【PR】

雨の日お出かけを快適にする雨具8選と家族子連れ可子供の遊び場

雨の日お出かけを快適にする雨具8選と家族子連れ可子供の遊び場

小さな子どもを連れてのお出かけは、おむつや着替えなどで荷物が多くなってしまいがち。そんなときに雨が降ってくると、ママやパパはさらに大変になってしまいますよね。子どもが濡れないように気を配るあまり、自分や荷物がびしょ濡れになってしまうこともあります
子どものいる家庭では、どのようにして雨の日のお出かけを乗り切っているのでしょうか。
今回は、雨の日の遊びに役立つレイングッズや雨の日の過ごし方について紹介していきます。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

子連れのお出かけは雨が降るととっても大変!


雨が降ると、子連れでのお出かけは何倍も大変になります。もともと多かった荷物にさらに雨具がプラスされ、タオルや着替えでバッグはパンパンに。

また、子どもは雨の中でも遠慮なしに遊びまわります。雨粒を眺めたり道路を流れる水を追ったりと、普段とは違う景色に興味津々。雨に濡れることすら遊びになってしまうため、大人は傘を持って子どもを追いかけなくてはなりません。

そんな雨の日のお出かけを少しでも楽にするために、さまざまなレイングッズを用意してみましょう。レインコートや長靴を着用すれば、雨の中を走り回ってもへっちゃらです。
4~5歳くらいの子どもには、好きな柄やキャラクターのキッズ傘を買ってあげるのも良いですね。自分で雨を防ぐことができるようになると、ママやパパもグッと楽になりますよ。

お気に入りのレイングッズを手に入れて、雨の日も気軽にお出かけしましょう。

雨の日の遊びやお出かけに必要な育児用品5選

雨が降ってきたからと言って、毎回遊びやお出かけを中止するわけにはいきませんよね。
しっかり対策を取ることで、濡れるのを防ぎつつお出かけを楽しむことができるようになりますよ。
雨の日のお出かけに必要な育児用品がこちらです。

子どもに合ったサイズの傘


子どもが持てる小さめサイズの傘があれば、1人で傘をさして歩くことができます。一般的には3歳頃から対象年齢になりますが、傘をしっかり握れる・傘をさしたままバランスよく歩けるようになるのは4歳以上からとされています。
傘に慣れるまでは上手にさすことができず、ずぶ濡れになってしまうことも多いでしょう。レインコートや長靴と合わせて持たせると安心ですよ。

レインコート


1人で上手に傘をさせない年齢の子どもには、レインコートが欠かせません。服の上に着用することで雨に濡れず、両手が空くため動きやすさも抜群です。雨に興味津々で動き回ってしまう子どもには、傘よりレインコートが必要になるでしょう。
ゆったりめのサイズを選べば、リュックやショルダーバッグの上から着用することも可能です。風の強い日や台風の日など、傘をさすのが危険な場合にも活躍してくれますよ。

長靴


子どもは水たまりが大好きです。子どもが水たまりに入ってしまい、靴や靴下がびしょ濡れになったという経験があるママも多いのではないでしょうか。
そんなときでも長靴を履いていれば安心です。足首やふくらはぎまでカバーしてくれるため、足が汚れる心配がありません。水たまりの中にいても雨が染みてこないため、靴下を守ることもできますよ。
傘が上手にさせなくて、足元が濡れてしまいやすい子どもにもおすすめです。

ベビーカー用レインカバー


ベビーカーに取り付けることで、雨の日でも遊びにお出かけできるようになるレインカバー。あまり使わないイメージですが、多くのママやパパが「あると便利」と感じている育児用品です。
また、レインカバーが役立つのは雨の日だけではありません。防寒対策や紫外線カット、ウイルスやホコリ・花粉などから赤ちゃんを守ることもできますよ。1年を通して使うことができる、マルチなアイテムです。

抱っこ紐用レインカバー


ベビーカーではなく抱っこ紐をメインで使っている場合は、抱っこ紐用のレインカバーがあると安心です。撥水加工素材を使用しており、横殴りの雨から赤ちゃんを守ることができますよ。
また、冬は防寒ケープとしても使用可能に。ベビーカーに装着することができる商品も多く、大活躍すること間違いなしです。

