【PR】

新生児おもちゃははいつから?知育やガラガラ・メリー人気おすすめ玩具

新生児おもちゃははいつから?知育やガラガラ・メリー人気おすすめ玩具10選

目次
新生児期のおもちゃには、一体どのようなものがおすすめなのでしょうか?
新米ママ・パパになる場合や、ギフトにおもちゃを選ぶようなケースでは、意外とどのようなおもちゃを選ぶべきか迷ってしまうこともあるかと思います。
そこで今回は新生児におすすめのおもちゃをピックアップしてみました。おもちゃ選びのポイントや注意点も解説していきます。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

新生児におもちゃは必要?いつから遊べるの?

新生児におもちゃを与えると五感への刺激に

新生児におもちゃを与えると五感への刺激に
新生児はできる動きが少なく、1日のうちに寝ている時間が多いです。目や耳の機能も出来上がっておらず、大人のようにはっきりと景色が見えたり、音が聞こえたりるわけではありません。そのため最先端と言われるようなおもちゃを大量に揃えておく必要はありません。
しかしその一方で、目や耳が発達していなくても五感への刺激になるためおもちゃは役立ちます。赤ちゃんに触れさせたり、音を聞かせたりすることで好奇心を掻き立て、赤ちゃんの成長を促すことができるでしょう。
そのため新生児期の赤ちゃんには、新生児にふさわしいおもちゃ選びをしてあげましょう。おもちゃを使って遊んであげれば、きっと赤ちゃんの健やかな成長につながるはずです。

生後すぐには一人遊びはできない

生後すぐには一人遊びはできない
新生児期、つまり生後すぐの赤ちゃんは、おもちゃを使って一人遊びはできません。そのためメリーのように飾っておくだけでおもちゃとして使えるようなものや、パパ・ママが動かしてあげられるおもちゃがおすすめです。
また触って感触を楽しめるようなおもちゃや、カラフルな見た目でわかりやすいおもちゃなどを選ぶのが良いでしょう。

一人で遊べるようになるのは生後2〜4ヶ月ごろから

赤ちゃんがおもちゃを使って遊べるようになるのは、一般的に2〜4ヶ月ごろからです。もちろん個人差はありますが、成長していくとすぐにひとり遊びができるようになります。
そのため新生児期に選ぶおもちゃは、赤ちゃんが一人で触っても安全なもの、一人でも遊びやすいものを選ぶように心がけましょう。

おすすめおもちゃの例

おすすめおもちゃの例
  • ガラガラ
  • メリー
  • プレイマット
  • ぬいぐるみ
  • 歯がため
  • 布絵本
  • 知育おもちゃ など

新生児期のおもちゃを選ぶポイント

1.安全性をまずはチェックしよう

安全性をまずはチェックしよう
新生児に与えるおもちゃは、安全性の高いものを必ず選ぶようにしましょう。特に赤ちゃんはなんでも口に入れてしまうという習性があるので気を付けておきましょう。
「誤飲の心配があるような小さなパーツを使っていないか」「尖っている部分はないか」「舐めても大丈夫な素材・塗料でできているのか」などをチェックしてください。
また赤ちゃんが自分で手に持って遊ぶようになると、誤っておもちゃを落としてしまうようなシーンもあるでしょう。落としてしまっても安全な素材でできているか、顔にぶつかっても痛くないような軽いものであるのかなども重要なポイントとなります。
日本製のおもちゃなどは、パッケージに月齢の目安が書かれている場合が多いです。0ヶ月〜という表示の書かれているものを選ぶと安心です。

2.お手入れできるおもちゃを選ぼう

お手入れできるおもちゃを選ぼう
赤ちゃんはどうしてもおもちゃを汚してしまいます。特に汗やよだれは頻繁に掃除してあげる必要があります。汚れが簡単に拭けるようなおもちゃや、丸洗いできるような素材のおもちゃを選ぶことを心がけましょう。

3.やさしい音や肌触りのおもちゃがおすすめ

やさしい音や肌触りのおもちゃがおすすめ
赤ちゃんにとっておもちゃは良い刺激になります。五感を刺激できるような、やさしい音のなるおもちゃや、ソフトな肌触りのおもちゃを選ぶのが良いでしょう。
一方で音が大きすぎるおもちゃなど、刺激の強いものは初めてのおもちゃには不向きです。穏やかで負担をかけないおもちゃをまずは与えるようにしましょう。

4.育児・知育視点からおもちゃを選ぶのもアリ

育児・知育視点からおもちゃを選ぶのもアリ
新生児のおもちゃ選びは、育児のしやすさや知育への意識から選ぶのもありです。「このおもちゃを使えば赤ちゃんが泣き止む」「赤ちゃんが積極的に興味を示す」ようなおもちゃを見つけることができれば、育児もグンと楽になるでしょう。
口コミ評価を見ながら、評価の高いおもちゃを選ぶのもおすすめです。おもちゃを与えて、ママやパパが少しゆっくりできるような時間を作るのも家族のためになるでしょう。

