顔を持ち上げることができないことが多いので、うつ伏せのまま寝ていると窒息してしまう恐れがあります。
実際に、消費者庁で調査を行ったところ、赤ちゃんの思わぬ事故で多かったのが「睡眠中の窒息」によるものでした。
特に0歳児の赤ちゃんは、就寝の際の事故が多い傾向があるので「首すわり」「寝返り」「お座り」など、発達状態に合わせて寝るときの工夫が必要になってきます。
寝返りだけでなく、寝返りしたあとに掛け布団などで鼻や口が塞がってしまったり、ベッドの壁などのすき間に挟まれたりするのも、窒息の事故につながります。

ミルクなどの吐き戻しも窒息の事故が起きてしまう可能性があるので、注意が必要です。
大切な赤ちゃんを守るためには「寝返り防止クッション」などを使って仰向けの状態で寝かせてあげるのがおすすめです。

寝返り防止クッションを使うときの注意点を3つ紹介

寝返り防止クッションを使うときの注意点を3つ紹介
寝返り防止クッションを使うときに一番意識してほしいのが「必ずしも窒息の事故を防ぐものではない」ということです。
「寝返り防止クッションがあるから大丈夫でしょ!」といった気持ちで、赤ちゃんが見えない場所で長い時間使い続けるのは危険なんです。
家事や仕事など、眠っている赤ちゃんから目を離している間に、寝返り防止クッションの位置がズレてしまったり、体が動いてしまったりして窒息の事故が起きてしまう可能性があります。
また、赤ちゃんが成長するにつれて寝返り防止クッションのサイズが合わなくなる可能性も。
そのため、寝返り防止クッションを使うときは以下の3つの注意点を意識しながら使いましょう。
  1. 長時間の使用は控える
  2. 赤ちゃんの成長に合わせてサイズを調整
  3. 赤ちゃんの周りに顔が埋まる・首に巻きつくものは置かない

1.長時間の使用は控える

長時間の使用は控える
まず、寝返りは赤ちゃんにとって「筋力を鍛える」など、成長過程の大事なポイントの一つになります。
そのため、寝返り防止クッションを長時間使うなど、寝返りを長い時間抑えてしまうのはおすすめできません。
赤ちゃんがしっかりと成長できるようにするために、例えば「寝返り防止クッションはお昼寝の間だけ」など使用時間を決めて、常にママさんやパパさんの目が届くところで使うようにしましょう。

2.赤ちゃんの成長に合わせてサイズを調整

赤ちゃんの成長に合わせてサイズを調整
続いて、寝返り防止クッションを使うときは、赤ちゃんの成長に合わせてサイズを調整するのが大切です。
サイズが大きすぎてしまうと、赤ちゃんがクッションの中で動いてしまいます。
せっかくクッションを赤ちゃんの胴体に合わせていたのに、気付いたら顔の近くにあったり、その中で寝返りをしてしまったりする可能性があります。
赤ちゃんの成長に合わせてサイズを調整することで、寝返り防止クッションを安全に使うことができますよ。

3.赤ちゃんの周りに顔が埋まる・首に巻きつくものは置かない

赤ちゃんの周りに顔が埋まる・首に巻きつくものは置かない
大人は寝るときに枕を使いますが、赤ちゃんは基本的に枕は必要ありません。
枕やぬいぐるみなどを赤ちゃんのベッドに置くと、寝返りをしたあとに赤ちゃんの顔を覆ってしまい、窒息するリスクがあります。
これは、寝返り防止クッションを使うとき以外にも注意してほしいことになります。
さらに、スタイ・フェイスタオルなども赤ちゃんの首に巻き付いてしまうと大変危険なので、寝かせるときは外してあげてくださいね。

赤ちゃんが寝るときにおすすめしたい3つのポイント

赤ちゃんが寝るときにおすすめしたい3つのポイント
寝返り防止クッション以外にも、赤ちゃんが寝ている間の窒息事故を防ぐ方法があります。
ここからは、赤ちゃんが寝るときにおすすめしたい3つのポイントについて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
  1. 柵が付いたベビーベッドを使う
  2. 軽い掛け布団・硬めの敷布団を使う
  3. 赤ちゃんと添い寝するときは圧迫しないよう気を付ける