雨の日の遊びやお出かけを快適にする子ども向けレイングッズの選び方


レイングッズは雨の日にしか使わないため、どう選べばいいか悩んでしまいますよね。
普段より動きが制限されてしまう雨の日だからこそ、使いやすいグッズを選ぶことでより快適に過ごせたり遊べるようになりますよ。
遊びやお出かけをもっと楽にする、レイングッズの選び方を紹介していきます。

傘のサイズは身長に合わせて

傘のサイズは、傘の中心から放射状にのびる骨(親骨)の長さで表されます。子どもの身長に合ったサイズを購入することで、安全に傘を扱うことができますよ。
親骨の長さ 身長 年齢の目安
35~40cm 80~100cm 3~4歳
45cm 90~105cm 4~5歳
50cm 105~120cm 5~6歳
55cm 120~140cm 6歳~小学校中学年
58cm 130~145cm 小学校高学年以上
また、傘の先端や骨の先が丸くなっているとより安全です。傘の一部分が透明な窓になっているものは視界を確保しやすく、安心して歩くことができるようになります。

小さい子にはポンチョタイプのレインコートが便利


レインコートは大きく分けて、コートタイプとポンチョタイプの2種類があります。どちらを選ぶかは、子どもの年齢や使うシーンに合わせて決めましょう。
袖を通して着るオーソドックスなコートタイプは、腕が動かしやすいため傘をさして歩ける子どもにピッタリ。丈が長めに作られているものが多く、足元までしっかりカバーしてくれますよ。
ポンチョタイプのレインコートは袖を通す必要がなく、小さい子どもや赤ちゃんでもスムーズに着用出来ます。リュックを背負っていても着られるので、習い事や幼稚園・保育園の送り迎えにとっても便利。通気性が良く蒸れにくいのも嬉しいポイントです。

長靴は少し大きめサイズをチョイス


長靴は普段履いているスニーカーより丈が長いため、サイズがぴったりすぎると履きにくくなってしまいます。長靴のサイズは、普段の靴より少し大きめのものを選ぶようにしましょう。足のサイズよりも1~2cm大きくするのがおすすめです。
ただし、大きすぎると簡単に脱げてしまうため、子どもが歩きにくさを感じることも。ブカブカな場合は中敷きで調節してあげると良いですよ。

レイングッズはどこで買う?アウトドアブランドや子ども服ブランドもおすすめ


雨の日に使うレイングッズを買うとなったら、イオンや西松屋・しまむらなどで買う人が多いですよね。プチプライスで種類が多く、思い立ったらすぐ買いに行けるのがメリットです。

より高機能・高性能なレイングッズが欲しい場合には、「モンベル」や「ザ・ノース・フェイス」などのアウトドアブランドがおすすめ。素材の防水性・撥水性が高く、しっかり雨水を防いでくれますよ。通気性が良いものだと、汗っかきな子どもでも蒸れることなく快適に過ごせます。

「ブランシェス」や「アプレ・レ・クール」「ブリーズ」などの子供服ブランドには、おしゃれでかわいいデザインのレイングッズがたくさん。子どもが喜ぶ柄のレイングッズを選べば、雨の日のお出かけがもっと楽しくなります。

その他にも、レイングッズ専門店やネット通販サイトで探してみるのも良いですね。デザインや機能に優れたレイングッズを見つけて、雨の日の遊びでも快適に過ごせるようにしてあげましょう。