5.ベビーカーに取り付けられるおもちゃも人気

ベビーカーに取り付けられるおもちゃも人気
生後1ヶ月を過ぎてくると、はじめての検診が終わり外出できる赤ちゃんも増えてきます。この時期になると、ベビーカーでのお出かけに挑戦する赤ちゃんも多くなるでしょう。
ベビーカーに取り付けられるタイプのおもちゃは、移動時や入眠時のぐずり解消におすすめです。ベビーカーのハンドル部分に付けておけば、おもちゃの紛失防止にもなります。

新生児のおもちゃ選びにおける注意点

1.兄弟児のおもちゃには注意しよう

兄弟児のおもちゃには注意しよう
新生児のおもちゃ選びで、明らかに赤ちゃんに不向きなおもちゃを選ぶケースは少ないと思います。しかしお兄ちゃんやお姉ちゃんなど、兄弟児のいる赤ちゃんには注意をしておきたいところです。
兄弟児がいる家庭には、少し大きな年齢や月齢向けのおもちゃが家にあることもあるでしょう。しかし新生児向けのおもちゃでない場合は、誤飲などのリスクが高まります。「間違えてお兄ちゃんのおもちゃを口に入れてしまった」「お姉ちゃんのおもちゃで怪我をした」というトラブル報告も少なくありません。
赤ちゃんは目に映るさまざまなものに興味を示します。そのため兄弟児のおもちゃにも手を伸ばす可能性が大です。兄弟がいる家庭は、おもちゃの管理に注意しておいてください。

2.好みは赤ちゃんによってさまざま

好みは赤ちゃんによってさまざま
赤ちゃんは非常に個性豊かで、おもちゃの好みもその子によってさまざまです。また成長具合も赤ちゃんごとに異なってくるので、表示されている月齢のおもちゃがその子にぴったりとは限りません。
そのため人気品をただ与えるだけでなく、ママやパパがその子におもちゃがあっているかを見極めてあげることも大切です。おもちゃは一方的に与えたままにせず、お子様の反応をきちんと確認しながら与えてあげましょう

3.プレゼントは被らないように気をつけよう

プレゼントは被らないように気をつけよう
新生児向けのおもちゃの中には、王道と言われる人気品も多いです。人気品であるが故、プレゼントに選ぶと周りと被ってしまうようなケースもあります。
おもちゃをプレゼントする場合は、相手が持っていないかどうかも確認しておくようにしましょう。心配な場合は、あらかじめママ・パパに聞いてからギフトを選ぶようにしましょう。

ガラガラやメリーなど新生児に人気のおもちゃ10選

1.オーボール ラトル

  • ブランド:KID2
  • 素材:ポリウレタン、ABS
  • 重さ:45g
  • 大きさ:直径9cm
  • 価格:ストラップセットで約¥1,990(税込)
オーボールは新生児向けおもちゃの定番品です。赤ちゃんが手に持ちやすい形状、そしてぶつかっても痛くない素材で新生児期にもぴったりです。オーボールにはさまざまなシリーズがありますが、ラトル付きタイプなら音でも楽しむことができます。
またオーボールには専用のストラップもあり、ベビーベッドやベビーカーに繋いでおくこともできます。カラフルな見た目で赤ちゃんの興味を引くこと間違いなしです。

2.ミキハウス ファーストメリー

  • ブランド:ミキハウス
  • 素材:ポリエステル
  • 仕様:単3形アルカリ乾電池2本使用
  • 価格:¥16,500(税込)
ベビーベッドにつけておけるメリーは、赤ちゃんの興味を集め、心を落ち着かせるのに役立つアイテムです。ミキハウスのファーストメリーは出産祝いの定番品として人気です。
別売りの乾電池を使えば音楽が流れ、かわいいおもちゃがくるくると回るような仕組みになっています。音楽は8曲入りで、どれも優しく寝かしつけなどにもぴったりです。
ベビーベッドに取り付けられるほか、スタンドタイプとしても使える2WAY仕様が嬉しいです。

3.カミカミみつばち 歯がため

  • ブランド:Sassy
  • 素材:ABS樹脂、EVA樹脂、合成ゴム、ポリプロピレン
  • 重さ:約57g
  • 大きさ:10.5×3.7×12.2cm
  • 価格:¥880(税込)
Sassyはアメリカ創業の、新生児〜乳幼児期向け知育玩具を展開するブランドです。発達学や児童心理学の専門家を含むチームがおもちゃ開発を手がけており、おもちゃは知育に役立つことが期待されます。
そんなSassyのベストセラーである「カミカミみつばち」は、赤ちゃんが口に入れても安心できる、そして噛むことで刺激になる“歯がため”になっています。
表面には凹凸があり、さらに音の鳴るビーズも入っていて、赤ちゃんの刺激になるでしょう。夏シーズンはほんのり冷やしてから渡してあげるのもおすすめです。