1.柵が付いたベビーベッドを使う

柵が付いたベビーベッドを使う
赤ちゃんには大人が使うベッドではなく、可能な限りベビーベッドで寝かせるようにしましょう。
ベビーベッドは決して安い買い物ではないので、事情によっては難しいかもしれませんが、赤ちゃんが安全に寝ることができるようにベビーベッドを使うのがおすすめです。
ベビーベッドを用意するときは、国が定めた安全基準の検査に合格した製品であることの証である「PSCマーク」が付いたベビーベッドを選びましょう。
また、子どもの成長はとても早く、どんどんできることが増えていきます。
突然赤ちゃんが寝返りをし出して、ベッドから落ちてしまう可能性があるので「柵」も必ず付けるようにしましょう。

2.軽い掛け布団・硬めの敷き布団を使う

軽い掛け布団・硬めの敷き布団を使う
続いて、赤ちゃんの掛け布団は自分で払いのけることができるくらい、軽いタイプの掛け布団を用意しましょう。
赤ちゃんを寝かしつける際は、掛け布団が赤ちゃんの顔を覆ってしまわないように注意が必要です。
もし、赤ちゃんと添い寝するときは、大人と同じ掛け布団だと赤ちゃんの体に負担がかかってしまうので、気を付ける必要があります。
敷き布団について、お子さんのことを考えると寝心地が良さそうな柔らかいタイプの敷布団を選びたくなりますよね?
しかし、柔らかいタイプの敷き布団やマットレスだと、赤ちゃんが寝返りをしたときにうつ伏せになり、顔が埋まってしまって口や鼻が塞がれ窒息する恐れがあります。
このようなことを避けるためにも、敷き布団やマットレスなどは硬めのものを選ぶようにしてくださいね。

3.赤ちゃんと添い寝するときは圧迫しないよう気を付ける

赤ちゃんと添い寝するときは圧迫しないよう気を付ける
子どもは、寝るときにママやパパが近くにいると、安心してぐっすり寝ることができます。
そのためあってか、赤ちゃんを寝かしつけるときに添い寝するママさん・パパさんも多いでしょう。
しかし、添い寝をしているときに思わず自分も眠ってしまい、保護者の身体が赤ちゃんを圧迫してしまう可能性があります。
特に月齢が低い赤ちゃんと添い寝するときは、ママさんやパパさんが赤ちゃんの隣で眠ってしまわないように気を付けましょう。

おすすめの寝返り防止クッション8選

商品 画像 shop ポイント 価格 素材 サイズ
PLUSiiNE
寝返り防止クッション・ベッドガード
Amazon リンクサス 楽天市場 使いたい場所に合わせて自由にアレンジ可能。
水洗いOKで、寝返り防止やベッドの柵によるケガを防止。
6,890円 ポリエステル・ポリプロピレン 360cm×15cm×7cm
PLUSiiNE
ベビーまくら
Amazon リンクサス 楽天市場 綿100%なので快適に過ごすことができ、オールシーズン使用可能。 1,480円 綿・抗菌加工綿 23cm×30cm×4.5cm
O-BABY「眠る」の専門店
寝返り防止クッション
Amazon リンクサス 楽天市場 三角クッションで十分な高さがあるため、寝返り防止だけでなく、ママ・パパとの添い寝も安心。 6,600円 綿・ウレタンフォーム 60cmx35cmx13cm
Plaisiureux
オーガニックコットンベビー枕
Amazon リンクサス 楽天市場 ベテラン助産師さんが監修し、赤ちゃんの柔らかい頭部のことを考えて設計されたクッション。 1,980円 天然オーガニックコットン・天然ラテックス 28cm×25.5cm
バランスボディ研究所
寝返り防止クッション
Amazon リンクサス 楽天市場 赤ちゃんの頭がズレることなく、成長に合わせて位置調整が可能なクッション。 15,998円 綿・ポリエステル 80cm×45cm×14cm
PUPPAPUPO
洗える寝返り防止クッション
Amazon リンクサス 楽天市場 くものシルエットが可愛らしく、優しい肌触りのクッション。
カバーのみ洗濯OK。
2,690円 綿・ポリエステルなど 45.5cm×27cm×14cm
Simpexショップ
睡眠サポートベッド
Amazon リンクサス 楽天市場 自然な傾斜で、うつ伏せ寝だけでなく吐き戻しも軽減できるクッション。
どの部分も取り外して洗濯OK。
8,500円 ポリエステル・ポリエチレン 68cmx40cm
Refurbished Supplier
寝返り防止クッション
Amazon リンクサス 楽天市場 赤ちゃんが安心なママの子宮をもとに設計されたクッション。
拭くだけで汚れが取れるため、お手入れが簡単。
25,330円 手摘みコットン・ウレタン 65cm×110cm