雨の日の遊びもこれで安心!小さな子どもがいる家族におすすめグッズ8選

商品 画像 shop ポイント 価格 サイズ
PLUSiiNE
キッズレインコート
Amazon リンクサス 楽天市場 2歳頃から小学6年生頃まで幅広い体系の子どもに対応しているキッズレインコート。可愛い柄で雨の日の通学や遊びも楽しく 2,590円 S/M/L/XL/2XL/3XL
COCOLOOQ
キッズ傘
Amazon リンクサス 楽天市場 小さい子どもでも安全に使うことのできるキッズ傘。軽量で丈夫なうえ透明窓付きで視界も良好 2,020円 50cm
B.B.GENERAL STORE
stample キッズレインブーツ
Amazon リンクサス 楽天市場 ポップなカラーが目を引く可愛い子ども用のレインブーツ。10色から好きな色を選べ着脱しやすいのもポイント 2,530円 13~20cm
ダイヤ
ベビーカー用レインカバー
Amazon リンクサス 楽天市場 幅広いタイプのベビーカーに対応しているベビーカー用レインカバー。くもりやムレを防ぐ特殊シートで赤ちゃんも快適 3,480円 W53cm×D74cm×H71cm
バニティスタジオ
キッズキャラクター耳付き傘
Amazon リンクサス 楽天市場 雨の日の遊びも大好きになるこどもに人気のキャラクター傘。耳が立体的に表現された可愛いデザイン 1,390円 47cm
LINE DROPS
tenoe キッズレインポンチョ
Amazon リンクサス 楽天市場 北欧風のおしゃれで可愛いキッズポンチョ。リュック型の収納袋付きなので子どもが自分で持ち運べる 2,200円 90cm
femmebelly
ベビーキャリー専用レインカバー
Amazon リンクサス 楽天市場 ベビーキャリーの上から簡単に装着できる便利なレインカバー。フード付きで赤ちゃんをしっかりと雨風から守る 3,980円 フリー
Con Spirito
LABOCLE プレミアムレインカバー
Amazon リンクサス 楽天市場 自転車の後ろのチャイルドシートを1年中快適に守ってくれるレインカバー。ファスナーで乗せ降ろしが簡単など機能も充実 12,250円 W34cm×D36cm×H10.4cm

1.PLUSiiNE キッズレインコート

  • サイズ:S/M/L/XL/2XL/3XL
  • 対象年齢:2歳頃~小学6年生
  • 価格:2,590円
サイズ展開が豊富なキッズ用レインコートは、未就園児から小学生まで幅広い年齢に対応しています。
背中にはスナップボタンがあり、リュックやランドセルを背負ったままでも着用することが可能です。通園・通学の際に非常に役立ちますよ。
透明のつば付きで安全性もバッチリです。

2.COCOLOOQ キッズ傘

  • サイズ:50cm
  • 対象年齢:3~6歳
  • 価格:2,020円
丸い窓の付いたキッズ傘は、かわいらしく子どもの初めての傘にピッタリ。約200gと軽量ながらも丈夫なため、長く使い続けることができますよ。
安全ストッパーを持ちながら開閉すれば、指を挟む心配もありません。石突きやつゆ先は丸くなっており、万が一傘を振り回しても怪我をしにくいデザインになっています。

3.B.B.GENERAL STORE stample キッズレインブーツ

  • サイズ:13~20cm
  • 価格:2,530円
楽天市場で9,000件以上の口コミがされている、人気のキッズレインブーツです。
子どもらしいポップなカラーは、10色から選ぶことが可能です。シンプルで飽きのこないデザインなので、長く履くことができますよ。
短めの丈のブーツにバックループが付いており、着脱も楽ちんです。

4.ダイヤ ベビーカー用レインカバー

  • サイズ:W53cm×D74cm×H71cm
  • 価格:3,480円
ダイヤのベビーカー用レインカバーは、累計10万個以上販売されている大ベストセラー商品。
幅広いタイプのベビーカーに取り付けられ、使わないときはコンパクトに収納可能。2ステップで簡単に取り付けられるのも嬉しいポイントです。
全面クリアの特殊シートはくもったり蒸れたりしないため、赤ちゃんも喜んでくれますよ。

5.バニティスタジオ キッズキャラクター耳付き傘

  • サイズ:47cm
  • 対象年齢:4~6歳
  • 価格:1,390円
傘が嫌いな子どもでも思わずさしたくなる、大人気キャラクターのキッズ傘です。
開いたときに立体的に立ち上がる耳はインパクト抜群。47cmのコンパクトサイズで、風が吹いてもしっかり持つことができます。
かわいいだけではなく安全性も高いので、プレゼントにもピッタリです。