4.TINY LOVE ジミニー・トータルプレイグラウンド

  • ブランド:TINY LOVE
  • 素材:ポリエステル・綿・セロファン、ABS・ポリプロピレン
  • 仕様:単3形アルカリ乾電池3本使用
  • 重さ:約1.4kg
  • 大きさ:110×45×103cm
  • 価格:¥10,290(税込)
知育先進国イスラエルから登場したブランドTINY LOVEの手がけるプレイマットです。赤ちゃんを寝かせたまま遊べるので知育や育児に役立ちます。
丸みのあるアーチ、そしてフチの立ち上がるマットが特徴的で、新生児期の赤ちゃんもママのお腹にいるような安心感が得られます。5つのハンギングトイと大きな鏡がついており刺激はたっぷり、おもちゃを外せば洗濯も可能でお手入れもスムーズです。

5.アンビ・トーイ テディー・トリプルティーザー

  • ブランド:ボーネルンド
  • 素材:ABS、ポリエチレン、ポリプロピレン 、 EVA
  • 重さ:130g
  • 大きさ:9×20×5cm
  • 価格:¥1,210(税込)
ボーネルンドで発売されているアンビ・トーイシリーズの人気品で、くまちゃんのような形をしたおもちゃです。くまの洋服部分が歯固めになっていて、それぞれ柔らかさが異なり赤ちゃんにさまざまな感覚を楽しませてくれます。
また振るとビーズの音がなるラトルにもなっていて、聴覚の刺激にもぴったりです。人形として遊ぶこともできるので、0ヶ月時期から親子で楽しむことも可能です。

6.シグニチャーシリーズ おでかけ布えほん

  • ブランド:フィッシャープライス
  • 大きさ:15.5×4×13cm
  • 価格:¥1,430(税込)
柔らかな布でできた“布えほん”は、初めての絵本としてぴったりな1冊です。おもちゃのように使うことも可能で、シグニチャーシリーズの布絵本には指遊びできるページや歯がためもついているのが特徴です。
赤ちゃんにとっても自分でページを捲りやすく、興味をそそる品となっています。目の動きが未発達な赤ちゃんでも認識しやすいはっきりとした色調が使われています。

7.お米のつみき はじめてセット

  • ブランド:ピープル
  • 素材:米、PP、エラストマー、ABS
  • 内容:全27ピース
  • 大きさ:30×30×5cm
  • 価格:¥9,900(税込)
赤ちゃんが積み木を実際に積んで遊べるようになるのは1歳過ぎからです。しかし触ったり眺めたりして遊べる積み木は、0歳から与えておけば長く遊べるのでおすすめです。
ピープルの「お米のつみき」なら、赤ちゃん時期から握ったり舐めたりして刺激を促すことができます。地球環境に配慮したお米由来の“ライスレジン”を採用していて、国産米を使っているため口に入れても安心できます。製品からはほんのりお米の匂いがします。

8.シュタイフ マイファーストベア

  • ブランド:シュタイフ
  • 素材:ポリエステル
  • 大きさ:26cm
  • 価格:¥5,500(税込)
シュタイフはドイツの高級ぬいぐるみブランドで、テディベアなどが人気を集めています。ベビー向け商品も展開しており、初めてのぬいぐるみとしておすすめなのが「マイファーストベア」シリーズです。
やさしい色合いをしたテディベアは丸洗いも可能で、清潔さを保ちやすいです。キュートな見た目で出産祝いやプレゼントにも人気です。

9.Hape 回転オルゴール

  • ブランド:Hape
  • 大きさ:10.8×10.8×10.4cm
  • 価格:¥2,420(税込)
オルゴールが鳴ると、外側の模様の色が変化するという音・視覚で楽しめるおもちゃです。メロディからはバッハのメヌエット1番が流れます。置いておくだけで赤ちゃんを癒してくれるので、新生児期からのおもちゃとしておすすめです。
Hapeはドイツのおもちゃメーカーで、世界60カ国以上で愛されているという実績もあります。見た目もおしゃれなので、インテリア重視のママ・パパにもぴったりです。

10.いっしょにねんね すやすやメロディ ミニー

  • ブランド:タカラトミー
  • 仕様:単3形アルカリ乾電池2本使用
  • 大きさ:29.5×18.5×18cm
  • 価格:¥5,478(税込)
胎内音で赤ちゃんを安心させることのできるぬいぐるみです。たくさんのメロディや環境音が収録されており、一緒に寝ながら楽しむことができます。
メロディには通常とスローの2テンポがあり、睡眠の導入にもぴったりです。ミニーのほかミッキーやくまのプーさんもあり、お子様の好みに合わせて選ぶことができます。
ベビー・キッズ・ママグッズ用品はコチラ

まとめ

新生児期のおもちゃは、赤ちゃんの成長を促す助けになります。また入眠に役立つこともあり、ママ・パパの負担軽減にもつながるでしょう。
安全性やお手入れのしやすさをチェックした上で、新生児期にぴったりなおもちゃを選ぶようにしましょう。赤ちゃんの五感を促すようなおもちゃを選ぶと、きっと赤ちゃんとの暮らしがより楽しいものになるはずです。