1.PLUSiiNE 寝返り防止クッション・ベッドガード

使いたい場所に合わせて自由にアレンジ可能な寝返り防止クッションです。
赤ちゃんの寝返り防止や、ベッドの柵によるケガを防ぐことができます。
水洗いOKなので、汚れが付いてしまっても安心です。
  • 価格:6,890円
  • 素材:ポリエステル・ポリプロピレン
  • サイズ:360cm×15cm×7cm

2.PLUSiiNE ベビーまくら

綿100%のクッションなので、オールシーズン使うことができます。
クッションの中心には丸いくぼみが付いており、赤ちゃんの頭を優しく支えてくれますよ。
  • 価格:1,480円
  • 素材:綿・抗菌加工綿
  • サイズ:23cm×30cm×4.5cm

3.O-BABY「眠る」の専門店 寝返り防止クッション

三角クッションにより、寝返り防止だけでなく、ママ・パパとの境目ができて添い寝も安心。
丸めるとコンパクトなサイズになるので、持ち運びもラクチン!
  • 価格:6,600円
  • 素材:綿・ウレタンフォーム
  • サイズ:60cmx35cmx13cm

4.Plaisiureux オーガニックコットンベビー枕

柔らかく、衝撃を受けやすい赤ちゃんのことを考えた設計のため、頭部をしっかりと支えてくれます。
ベテラン助産師さんが監修しているため、機能性が抜群なんです!
  • 価格:1,980円
  • 素材:天然オーガニックコットン・天然ラテックス
  • サイズ:28cm×25.5cm

5.バランスボディ研究所 寝返り防止クッション

赤ちゃんの頭がズレることなく、負担も少ないため心地よく眠ることができます。
位置調整が可能なため、赤ちゃんの成長に合わせて長く使うことができますよ。
  • 価格:15,998円
  • 素材:綿・ポリエステル
  • サイズ:80cm×45cm×14cm

6.PUPPAPUPO 洗える寝返り防止クッション

くものシルエットがキュートで、やさしい肌触りの寝返り防止クッションです。
カバーのみ洗濯OKなので、お手入れするときは気を付けましょう。
  • 価格:2,690円
  • 素材:綿・ポリエステルなど
  • サイズ:45.5cm×27cm×14cm

7.Simpexショップ 睡眠サポートベッド

自然な傾斜を作り出していることにより、うつ伏せ寝を防ぐだけでなく吐き戻しも軽減。
どの部分も取り外して洗濯OKなので、清潔感をキープすることができます。
  • 価格:8,500円
  • 素材:ポリエステル・ポリエチレン
  • サイズ:68cmx40cm

8.Refurbished Supplier 寝返り防止クッション

赤ちゃんが安心できるママの子宮をもとに設計された商品です。
柔らかく優しい肌触りのソフトコットンを使用し、拭くだけで汚れが取れるのでお手入れがラクチン!
  • 価格:25,330円
  • 素材:手摘みコットン・ウレタン
  • サイズ:65cm×110cm

ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

寝返りは、赤ちゃんの大事な成長過程なのでしっかりと見守りたいところですが、寝返りをしてうつ伏せの状態になってしまうと、呼吸ができなくなり窒息の事故が起きてしまう可能性があります。
このことを防ぐために、寝返り防止クッションなどを使って、赤ちゃんが仰向けの状態で寝ることができるよう工夫しましょう。
ただし、寝返りは赤ちゃんの筋力を鍛えるなどの効果があるので、寝返りを抑止しすぎるのはかえってよくありません。
使う時間を決めたり、ママさん・パパさんの目が届く場所で使うなど使い方に気を付けながら、赤ちゃんが安心して寝返りできる環境を作ってあげてください。