6.LINE DROPS tenoe キッズレインポンチョ

  • サイズ:90cm
  • 価格:2,200円
赤ちゃんや小さな子どもにおすすめの、おしゃれなレインポンチョです。
優しいカラーリングと繊細な柄は、大人も欲しくなるようなデザイン。ポンチョと同じ柄の収納袋はリュック型になっており、子どもが背負って持ち運ぶこともできますよ。
首元のスナップボタンを留めれば、ずり落ちる心配もありません。

7.femmebelly ベビーキャリー専用レインカバー

  • サイズ:フリー
  • 価格:3,980円
抱っこ紐に取り付けるレインカバーは、お出かけや子どもの送迎の際に大活躍します。
ワンタッチで取り付けられるため、急な雨にもサッと対応可能。フード付きなので、赤ちゃんの頭から足まですっぽり覆うことができますよ。
抱っこ紐だけではなくベビーカーにも装着でき、寒い日の防寒対策としても役立ちます

8.Con Spirito LABOCLE プレミアムレインカバー

  • サイズ:W34cm×D36cm×H10.4cm
  • 価格:12,250円
自転車に子どもを乗せて移動することが多いご家庭におすすめなのが、LABOCLEの自転車用レインカバーです。
カバーの中はひろびろとした空間になっており、通気性が良く快適な座り心地。窓は透明度が高く、外の景色も綺麗に見られます。
左右両方のファスナーが開くため、子どもの乗せ降ろしも楽にできますよ。

室内アスレチックやショッピングモールは雨の日にピッタリの遊び場


雨が降ると、公園や屋外テーマパークで遊ぶことはできません。では、子連れファミリーは雨の日にどこで遊んでいるのでしょうか。

定番なのが大型のショッピングモール。地下や立体駐車場に車を停めれば一切濡れることがなく、食事や買い物・遊びを一か所で済ませることができます。
少し遠出したいときは、水族館や博物館・科学館なども良いでしょう。楽しく遊びながら学びを得ることができ、ママやパパも大満足ですね。
近年増えてきているのが、室内型のアスレチックです。巨大なネット遊具やトランポリン・ボールプールなど、子どもが喜ぶ遊具が目白押し。おままごとやプラレールで遊べる場所があったり、年齢別でエリアが分かれていたりと、全ての子どもが楽しく遊べるように配慮されています。

お気に入りの遊び場があれば、雨の日がもっと楽しくなりますよ。ぜひ探してみてくださいね。

雨の日に子どもと遊びに出かける際に注意したいポイント


さまざまなレイングッズで対策していても、雨の日には思わぬアクシデントが起こるものです。雨の日の遊びやお出かけで注意したいポイントについてまとめました。
  • 余裕を持った時間配分
  • 体温調整しやすい服装
  • 替えの服や靴下があると安心
雨の日には道路が渋滞していたり、バスや電車に乗る人が増え混雑したりすることが予想されます。普段より早く家を出るなど、時間に余裕を持って行動することが大切です。

雨だからといって子どもに厚着をさせると、レインコートが蒸れて汗をかいてしまうことも。カーディガンやパーカーなど簡単に脱ぎ着できる服装だと、体温調節がしやすいですよ。
また、どれだけ対策をしていても、雨の強さによっては服や靴下が濡れてしまう可能性があります。替えの服や靴下を用意しておけば、濡れたときもサッと着替えることができるので安心です。

お出かけ前にしっかり準備しておけば、予期せぬハプニングが起きた場合にも慌てず対処することができますよ。今一度確認しておきましょう。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

雨の日のお出かけは、子どもの好奇心を育む絶好の機会です。傘や長靴・レインコートを用意すれば、雨に濡れず思いっきり遊ばせてあげることができますよ。
外で遊べないときは、屋内施設の遊び場に行ってみるのもおすすめです。雨の日には思わぬ事態が起きることもあるので、レイングッズや着替えの用意を忘れずに。
事前の準備をしっかり行い、雨の日にしかできない遊びを思いっきり楽しみましょう。